化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

日本で唯一の八方除の神社!寒川神社のお守りは特別なのです。


相模の国一宮の寒川神社。創建は約1600年と歴史は古く関東でも有数の神社に数えられています。歴史上の人物も多く信仰しており、武田信玄や徳川家康ともゆかりのある神社です。寒川神社が八方除の守護神として古来より信仰を集めてきました。

八方除とは地相・家相・方位・日柄などに起因するすべての災難を取り除き、繁栄や円満をもたらす寒川神社のご利益です。つまり私たちの日常生活に地相・家相・方位・日柄が原因で悪いことが起こらないようにしてくださっているという事です。八方除の御神徳を授かれるのは全国で唯一寒川神社だけという事で現代でも多くの人が全国から寒川神社に参拝しています。今回はそんな寒川神社の八方除お守りについてお話したいと思います。


「八方ふさがり」という言葉があります。

これはもうどうしようもないという様子を表す言葉として使われますが、

寒川神社の八方除の御神徳は「八方ふさがり」にならないように導いてくれたり、今の現状を打破するのに力を貸してくださる、そんなご利益があります。


寒川神社をもう少し紹介しようと思います。

御祭神には寒川比古命と寒川比女命の二柱をお祀りしていて奉称して寒川大明神としています。この二柱の神様は古事記や日本書紀に出てきておらず、逸話等はないのですが、古くから関東一帯の衣食住の人間の根源を開発指導され関東地方文化の発展に貢献してきました。また皇居から見て南西の方角、つまり裏鬼門にあたるところに位置し、古くから江戸の裏鬼門を守る神社として信仰され、八方除、方位除の神様として信仰されてきました。

人々の生活を守り導いてくれる神様であり、人々の心のよりどころになってきた神社なのです。


寒川神社で参拝を済ませたら授与所に向かいましょう。お守りやお札を頂くことが出来ます。寒川神社の八方除のお守りの他に交通安全や家内安全などお守りの種類が豊富です。またお守りの形も守袋型、カード型、鈴、しめ縄、破魔矢などデザインや色も豊富にあるので選ぶのに迷ってしまうかもしれません。

初穂料をお納めして自分の気に入ったお守りを頂きましょう。

カバンやお財布など普段身に着けるものに入れて、寒川神社のご利益やパワーの効果を体感しましょう。

また期間限定のお守りも寒川神社にはあるそうです。

それは春分の日と秋分の日の二日間のみ頂くことが出来る「御来光守」です。

寒川神社が鎮座されている地はレイラインといってパワースポットを結ぶ線の上に鎮座しています。春分の日と秋分の日の日の出と日の入りの方角を結ぶと、寒川神社を通って最後は出雲大社へとつながっていきます。レイラインという神秘的な要素も考えるとこの「御来光守」は特別にご利益がありそうですね。

お守りやお札を頂ける時間は授与所が開いている8001700の間です。

この時間以外ですとお守りやお札がいただけませんので、参拝される際にはご注意ください。


またなかなか寒川神社へ参拝できない時に通販のようなサービスがあればいいなと思われる方もいらっしゃるかと思います。寒川神社ではご祈祷などの申し込みを郵送にて行った際には金額に応じた授与品が受け取れますが、お守りのみを郵送で送ってくれるサービスは無いようです。参拝した時に頂くのが良いですね。


お守りを頂くときに気を付けたいのが、古いお守りの返納です。

基本的には一年に一回はお守りを返納して、新しいお守りを頂くというのが望ましいと言われています。


いかがでしたでしょうか。寒川神社のお守りをご紹介しましたが、期間限定の「御来光守」はレイラインという神秘的なパワーを頂けそうなので是非頂いてみたいですよね。しかしこの日に寒川神社へ行くには遠方の方だと難しいです。「縁」があればいつか手にする時が来ると思います。お守りを手にすることが目的ではなくて、お守りを頂いた後に精進していく事が大切です。寒川神社は歴史のある神社です。是非一度ご参拝頂いて八方除のご利益を頂きましょう。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方