トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

富士宮・浅間神社の紹介


駿河の国一宮の浅間神社は静岡県富士宮市に鎮座し、富士山をご神体とした富士山信仰の発祥の地でもあります。パワースポットとしても有名ですし、地元民からも愛され初詣、お宮参り、七五三の折には多くの参拝者で賑わいます。歴史も古く源頼朝、北条義時、武田信玄勝頼親子、徳川家康とも縁が深い神社です。そんな浅間神社についてお話をしていこうと思います。


浅間神社はその昔、富士山の噴火被害に困った人々がそれを鎮めるために創建したのが始まりで、主祭神には木花咲耶姫をお祀りし、他にも瓊瓊杵尊、大山祇神をお祀りしている神社です。古事記によると木花咲耶姫は大変美しい大山祇神のご息女で、天照大神の命を受けて地上に天孫降臨した瓊瓊杵尊と結婚をしました。木花咲耶姫は瓊瓊杵尊との間に子供を授かりますが、瓊瓊杵尊は「自分の子供ではない」と疑いを持ちます。それを知った木花咲耶姫は「出産に際して戸の無い産屋にこもり周りに火をつけて出産します。無事に生まれたらあなたの子で、そうでなければ焼き死にます」と出産に望みました。そして無事に三人の王子を出産したという故事が残っています。

この故事から家庭円満・安産・子安・水徳のご利益があるとされ、火難消除・安産・航海・漁業・農業・機織等の守護神として全国から信仰を集めています。

木花という御神名から桜の木をご神木としていて、境内には500本の桜が奉納されていて春には桜の名所として多くの人が訪れます。


浅間神社へのアクセス方法ですが、JR東海道新幹線新富士駅よりタクシーで30分、身延線「富士宮駅」より徒歩五分と公共交通機関では行きにくい場所になります。車があるならば車で行くといいでしょう。

参拝者専用駐車場もございますが、桜の季節にはかなり込み合うため満車が予想されます。その際には近くのコインパーキングに駐車するようにしましょう。

桜の季節には夜桜を楽しめるライトアップイベントも開催されています。境内の見事な桜を夜の静かな空気の中ゆっくりと楽しむことが出来る贅沢なイベントです。


その他にも浅間神社ならではのお祭りとして流鏑馬祭が5月に開催されています。

このお祭りは源頼朝が流鏑馬を奉納し武運長久・天下泰平を祈願したことが始まりとされています。流鏑馬祭に合わせて様々な祭儀が執り行われるため、この期間も多くの参拝者で賑わいます。


浅間神社に参拝した際には参拝した証として御朱印を頂きましょう。

実は富士宮の浅間神社の他にも浅間神社はいくつかあります。富士山の麓の静岡県と山梨県に「北口本宮富士浅間大社」「東口本宮富士浅間神社」「富士御室浅間神社」「山宮浅間神社」と鎮座しています。浅間神社をめぐり御朱印を集めるかたもいらっしゃいますので、集めている方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。浅間神社オリジナルの御朱印帳には富士山と桜が描かれており、何ともご利益のありそうなデザインになっています。

併せて安産祈願のお守りや厄払いのお札などもございますので、気になったものがあれば参拝をした後に初穂料をお納めして頂いてみてはいかがでしょうか。


浅間神社近くには「お宮横丁」というフードコートがあり、地元富士宮のグルメを堪能することが出来ます。午前中に参拝を済ましたらお宮横丁でランチを楽しむのも良いですね。富士宮名物の富士宮焼きそばや富士山餃子などがあります。車を運転しなくて良いならば合わせてビールを頂くのも悪くはないですよね。


富士宮市にある浅間神社をご紹介しました。

日本人ならば誰でも知っている富士山の恵みを受けているからこそ、富士山信仰の中心として古くから多くの人に愛されてきた浅間神社。最近のパワースポットブームで多くの方が参拝に訪れていますし、地元の方の憩いの場所としてのんびり過ごすことが出来るように境内も作られています。是非一度参拝をしてみてください。

大いなる富士山のパワーに疲れた心が癒されて、また頑張ろうという気力が湧いて来るはずです。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方