トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

滋賀県にあるパワースポット!神社仏閣をご紹介致します。


日本一の湖、琵琶湖がある滋賀県にはパワースポットが多く点在しています。

琵琶湖に浮かぶ竹生島に鎮座する宝厳寺、都久夫須麻神社や日本神話に登場する伊邪那岐、伊邪那美をお祀りする多賀大社、大津京を建都した天智天皇をご祭神とする近江神宮などパワーを頂ける有名な場所があります。今回は滋賀県のパワースポットをご紹介しようと思います。「え、滋賀?」と思われる方は特に必見です。滋賀県は昔から貿易の要として栄えてきた土地柄、信仰心も熱く歴史のある神社仏閣が多くあります。


まず、琵琶湖に浮かぶ竹生島に鎮座している宝厳寺、都久夫須麻神社です。

竹生島自体は周囲2㎞程の小さな島で、船で行くしか交通手段がありません。

創建のいわれが聖武天皇の夢枕に天照大神様が降り立ち「江州の湖中に小島がある。その島は弁財天の聖地であるから、寺院を建立せよ。そうすれば国家泰平、五穀豊穣、万民豊楽となるであろう」とのお告げを受け建立したのがいわれです。

宝厳寺に祀られている弁財天は、江の島、厳島と並ぶ日本三大弁財天に数えられています。

本殿へ参拝するには階段を上っていかなくてはなりません。それを登り切った人だけが日本三大弁天の一つに参拝することが出来ます。


滋賀県多賀町に鎮座する多賀大社はご祭神の伊邪那岐、伊邪那美をお祀りする神社として全国から多くの人が参拝に訪れます。古くから「お多賀さん」の愛称で親しみを持たれ、「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」と歌われるほど有名な神社なのです。

また、日本書紀に登場する伊邪那岐、伊邪那美は日本で最初の夫婦とされ夫婦円満や良縁にご利益があるとされています。歴史上の人物、豊臣秀吉とも縁の深い神社で秀吉の母大政所の病気平癒を祈願し、病気が治ったことから太閤橋や奥書院庭園が奉納されたと言われています。

また参拝した証の御朱印を頂くこともできます。

多賀大社ならではでしょうか。御朱印にも多賀大社の御朱印の他に恋むすびの御朱印や縁むすびの御朱印等種類がいくつかあります。しっかり参拝した証を残すためにも御朱印を頂きましょう。

初詣の際には多くの人が参拝し「新しい一年が良縁に恵まれますように」と祈りを捧げます。


他にもおすすめしたい滋賀県のパワースポットはありますが、番外編という事でおみくじがユニークな神社をご紹介致します。

それは大津市の建部大社です。

日本武尊をお祀りしている神社で近江の国一宮と言われる格式高い神社です。

建部大社のおみくじは「一年安鯛みくじ」と言って陶器でできた鯛を釣り竿で釣り上げて中のおみくじの内容を確認するといったものです。

他にも「水みくじ」「男みくじ・女みくじ」と他の神社ではお目にかかれないおみくじがあります。おみくじが好きな人にはたまらない神社ですね。


滋賀県にはご紹介した神社仏閣の他にもまだまだご利益を頂ける場所、パワースポットがあります。隣が京都という事もあり古くから栄えてきた土地ですから、地元民の信仰心が厚いのも滋賀県ならではです。日本一大きな琵琶湖に雄大な森林がある土地ですから、パワースポットがたくさんあっても不思議ではありません。

日本人は昔から自然の中に神を見出してきました。それは自然と共に生きてきた証でもあります。現代人は忙しい毎日に追われ、本来自然と共に生きてきた事を忘れがちになっています。滋賀県の豊かな自然に触れ、パワーを頂くことで忙しい日々で疲れた体や心を癒すことが出来ます。コロナ渦で旅行はできませんが、コロナウイルスが収束したら是非行っていただきたい土地であります。関西というと大阪・京都に目を向けがちですが、滋賀県にも多くの観光名所があり、ゆっくりとした時間を過ごすことが出来ます。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方