トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

島根の神社めぐり神話の国。出雲大社を知る。


島根県は神話の国といわれるだけあって、神社をはじめとして神話にまつわる観光スポットがたくさんあります。古代史に興味のある人、縁を結びたいと願っている人、神社めぐりが好きな人にとっては魅力的なところです。島根の代表的な神社を紹介します。


島根の神社といえば出雲大社


出雲大社は、島根県出雲市にある神社です。島根県神社庁によると、島根県の神社数は1,166社だそうです。島根県にある多くの神社を代表するというよりは日本を代表する神社として有名な神社です。

創建については、古事記や日本書記の「国譲り神話」に伝えられています。大国主神(おおくにぬしのかみ)は、今の日本である葦原中つ国(あしはらなかつくに)の占有権を高天原の神々(天皇家の先祖神)に譲り渡す条件として、「宮柱太く高く、板は厚く広い」建物を自分の住居として用意するように求めたとされています。この条件の建物が出雲大社であるといわれています。今の神社の本殿は、江戸時代の1744年に造られたものですが、高さが約24メートルあります。平安時代には、その倍の約48メートルあり、それ以前の神代の時代には約96メートルあったと伝えられています。

神社の本殿に行くまでに4つの鳥居があります。順番にくぐることによって、穢れを祓い、しっかりと心を整えて神の御前に参拝するという意味があるそうです。

古代を感じさせてくれる神社の神殿は神秘的であり、神話の時代の趣を感じさせてくれる神社です。神社の境内は清冽で清浄な気に満ち溢れています。

神社の主祭神は、縁結びの神として有名であり、国造りの神・農業の神でもある大国主神です。「因幡の白兎」の神話なかの大黒様は大国主神のことで、神話の中でも活躍している神様です。出雲大社は、大国主神の鎮魂のために創建された神社との説があります。

旧暦の10月には全国から八百万(やおよろず)の神々が出雲大社に集まり、人や物事の様々な縁結びなどについて話し合いをする「神議(かみはかり)」が7日間行われます。この間の神々の宿舎になるとされているのが、神社の本殿の東西に連なっている末社十九社(じゅうくしゃ)です。この十九社の扉が開かれるのは神議の期間だけであり、次の年の「神議」までは開かずの扉になります。



出雲大社は縁結びの神社


出雲大社といえば、縁結びの神社とも言われます。そのご利益は神社の主祭神である大国主神の御神威やご神徳に由来しています。金運・恋愛運・仕事運・受験合格・家内安全・夫婦和合・子宝・良縁祈願・病気平癒と多岐にわたっています。まことにありがたい神社です。

ただし、神社でお利益を授けていただくには、ただお願いをするだけではいけません。神社参拝の作法や、その神社特有の作法もありますのでお忘れなくお願いします。



出雲大社の御朱印


御朱印は、神社や仏閣を参拝した証となるものです。出雲大社には、5種類あります。

〇 神社の本殿で授けられるもの。本殿隣の社務所で求められます。

〇 神社の神楽殿で授けられるもの。神社本殿隣の大きな注連縄が目印になる神楽殿で求められます。

〇 出雲大社の神社社務所で授けられる出雲国神仏霊場のもの。

〇 北島国造館で授けられるもの。2種類あり、北島国造館で求められます。

御朱印帳は神社内で求めることができます。神社の神楽殿とお守りを売っている神社の御守所です。また参道には御朱印帳の専門店があり、こちらにはたくさん種類が揃っていますので、気に入ったものが見つかるかもしれません。



出雲国の神社仏閣巡り


出雲大社をはじめとした島根県と鳥取県にある20の神仏霊場を巡る巡拝コースがあります。霊場第一番の出雲大社を起点として宍道湖・中海を一周するものです。巡る順番には指定はありません。20の神社仏閣は、次の表のとおりです。


出雲国神仏霊場一覧

番号

社寺名

主祭神・本尊

所在地

第一番

出雲大社

大国主神

島根県出雲市大社町

第二番

一乗院鰐淵寺

千手観音菩薩、薬師如来

島根県出雲市別所町

第三番

一畑寺

薬師瑠璃光如来

島根県出雲市小境町

第四番

佐太神社

佐太大神、天照大神、素戔嗚尊

島根県松江市鹿島町

第五番

月照寺

阿弥陀如来

島根県松江市外中原町

第六番

賈布神社

速秋津比賈神

島根県松江市和多見町

第七番

華蔵寺

釈迦牟尼佛

島根県松江市枕木町

第八番

美保神社

三穂津姫命、事代主神

島根県松江市美保関町

第九番

大神山神社

大穴牟遅神、大己貴命

鳥取県米子市尾高

第十番

大山寺

地蔵菩薩

鳥取県西伯郡大山町

第十一番

清水寺

十一面観世音菩薩

島根県安来市清水町

第十二番

平濱八幡宮、

武内神社

応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、

竹内宿弥

島根県松江市八幡町

第十四番

八重垣神社

素戔嗚尊、稲田姫命

島根県松江市佐草町

第十五番

熊野大社

神祖熊野大神櫛御気野命

島根県松江市八雲町

第十六番

須我神社

須佐之男命、稲田比売命、

清之湯山主三名狭漏彦八島野命

島根県雲南市大東町

第十七番

峯寺

大日如来、聖観世音菩薩

島根県雲南市三刀屋町

第十八番

須佐神社

須佐之男命

島根県出雲市佐田町

第十九番

長浜神社

八束水臣津野命

島根県出雲市西園町

第二十番

日御碕神社

天照大御神、素戔嗚尊

島根県出雲市大社町


素戔嗚尊(すさのうのみこと)を祀る神社が多いことに気づかれると思います。素戔嗚尊は大国主神の祖神様(おやかみさま)で、島根県には縁の深い神様です。出雲大社には、素戔嗚尊を祀った素鵞社(そがのやしろ)があります。

それぞれの霊場ではもちろんご利益を授けていただけますが、パワースポットでもあります。見どころを紹介します。

〇 第八番霊場 美保神社

恵比須様(えびすさま)の総本山です。主祭神の事代主神(ことしろぬしのかみ)は恵比須様のことで、三穂津姫命(みほつひめのみこと)は安産や子孫繁栄の神様です。


〇 第十四番霊場 八重垣神社

「八岐大蛇(やまたのおろち)退治」の神話で、八岐大蛇を退治した素戔嗚尊が後の妻となる草薙姫(くさなだひめ)を助けた場所にあたります。

境内にある「鏡池」は、島根県屈指の縁結びのスポットです。占い用の紙に硬貨を乗せて池に浮かべ、その沈む時間で縁の遅速を占うことができるといわれています。


〇 第十五番霊場 熊野大社

出雲国の一宮神社です。素戔嗚尊が、この場所で火を生んだとされることから日本火出初之社(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれています。


〇 第十八番霊場 須佐神社

7か所の不思議なスポットがあります。



まだまだある出雲のおすすめ


見どころは、他にもありますので紹介します。

〇由來八幡宮

島根県飯石郡飯南町にある源頼朝が勧進した神社です。この神社には世にも不思議な狛犬があります。この狛犬は、人間の体に獣の手足を持ち、顔は龍の顔をしています。文殊菩薩が座している獅子に由来しているといわれています。


見どころは神社以外にもあります。

〇 日御碕

人工的に加工されたのではないかとされる石群などが海中にあり、古代の神事の遺跡ではないかといわれています。日御碕神社がこの場所にあります。


〇 稲佐の浜

神秘的な場所として有名であり、「国譲り」の神話の舞台としても有名です。浜辺の奥には大国主神が国譲りの交渉をしたとされる屏風岩があります。八百万の神々は「神議」をする際には、この浜から上陸するといわれています。

稲佐の浜の砂は「お清めの御砂」と呼ばれ、家の玄関や四隅にまくと災難除けや厄除けのご利益があり、お守りとして身に付けていると厄除けや招福のご利益があるとされています。ただし、作法があります。稲佐の浜の砂を持って、出雲大社の本殿と素戔嗚尊が祀られている同じ神社内にある素鵞社にお詣りしてから素鵞社の社殿の軒下にある木箱に砂を入れて、元々木箱に入っていた砂をいただくのです。


〇 立久恵峡

出雲市を流れる神戸川上流にある高さが100~200メートルもある奇岩・柱石が約2キロメートル続く美しい渓谷です。山陰の耶馬渓ともいわれています。



まとめ


島根は、神話の舞台となったところです。古代史に興味のある人、縁を結びたいと願っている人、神社めぐりが好きな人などにとっては打って付けなところです。島根はマップを片手に出かけたくなるところです。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方