トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

赤ちゃんの赤いあざ、消える、まぶた、後頭部、頭、足、背中、ウンナ母斑、サーモンパッチ、赤い、斑点、苺状血管腫、単純性血管腫、治療、赤ちゃんのあざは消える、乳児、天使のキス、生まれつき


生まれたての赤ちゃんの身体に赤いあざができていると、不安に思うかもしれません。


「突然頭の後ろに変なあざができたけど、これは何?」

「もしかして病気?」


 と、心配になるでしょう。

 もしかしたらそのあざは、放っておくと大変なことになるかも……。


 赤ちゃんの赤いあざには、どんなものがあるのでしょうか?

 また、赤ちゃんのあざは消えるのでしょうか?


 今回は、「赤ちゃんの身体にできる赤いあざ」の種類ついても簡単に紹介したいと思います。




生まれつきのあざ



 『単純性血管腫』とは、乳児の顔や背中など、あらゆる場所に生まれつきある先天性のあざです。

 形は平坦で、皮膚との間にはっきりと境界線が見えるのが特徴です。


 基本的に消えることはなく、成長とともに面積が広がったり、茶色に変化したりします。

 顔に大きな単純性血管腫が見られた場合は、『スタージウェーバー症候群』という別の病気である可能性も高いため、早めに受診し、治療を行ってください。




消えるあざ



 『乳児血管腫』は、未熟な毛細血管が原因で出来る後天性のあざです。

 苺のような赤い見た目から、別名『苺状血管腫』と呼ばれています。

 

 生後すぐは皮膚の赤い斑点ですが、数か月の間に急速に拡大し、就学前には自然に消えることがほとんどです。

 しかし、跡が残りやすいため、顔に出来た乳児血管腫は治療を勧められます。治療は主に、レーザーや薬を使うのが一般的です。




天使のキス



 『サーモンパッチ』とは、まぶたや鼻や額など、顔を中心に現れる先天性のあざです。

 新生児の約20%に見られる正常なあざで、病気ではありません。シミのように平坦で、境目が分かりにくいのが特徴です。


 成長するにつれて徐々に薄くなり、やがて自然に消えていくので特に治療はいりませんが、気になるのであればレーザーを使った治療が可能です(ただし眼に近い場合は、危険なのでできません)。

 

 また、西洋では『天使のキスマーク』と呼ばれ、『幸運の証』とされています。




首などのあざ



 『ウンナ母斑』は首から後頭部にかけてできる赤いあざで、『正中部母斑』とも呼ばれています。

 サーモンパッチと特徴が似ていますが、ウンナ母斑はやや消えにくい傾向があり、成長しても消えなく、見た目を気にする場合はレーザー治療を行います。


 また、西洋では『ストークマーク(コウノトリの噛みあと)』と言われ、サーモンパッチ同様『幸運の証』とされています。




乳児の他の原因



 ここまで赤ちゃんにできる『赤いあざ』について紹介してきましたが、ここで少し、赤ちゃんの身体にできる『青いあざ』について簡単に説明したいと思います。


①『蒙古斑』

 乳児のお尻に現れる、薄青色または灰色のあざのことです。

 通常は、3~5歳の間に自然と消えます。


②『異所性蒙古斑』

 普通はお尻に現れる蒙古斑ですが、それが肩や足など別の場所に現れた場合は、『異所性蒙古斑』と呼びます。

 蒙古斑と比べ成長しても消えにくく、精神的苦痛を和らげるためにレーザー治療が勧められることがあります。




赤ちゃんの赤いあざは自然に消えることがほとんど



 『単純性血管腫』を除いて、赤ちゃんの赤いあざは

自然に赤ちゃんのあざは消えることがわかりました。

 

 ただ、中には綺麗に跡が消えないものもあるので、気になる場合は皮膚科に受診しに行きましょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方