トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

沖縄の神社とその歴史


「沖縄の神社の名前を挙げてみて」と言われて、すぐに頭に浮かび、答えられる人は少ないのっではないでしょうか。沖縄には神社がないのではないかと思う人もいるかもしれません。沖縄にも神社はあるのです。これから紹介していきましょう。



沖縄には、そもそも神社数が少ない


2016年(平成28年)に文部科学者が行った調査によると、沖縄県にある神社数は14社でした。これは全国の県の中で最も少ない数でした。二番目に少なかったのは和歌山県の444社で、一番多かったのは新潟県の4,749社でした。いかに沖縄県には神社が少ないのかが分かります。

現在多くの神社は神社本庁に所属していますが、その地方機関である沖縄県神社庁には10社の神社が所属しています。Web上でウイキペディアが「沖縄県の神社一覧」を掲載していますが、それによると18社です。いずれにしても少ない数です。




沖縄では、なぜ神社が少ないのか


沖縄に神社が少ない理由として、「本土では村ごとに神社があるが、沖縄では村ごとに御嶽(うたき)があり、本土で行うような祭祀は御嶽で行われていたから」という説があります。

神社とは、日本固有の宗教である神道の祭祀施設であるとされています。その起源は、磐座(いわくら)や神の住む禁足地である神体山などで祭事の際に臨時で建てた神籬(ひもろぎ)などの祭壇であり、常設されたものではありませんでした。沖縄の御嶽(うたき)のようなものであったと考えられています。磐座とは、本来神のいる場所を指していましたが、祭祀に際して神の依り代(よりしろ)とされた岩や石を御神体として祭祀対象としたものです。神籬とは、神霊が憑依している山や森,老木などの周囲に常緑の木を植え,玉垣を結んで玉座としたものです。

御嶽とは、沖縄の神話上の神が存在する場所や神が来訪する場所のことです。祖先神を祀る場でもあります。多くは森の空間、泉や川などの脇にあったり、島そのものが御嶽の所もあります。琉球王国(第二尚氏王朝)が制定した琉球神道における聖域の総称のことです。制定される以前にも、様々な呼び名で各地方にありました。御嶽は、今でも地域に根付いています。

神社というと、鳥居があり本殿・社殿がある姿を想像しますが、現在の神社のなかにも、磐座や禁足地の山や島などの手前に拝殿があるだけの神社や本殿・社殿のない神社もあります。神社の姿は様々です。神道の祈りの場に建物が建てられるようになったのは、仏教が伝来した6世紀以降に仏閣が建てられるようになってからのことです。

沖縄に神社が少ないのは、「御嶽で祭祀が行われていたから」という説も頷けるような気がします。




神社の源御嶽は、強力なパワースポット



御嶽は、パワースポットとしても知られています。沖縄の神話における開闢の神アマミキヨによって作られた9つの聖地のうち7つが「琉球開闢九御嶽」として語り継がれ、琉球神道において最も神聖な御嶽として位置づけられています。語り継がれている7つの御嶽は次の通りです。

        ◦ 安須森御嶽(あすむぃうたき) : 沖縄県国頭村

        ◦ クボウ御嶽 : 沖縄県今帰仁村

        ◦ 斎場御嶽(せーふぁうたき) : 沖縄県南城市

        ◦ 藪薩御嶽(やぶさつうたき) : 沖縄県南城市

        ◦ 雨つづ天つぎ御嶽(あまつづてんつぎうたき) :  沖縄県南城市(玉城城内)

        ◦ クボー御嶽 : 沖縄県南城市(久高島)

        ◦ 首里真玉森御嶽(しゅいまだむいうたき) : 沖縄県那覇市(首里城内)

なかでも斎場御嶽は、「沖縄最高の聖地」という意味で、最もパワーがあるとされています。2000年(平成12年)に世界文化遺産に登録されました。




沖縄最初の神社「長寿宮」の建立と琉球八社



沖縄で最初に建立された神社は、1451年に創建された長寿宮であると伝えられています。琉球王朝の尚金福王が、それまで島であった那覇と首里を結ぶ長虹堤の建設にあたって、工事が難航したことから天照大神を招き祈願したところ完成することができたことから天照大神を御祭神とする神社である長寿宮を創建したと伝えられています。現在は、浮島神社として波上宮内の仮宮に遷座しています。

琉球八社とは、琉球王朝によって「琉球八社の制」に基づき、特別な扱いを受けた八社の神社のことです。それぞれの神社では、縁結び・恋愛・安産・子宝・金運など様々なご利益を授けていただけます。また、沖縄の神社でも御朱印がいただけると話題を呼んでいます。琉球八社は次の通りです。

〇 波上宮(なみのうえぐう)

沖縄県那覇市にある沖縄の一宮である神社で、地元では「なんみんさん」と呼ばれて親しまれている神社です。神社は崖の上にそそり立つように建っており、神社のある場所は、水平線の先にあるといわれる理想郷ニライカナイの神に祈りを捧げるところであったそうです。

初詣・七五三・厄払いで有名な神社で、初詣のときには参拝客で賑わい、バイトを募集するほどです。沖縄では、数えの13歳以降は12年ごと(自分の干支のことです)に厄年になります。結婚式も行えます。紅型デザインの御朱印帳は品切れになるほどの人気です。紅型柄のお守りもおすすめです。


〇 普天間宮(ふてんまぐう)

沖縄県宜野湾市にあります。宜野湾市唯一の神社です。神社には、全長280メートルの「普天間宮洞穴」があり、昔この洞窟に神々を祀っていたことが、普天間宮の始まりであるといわれています。この中に、奥宮があります。この洞穴からは、約3,000年前の遺物などが多数発見されています。


〇 沖宮(おきぐう)

沖縄県那覇市にある神社ですが、神社の本殿は、神社というよりお寺のような佇まいをしています。これは、明治時代以前の神仏習合の影響を受けたことによるようです。神仏分離までは、阿弥陀仏などが祀られていたそうです。たくさんの種類のお守りがあります。

神社内にある天燈山御嶽から見渡す那覇の海と街並みは絶景です。


〇 天久宮(あめくぐう)

沖縄県那覇市にある神社です。可愛い小さな七福神が入ったおみくじがあります。


〇 金武宮(きんぐう)

沖縄県国頭郡金武町にあり、金武町唯一の神社です。金武観音寺とともに日秀上人によって建てられたと伝えられていますが、金武観音寺だけが現存しています。敷地内に「日秀洞」と呼ばれる鍾乳洞があり、ここに金武宮の祠があります。社殿のない神社として有名です。金武宮としての御朱印はありませんので、御朱印は金武観音寺の御朱印をいただくことになります。


〇 末吉宮(すえよしぐう)

沖縄県那覇市にある神社です。神社は末吉公園の中ですが、かなり深い山の中にあります。無人の神社です。御朱印は波上宮でいただけます。


〇 安里八幡宮(あさとまちまんぐう)

沖縄県那覇市にある神社です。琉球国王が喜界島攻めに成功したことを称えて建てたと伝えられています。アメリカ軍の統治下では教会として利用され、沖縄返還により神社として復活を遂げた神社です。無人の神社です。御朱印は波上宮でいただけます。


〇 識名宮(しきなぐう)

沖縄県那覇市にある神社です。琉球国王の尚元王が長子の病気回復を祈願して建てたと伝えられています。宮司が神社に常駐していませんので、御朱印をいただくには困難が予想されます。




護国神社で人気の婚活イベント「神社コン」



沖縄県護国神社は沖縄県那覇市にある神社で、日清日露戦争から太平洋戦争までの沖縄県出身の軍人や沖縄戦で亡くなった一般住民などを祀る神社です。初詣の参拝者数は、沖縄県のランキングトップです。

この沖縄県護国神社で行われる「神社コン」と呼ばれる婚活イベントが人気を博しています。地区の有志がつくる「禄志会」が、「地域に住む独身の人たちのために」と2014年から始め、最近では県内各地から参加者が集まるようになったそうです。神社コンは祈祷から始まり、宮司の「神前挙式のつもりで頑張って」との激励の挨拶の後、神社敷地内のホールでお見合いが始まり、夜は近くで懇親会が開かれるそうです。人気の理由は、身分証明書や独身証明書の提出が必要であることと、市役所の小禄支所にも申込書があるなど信用の高さが信頼感を生んだことにあるようです。参加者からは、カフェでやる「まちコン」と比べてしっかり話ができて良かったとの感想も出ています。


まとめ


神社の歴史の一部をひもとぎながら、沖縄にはなぜ神社数が少ないのかその理由を探ってきました。併せて、沖縄の神社についても紹介しました。沖縄の神社巡りをしてみてはいかがですか。沖縄の顔が見えてきます。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方