トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

神社に関わる仕事。求人を見つけるには?


神社に行った際、

そこには色々な人が

働いていることに気がつきます。


お札やお守りを売る巫女さん。

御祈祷される神主さん。


神社に関わる仕事って

いったいどんな仕事なんでしょう。


神社のお仕事について。護国神社?


1)神主


神社の神主さんとは

一体どんなお仕事なのでしょう。


神主さんは、一般的な呼び名で、

神職といいます。

神職と言うと宗教家と

思ってしまいがちですが、

神社の各種の儀式の取り行いや

施設の維持管理や事務処理などと

その仕事は多岐にわたっています。


神社の神主さんとなると

代々世襲のイメージがあるかと

思いますが、実際は特定の大学や

神職養成所で神道を学ぶことで

正社員につくことが可能です。

求人サイトで求人票を探している人もいるでしょう。

また護国神社が希望であったり。


しかし、実際はやはり世襲であることが

多いようですが、神主さんになるには

資格が必要なため、大学や神職養成所に

通うことは必要です。


なお、全国各地にある神社の大半は

神社本庁に所属しています。

神社本庁は、おおよそ八万社の

神社の中の総本山になります。


神職に就職することを

「奉職」と言います。


神社に奉職すると、

また、神社本庁傘下の神社となると、

階位と呼ばれる資格が必須となってきます。

階位は、上から


浄階

明階

正階

権正階

直階


と五つの階位があります。

明階までは昇進可能ですが、

浄階は名誉職のため、

誰でも就けるわけではありません。


奉職した人の中で、

その神社の取締役としての

役割を担っているのが

「宮司(ぐうじ)」と呼ばれています。

基本的に宮司は一つの神社につき

一人しか置かれません。


基本的には神社内での仕事を

行います。



しかし、お祓いや地鎮祭などの依頼が

あった場合は、出向くこともあります。


神主さんは、祭祀を行います。

祭祀を行い、神様に特別なお言葉である

祝詞を奉上するという役割を持っています。


祝詞は同じように聞こえて、

実は各神社それぞれ違います。

祝詞を考えるのも神主さんの

お仕事です。


また、おみくじやお守り、御朱印の

授与といった社務所の仕事もあります。


例大祭の仕事もあります。

神主さんの祭りの際の動きは、

歩き方わお辞儀の仕方など

細かく決められています。


そのような決まり事を

守りながら、お祭りの際に、

私たちの願い事を神様に届けてくれるのです。


2)巫女


巫女とは神様に仕える女性のことを

いいます。

「神女」、「舞姫」などとも呼ばれることが

あります。


かつて巫女は神楽を舞うことや、

祈祷などがその仕事でした。

例えば、大雨、日照り、地震などといった

ネガティブな事柄に関して神に結びつけ、

神様の怒りを鎮めるために、

巫女が祈祷をしていました。

占いや、神霊を憑依させて神様の言葉を

伝えるという役割でした。


明治以降になると、

神社に仕え、神職の補助的な役割

を担うことが仕事となりました。

というのも明治維新で

巫女の職務について

言及されるようになりました。

神霊の憑依など、

真実であるか信じがたいことについて、

禁止されるようになったのです。


境内の掃除や、参拝者への対応、

お守りの在庫管理といったことが

具体的な仕事内容になります。


神社で務めるには。お寺もいいけど。


神社で務めるには

どうしたら良いのでしょう。


神社の求人については、

いわゆる一般的な求人サイト

にも掲載されています。


キーワード検索などに

「神社」と検索するだけで、

求人が出てきます。

お寺ももちろんいいですが。


私の友人も

「お正月に巫女さんのアルバイトしたんだよ」

と話していたことがありました。


巫女さん、アルバイトなの??

と衝撃を受けましたが、

意外と期間限定のアルバイトである

ことが多いようです。

神社に人が必要な時期って

限られてますものね。


終わりに★


神社の職っていうと、

代々決まった家の人が

なるイメージでしたが、

実際はそんなことないようです。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方