化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

神社で写真を撮りたいと思う方へ

 神社で写真を撮って集めるのが趣味。

たまたま訪れた神社が自然溢れるすてきな場所だったけど

旅行で来たから思い出に写真に残したい。

境内の狛犬が神社ごとに違うからコレクションしたい。


などと、写真撮影をしたいと思うこともありますよね。

この記事では、そんな方へ注意してほしいこと、楽しむ方法を

書いていますので参考にしてくださいね。



1)神社で写真撮影はしていいのか?


結論から言うと、「個人の範囲であればOK」です。

しかし、ネットに写真をUPするなど利用する際には神社ごとに許可を

とりましょう。


また、神社によっては神様を祀る神域であるため、撮影禁止の場所も

あるため事前に許可をとっておきましょう。


神様が祀られている本殿に向けてフラッシュをたいて撮影もやめておきましょう。

皆さんも日常に生活していて寝ているところいきなり知らない人から

フラッシュライトで写真を撮られたら不快だと感じませんか?



2)全国の神社の写真スポット


 ここでは日本全国にある神社の写真映えするスポットをご紹介します。

近くにあれば行ってみてくださいね。


◇牛島神社:狛犬ではなく狛牛がいます。他にも、鳥居が3つある珍しい「三輪鳥居」

 もあり訪れる価値抜群にあります。【@東京】


◇住吉大社:大阪で商売繁盛や初詣といえばここにいく人が多いのではないでしょうか?

 境内には「反橋」(太鼓橋といわれています。)や「おもかるいし」「一寸法師のお椀」

 など写真スポットがたくさんあります。【@大阪】


◇貴船神社:数多くの神社がある中でも観光客に人気の貴船神社。自然に溢れた

 場所にあり、夏は涼しく冬は雪も降る日があり非常に趣のある写真が撮れます。【@京都】


◇生田神社:関西に住んでいたらみんな耳にしたことがある神社ではないでしょうか?

 水占いのスポット、かわいい縁結びのお守り「たまき」などあります。【@神戸】



3)捨てられない、捨てにくい写真を処分する時は…


 たくさんの写真を撮り、手元にあるけれどデータ化したい、曰く付きのところで

撮影した写真だからゴミ箱に捨てることもできないときはどうしたら

いいのでしょうか?


簡単な方法ですと、自分で写真供養をすることです。

白い布などに塩と一緒に包み、燃やす、以上です。燃やす=おたきあげで供養する

要素があります。



色々な理由があり、自分一人で供養することが怖いということであれば

神社に直接持ち込んで供養してもらいましょう。

もし遠方で直接持ち込むことができない場合は郵送で写真とご供養料を

送付して供養してもらう方法があります。



4)神社で写真撮影する際注意したいこと


 ここまで読むときちんと確認した上で写真撮影をしたら問題ないことが

わかったかと思います。

そんな神社聖域での撮影の際気をつけてほしいことをご説明します。


①鳥居をくぐらず、参拝せずいきなり写真撮影をする。

→神社はそもそも神様が祀られている(住まわれている)場所でありおうちです。

 みなさんはいきなりごめんください、とご挨拶もせずに自宅を撮影されたらどう思いますか?

 きちんとご挨拶をした上で写真を撮りましょう。


②フラッシュを使う

→神社は歴史的建造物・神様の祀られている場所です。失礼のない範囲で撮影しましょう。


③夜の神社で撮影

→日が暮れると神様は神社にいらっしゃらないと言われています。

 日中は神様が悪いものから神社内守って下さっていますが、夜間は悪いものが入る

 ことが可能になってしまします。

 できるだけ近づかないようにしましょう。


→神様同士の語らいの時間、お休みの時間=夜とも言われています。

 日中は境内で皆さんを見守ってくださる神様も心休める時間が夜という諸説があります

 ので、訪問、写真撮影は日中に行いましょう。



いかがでしたでしょうか?

記念に残しておきたい、すてきなところだから思わず写真を撮りたくなった

など色々な理由があるかと思いますが、神社は神域です。

失礼のない範囲で楽しみましょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方