化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

貴船神社の駐車場


京都の奥座敷に鎮座する貴船神社。水の神様として古くから古都・京都お守りしてきました。創建年代ははっきりとわかっていませんが、約1300年前の文献には社殿の記録があることから日本屈指の古社と言われています。今回は貴船神社への参拝についてお話します。


京都の奥座敷と言われるだけあって気軽に行ける場所ではありません。行く前に下調べと準備をしてから伺いましょう。



貴船神社にバスや電車で


貴船神社へのアクセスですが公共交通機関で伺う場合には出町柳から叡山電鉄鞍馬線に乗車し、貴船口で下車して京都バスへ乗り換えて貴船にて下車するか、地下鉄国際会館前より京都バスへ乗車し貴船へ向かうかのどちらかになります。また車で行く際に注意しなければならないのが駐車場です。参拝者駐車場はありますが、本宮10台、奥宮15台と駐車台数に限りがありますので出来たら公共交通機関で行く事をおすすめします。(駐車料金2時間500円)



混雑と予約


また夏には川床で混雑しますので、混雑する時間帯を外して平日の早朝参拝をおすすめします。冬には雪が積もりますので、車で行く場合にはスタッドレスタイヤの装着が必要になります。バイクで行かれるのであれば、渋滞にはまることは少ないと思いますが、駐車場所には気を付けるようにしましょう。


団体で参拝する場合には事前に大型バス駐車の予約が必要です。申込方法は貴船神社のホームページに専用の用紙がありますのでダウンロードして申し込みをしましょう。



貴船神社の奥宮


貴船神社のご利益は「諸願成就・えんむすび・運気隆昌」と言われています。「きふね」は古くから「気の生ずる根源」として「気生根」と記されてきました。貴船神社に漂う御神気に触れることで、触れた人に気が満ちると言われてきました。


人にとって「火」は生活に必要なもので巣が、災いの元でもありますので、それを治める「水」を司る神様は昔から暑い信仰を集めてきました。また歴代朝廷からの信仰も厚く日照りの時には黒馬を、長雨の時には白馬を奉納する事で、御祈念をしてきたそうです。



貴船神社の参拝方法ですが「本宮・結社・奥宮」の三社をお参りする「三社参り」をしてください。本宮には高龗神がご鎮座されていて、本殿脇には湧き水がコンコンと湧き出ていて、貴船の霊水として参拝者に親しまれています。


結社には磐長姫命をお祀りしており、別名「恋の社」ともいわれ縁結びにご利益のある社です。奥宮には闇龗神がお祀りされています。以前は奥宮に本宮があったそうですが、洪水で流されてしまったために、現在の位置に建て直されたとのことです。


現在の奥宮の社殿の下に「龍穴」があり、日本三大龍穴の一つとされています。


この三社をお参りする事で貴船のご利益を頂くことが出来ます。



豆知識を紹介します。


同じ「貴船神社」でも神奈川県真鶴町にある「貴船神社」は京都・貴船神社よりの分霊ではない為、関係はないとされている。神奈川県真鶴町の貴船神社では7月に「貴船神社船祭り」が行われ「日本三船祭」の一つとされ重要無形民俗文化財に指定されています。



貴船神社をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


夏には川床、冬には牡丹鍋と貴船神社へ向かう道沿いには料理屋さんが軒を連ねています。参拝の後に食事を頂くのもいいのではないでしょうか。


夏は暑く冬は寒い京都の知恵が体験できる場所でもあります。


古くから京都の人々の「水」を守り生活を守ってきた貴船神社。


霊験あらたかな土地に鎮座し、これからも京都を守り続けてくれるはずです。


貴船神社に向かう過程を楽しんで頂けたらと思います。


だんだんと自然が深くなっていき、貴船神社に到着すると、境内に満ちている気に背筋が伸びると思います。


参拝をした後も境内の気をしっかりと全身で感じてみましょう。水の音や木の葉の触れ合う音が、あなたの心を落ち着かせてくれます。自然の力と貴船神社のパワーに癒されに是非貴船神社へ参拝しましょう。


場所

真鶴


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方