トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

八坂神社の御朱印のご紹介

 

今日と四条通りの突き当りに鎮座している八坂神社は素戔嗚尊と櫛稲田姫命をお祀りし地元の人からは「祇園さん」の相性で親しまれています。通年通して観光客で賑わいを見せる東山エリアの代表的な神社としても人気が高いです。

そんな八坂神社に参拝したのであれば参拝記念に御朱印を頂いてみてはいかがでしょうか。


八坂神社の境内にはいくつもの別社や末社が祀られています。

それらの神社の御朱印もある為、八坂神社へ参拝をすると全部で9種類の御朱印を頂くことができます。

また、祇園祭り、節分等、季節限定で御朱印のデザインを変えていますので、全部で16種類の御朱印があります。

御朱印を頂くためには御朱印帳が無ければなりません。

八坂神社にはオリジナルの御朱印帳があります。

ご祭神の素戔嗚尊をモチーフにした「スサノヲめぐりの御朱印帳」です。

全国にある素戔嗚尊を祀る神社をめぐる御朱印帳ですが、中は白紙ですのでどこの神社へ参拝しても使うことが出来ます。

御朱印帳の初穂料(値段)は1,000円~3,000円で、サイズやデザインによって異なりますので、参拝の際に気に入ったものがあれば頂いてみてはいかがでしょうか。


八坂神社で御朱印を頂く方法ですが、各社殿にて参拝を済ませたら授与所へ向かいましょう。授与所にて御朱印を頂くことが出来ます。

本社朱印「祇園社」のみ御朱印帳に直接書いて頂くことが出来ますが、決められた時間があります。9001600までです。それ以外の時間は他の御朱印と同じように書置きの御朱印を頂くことが出来ます。

一つの御朱印を頂くのに300円~500円を納めます。


コロナ渦でなかなか参拝に伺えないという方には、郵送での対応も頂けます。

八坂神社のホームページに御朱印用紙発送申込書のひな型があります。

こちらを記入しFAXで申し込みをすると、初穂料の振込用紙が届きますので、そちらで入金手続きを済ますと、御朱印が郵送でご自宅に届くサービスです。

本来であれば参拝してから御朱印を頂くのが望ましいですが、現状そうもできませんので今はこうしたサービスを利用していただき、参拝できるようになったら改めて伺うのが良いかもしれません。


京都・八坂神社は全国の八坂神社の総本山ですが、日本各地の八坂神社でも参拝をすると御朱印を頂くことが出来ます。大阪の難波八阪神社や東京都日野市の日野八坂神社でもそれぞれ御朱印を頂くことが出来ます。それぞれ京都・八坂神社の御朱印とはデザインも違いますので、御朱印を集めている方であれば一度参拝してみてはいかがでしょうか。先にも紹介しましたが、「スサノヲめぐり」をしてみるのも良いと思います。


古くから京都の町を守り続けている八坂神社、京都に行くことがあれば是非参拝しましょう。地元の人からも愛され、毎年祇園祭りには多くの人が訪れます。ご祭神の素戔嗚尊と櫛稲田姫命は夫婦で古事記や日本書紀にも出てくる「八岐大蛇」の話で有名な神様です。

参拝する事でご利益も授かることが出来るでしょう。

また参拝した証の御朱印も八坂神社の他に別社、末社のものまであるので御朱印集めをしている人にはうれしいのではないでしょうか。他にも京都ならではの御朱印というと八坂神社を含めた「京都五社まいり」も良いと思います。京都の町の東西南北を守る神社を参拝し御朱印を頂くというものです。

京都には多くの神社仏閣があり、色々なところで御朱印を貰うことが出来ます。

その中でも八坂神社は歴史も古く京都の重要な神社の一つでもあります。

御朱印を頂くことも一つの目的ですが、歴史や雰囲気を楽しんでください。御朱印を求めて参拝する事であなたもご利益を頂き、その土地、その地方の歴史や文化に触れ、見識が深まっていくはずです。御朱印帳に増えていく御朱印の数だけ、あなたの見識も増えていっている、そう考えると参拝の仕方も変わってくると思います。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方