トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

生理こないのは病気?10代は?甲状腺、子宮筋腫、ガン、胸の張り。30代、40代では?チェック。


毎月来る生理ですが、煩わしいと思いながらも今月は10日遅れ、2週間も遅れているとなると、ちょっと心配になりますよね。

生理こない時に真っ先に思い浮かぶのが妊娠ですが、必ずしも原因が妊娠でないこともあります。

生理が来ないのでチェックをするのに妊娠検査薬で調べても陰性で、その後もずっと生理こないということもあります。

生理が来そうでこないそして腹痛がある。

妊娠なのか病気?なのか?

妊娠以外の他の何かが原因なのか、それを見分けるも難しい時があります。

生理が来ない時の原因ってどんなことが考えられるのでしょうか。



生理こないのは、生理周期の乱れが原因かも


生理不順によって、生理こない事があります。

正常な生理の周期は25日から38日とされています。

ですが25日経っていないうちに生理が来たり、逆に39日以上経っても生理が来なかったりするのが、生理不順とされています。

毎月、規則正しい周期で生理が来れば問題ないのですが、色々な原因で生理が不順になります。

生理周期の乱れは

強いストレスを受けたり、激しいスポーツを続けたりしてホルモンのバランスが崩れると生理不順になりやすくなります。


生理不順と妊娠初期症状は、似ている部分があり見分けるのが難しいことがあります。

例えば妊娠初期には生理痛に似た下腹部痛が起こることがあります。

また胸の張りです。

生理前には胸が張りますが、妊娠初期にも胸が張ると言う人もいます。

妊娠初期症状かもしれないのに、いつもの生理不順だと単純に考えてしまわない方が賢明です。


また40代後半になると、更年期障害になる人が多くいます。

年齢と共に女性ホルモンの分泌が減る事によるものですが、代表的な症状は生理不順になることです。

45歳くらいから、生理がずーっと来なくなったり、突然来たりということが続き、最終的には生理が来なくなります。



生理こないのは、甲状腺の病気かも


甲状腺の病気にはバセドウ病、橋本病等があり、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になったり、その逆に分泌が低下したりします。

こういった病気になると生理が止まることがあります。

生理こないだけでなく、脈が早くなったり、やせたり、異常に暑くなったり、情緒が不安定になったりします。



生理こないのは、卵巣機能不全かも


卵巣機能不全というのは、卵巣からの女性ホルモンの分泌が低くなる事です。

生理こない、生理不順になったり、不正出血があることもあります。

卵巣機能不全かどうかを調べる前に、子宮がん、子宮筋腫等がないかをまず確認します。

もしそういったガンなどの病気がなければ、血液検査で女性ホルモンが低下しているかどうかを調べ、又、超音波により子宮が委縮しているかどうかも調べます。

卵巣機能不全になる原因は、ストレス、過激なダイエット、偏った食事、睡眠不足ではないかと言われています。



生理こないのは、早期閉経かも



早期閉経というのは、40歳未満で閉経になってしまうことです。

中には30代、30歳未満で閉経になる人もいます。

どうしてそのような生理こないことが起こるのでしょうか。

それは早期卵巣不全という病気になってしまうことから起きます。

卵子というのは生まれた時から数が決まっていて、年齢とともにその数が減って行き、普通は50歳くらいで閉経になります。

ですが早期卵巣不全になると、卵子の数が急に減り、例え卵子があったとしてもその卵子が発育しなかったりします。

その原因ははっきりとは解明されていません。

卵巣を手術したり、卵巣に化学療法を加えたり、放射線治療がなされたことが原因かもとされていますが、はっきりしたことは分かっていません。



生理こないのは、無月経になったから?


無月経というのは、妊娠していないのに

3ヶ月以上、生理こないことです。

18歳以上になっても一度も生理が来ないのは原発性無月経と言い、これは本当に稀なものです。

こういう場合は女性ホルモンを補う薬を飲まないと、生理が来ません。

自力で生理が来るまでは薬を飲み続ける必要があります。


ところがそれに対し、続発性無月経というのは珍しいものではなく、普通に生理が来ていたのに、何らかの原因で何か月も生理が止まってしまう状態です。

原因は過激なダイエット、強いストレス、激しいスポーツを続けることで、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうからではないかと言われています。

何か月も生理が来ないというのは異常なことですから、早めに婦人科に行って診てもらう必要があります。



生理こない、10代の場合は?


10代の思春期特有の様々なストレスや、精神的な不安定さが原因で生理が不順になったり、

生理こない、

止まったりすることがあります。

高校生になると受験もありますし、友人や親との関係でストレスを抱えたりします。

そうすると前述の続発性無月経になる人は少なくありません。

何ヶ月もずっと続く場合は、女性ホルモンを投与して生理が来るようにします。

ただ、思春期に続発性無月経になると、大人になってからなるより、ずっと治るのに時間がかかると言われています。

3年から4年程かかってしまう事もあります。



産後は、すぐには生理こない?


産後は特に母乳を出していると、プロラクチンというホルモンが働いて、排卵が来ないのです。

そのため産後3ヶ月から4ヶ月は生理こないです。

ただこれも個人差がかなりあり、長く母乳を出している人ほど生理が中々来ないようです。

産後8ヶ月から1年程生理が来ない人もいます。

また、プロラクチンというホルモンだけでなく、体は、産後の女性の体を回復させるために、生理をすぐには起きないようにしてくれています。

ですから産後すぐに生理が来なくても、焦ることは全くありません。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方