化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

さつまいもを使った味噌汁の作り方。さつま芋の具、レシピ。豚肉。玉ねぎ、豆腐。下処理、あく抜き


近くのスーパーで安いサツマイモを見つけて、勢いで買ってしまったもののそんなにたくさんレシピを知らなかった。

また、いつも豆腐とわかめのお味噌汁ばかりで、もう少しレパートリーを増やしたい!

そんな味噌汁の作り方で悩みをおもちの方はいらっしゃいませんか?


今回はそんなあなたにおすすめの、サツマイモを使ったおいしくて簡単なおみそしるのレシピをいくつか紹介します。

以下のテーマに沿ってそれぞれ紹介していきます。


・さつまいもを使った具沢山味噌汁のレシピ。

・離乳食にもなるさつまいもの味噌汁の作り方。

・ダイエット中でもOK!カロリーをおさえたさつま芋のお味噌汁

・簡単!さつまいもの味噌汁。



さつまいもはほとんどの食材との相性が良いので、色々な料理に使うことができます。

また、さつまいもはカロリーが少なく栄養価も高く、からだにも良い食品です。


今回はそれぞれのテーマに合わせて材料と作り方の紹介をしていきます。



さつまいもを使った具沢山の味噌汁のレシピ


どんな食材とも相性の良いさつまいもは具沢山の味噌汁にぴったりです。


・さつまいもと根菜を使った具沢山のみそしる。

調理時間目安 15分

<材料>2人分

さつまいも  1/4本(50g)

大根          3cm

人参          3cm

ごぼう        1/4本

ごま油    少量

水      200cc

ネギ          適量

和風だしの素 大さじ1/2

味噌          大さじ1.5


<作り方>

さつまいもは大きめのいちょう切り、大根はちいさめのいちょう切りにし、ゴボウはささがきにします。

ごぼうは切ったら分量とは別の水に浸してあく抜きしておきます。

さつまいもは小さく切りすぎると崩れるので要注意です。


鍋にごま油をひいて切った野菜をさっと炒めます。

一度火を止めて水を入れ、再度火にかけます。

具材が柔らかくなってきたら一度火を止め、和風だしの素、味噌の順番に溶かし入れます。


最後にひと煮立ちさせたら出来上がり。

ネギを適量のせて完成です。


・さつまいもの豚汁風おみそしる

調理時間目安 20分

<材料>2人分

さつまいも   1/4本(50g)

サトイモ     (小)5~6個

干しシイタケ  2枚

ニンジン    1/4本(50g)

コンニャク   1/2枚

豆腐      1/2丁

大根      2~3㎝

豚肉(細切れ) 50g位

味噌           大さじ1.5

水       200cc

和風だしの素  大さじ1/2

七味唐辛子     お好みで


<作り方>

さつまいも、サトイモ、ニンジン、コンニャク、豆腐、大根、をひとくち大に切ります。

干しシイタケは水で戻して細く切ります。

こんにゃくとさつまいものアクが気になる方は、あく抜きしておきます。

こんにゃくは熱湯をかけて、さつまいもは水に浸しておきましょう。


鍋に水を入れ火にかけ、具材をすべて入れます。

豚肉のあくが出てきたら取り除きます。


具材に火が通ってきたら味噌を溶かしながら入れ、ひと煮立ちさせて完成です。

お好みで七味唐辛子をふりましょう。



離乳食にもなるさつまいもの味噌汁の作り方。


甘いさつまいもは小さなお子様にも人気ですね。

食材はお好みで!離乳食、小さなお子様向けのおみそしるです。


<材料>2人分

さつまいも  適量(10g)

かぼちゃ   適量(10g)

玉ねぎ    適量(10g)

豆腐     適量(10g)

キャベツ   約1枚

昆布     10cm

味噌          小さじ1/2

かつおぶし  ひとつまみ

醤油     お好みで


<作り方>

味噌汁の具は目安なのでお好みに合わせて材料や分量を変えても良いです。

味噌を薄めにしてスープ風にしても良いです。

下処理を前日にしておくと朝が楽です。


さつまいもは先に皮をむいて水にさらし、あく抜きしておきます。

さつまいも、かぼちゃ、玉ねぎ、キャベツをひとくち大に切ります。


切った具材と昆布を鍋に入れ、水を入れて蓋をします。

ここまでを前日にしておきます。


鍋を火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出します。

かつおぶしを味噌こしに入れて2分程中火で煮立てます。


具材に火が通ったらサイの目に切った豆腐をいれ、味噌を溶かしながら入れます。

お好みで醤油、みりんで味付けしましょう。

ひと煮立ちさせて完成です。




ダイエット中でもOK!カロリーをおさえたさつま芋のお味噌汁


カロリーの少ないさつまいもはダイエット中の食事にもおすすめです。


さつま芋と長ねぎのシンプルお味噌汁

調理時間目安 15分

<材料>2人分

さつまいも  1/2本

水      300cc

長ねぎ        5~10g

本だし    小さじ1/2

味噌          大さじ1/2


<作り方>

鍋に出しと水を入れて火にかけ、半月切りにしたさつまいもを入れます。

さつまいもが大きければいちょう切りでも良いです。

さつまいもがやわらかくなったら味噌を溶かし入れ、小口切りにしたネギを入れます。


味噌が溶けきったらひと煮立ちして完成です。


さつま芋と小松菜のあっさりお味噌汁

調理時間目安 15分

<材料>2人分

さつまいも  1/4本(50g)

小松菜        1/4束(50g)

油揚げ      1/2枚(15g)

水      200cc

本だし    小さじ1/2

味噌          大さじ1/2


<作り方>

さつまいもは拍子切りにして、レンジで2分程チンします。

皮は切っても残しても良いですが、皮には栄養が多く含まれているので特に嫌でなければ残しておきましょう。


油揚げはさっと熱湯をかけて油切りしておきます。

小松菜は洗ってから5cmサイズに切ります。


さつまいもと小松菜、油揚げを鍋に入れて水を入れ煮立てます。

本だしを加えます。

全体が煮立って小松菜が柔らかくなってきたら味噌を溶かしながら入れます。


味噌が溶けきったらひと煮立ちして完成です。



簡単!さつまいもの味噌汁。


さつまいもの味噌汁は短時間で簡単に作れる上に栄養たっぷりです。

しかもカロリー控えめで食物繊維も多く含まれているのでからだにもとても良い料理です。


ここで紹介した以外にもさつまいも味噌汁に合う具材はたくさんあります。

白菜、ほうれん草等の野菜やしめじ等のきのこ類、色々な組み合わせが出来るので毎日の献立にも悩まずにすみますよ。


ぜひ色々とさつまいもの味噌汁の作り方を試して、オリジナルのレシピを作ってみてください。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方