化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

もちつきのやり方について!準備や手順など紹介


もちつきは「餅つき機」で行うやり方と「杵と臼」で行うやり方があります。


餅つき機で行う場合は、取扱説明書通りに行えば簡単の餅をつくことが出来ます。杵と臼で行う場合はやり方があります。では、どうやって餅をつくのでしょうか。もちつきの準備はどうすればいいか知りたい方もいると思います。

そこで今回は

・もちつきのやり方

・餅つきで準備するもの

・色々な餅の作り方やつき方

・よくある質問

について紹介します。




もちつきのやり方



もちつきは機械で行う「餅つき機」、人が手でつく「杵と臼」の
2種類があります。

ここでは、「餅つき機」と「杵と臼」など、それぞれのやり方を紹介します。

<餅つき機>

もち米を研ぎ、たっぷりの水に一晩浸す(12時間程度)

ザルにあげてから蒸し器の準備(湯がたぎるまで水を切る)

蒸し器の下の鍋に上からたっぷりな水を入れ、沸騰させる

蒸し布を濡らして固く絞って蒸し器の上に広げる

餅米を入れ中央を少しくぼませる(くぼませることで火の通りがよくなる)

餅米を蒸す

餅つき機でつく(10分程度)

<杵と臼>

事前準備

・杵と臼に水を吸わせる(杵と臼は木製の場合が多いです。水を吸わせないと割れてしまいます)

・もち米を研ぎ、たっぷりの水に一晩浸す(12時間程度)

・ザルにあげてから蒸し器の準備(湯がたぎるまで水を切る)

・蒸し器の下の鍋に上からたっぷりな水を入れ、沸騰させる

・蒸し布を濡らして固く絞って蒸し器の上に広げる

・餅米を入れ中央を少しくぼませる(くぼませることで火の通りがよくなる)

・餅米を蒸す

餅が蒸しあがったら臼に移す

餅を杵と臼でつく

餅の返し手の人はお湯を準備し、杵でついた後、素部に餅を返します

杵と臼の息が合わないと怪我をしてしまうので注意しましょう。ポイントは「粒が無くなるまでつく」ことです。また、餅つきできる場所を確保して行う様にしましょう。

<炊飯器餅つき機>

もち米を研ぎ、たっぷりの水に一晩浸す(12時間程度)

「炊飯器餅つき機」に入れ、餅つきスイッチを押す

時間が経てば餅の完成です。

「炊飯器餅つき機」のメーカーによって使い方が違う場合があるので、使う前は取扱説明書をよく読んでください。(もち米を浸す時間も記載されています)


「餅つき機」と「杵と臼」など餅をつく前には事前準備があるので注意してください。




餅つきで準備するもの



餅つきで準備するものが分からない方もいると思います。

ここでは、準備するものや餅をついた後で必要な物などを紹介します。

1.準備するもの

餅つきで準備するものは次の通りです。

<餅つき機でつく場合>

・もち米

・水

・せいろ

・餅つき機

<杵と臼でつく場合>

・もち米

・水

・せいろ

・杵

・石臼

<炊飯器餅つき機>

・もち米

・水

・炊飯器餅つき機


2.餅をついた後で必要な物

・餅とり粉

・まな板

・保管する箱(市販で販売されているプラスチック容器が一般的)


3.餅つき後の保存方法

餅つき後、まな板に餅とり粉を引いて、その上に出来上がった餅を置く

食べやすい大きさに分ける(片栗粉をまぶしながら行う)

保管する箱(市販で販売されているプラスチック容器が一般的)に餅とり粉を引いて餅を入れる

保管する容器に1日程度保管した後、フリーザーバッグに入れ「冷凍保存」する(フリーザーバッグには餅とり粉を少量振っておく)

冷蔵保管すると餅にカビが生える可能性があります。冷凍保存すれば長期間保存可能に


なります。また、餅とり粉は、まな板や保管する箱などにくっつくのを防いでくれます。




色々な餅の作り方やつき方




もちでも色々な種類があります。

ここでは、いろいろな餅について紹介します。

1.餅の作り方

水信玄餅の作り方

水みたいな餅で雫の様な透明感と、プルプルとした食感は夏にぴったりの餅です。

<材料>(4個分)

・ミネラルウォーター:250g

・クールアーガー:8g

・黒蜜:適量

・きな粉:適量

<作り方>

・クールアーガーを水で溶かす(ダマになりやすいので少しずつ水を加えながら溶かす)

・強火にかけて、沸騰したら弱火にして2分加熱(時々まぜる)

・間部毎氷水に付け粗熱をとる(3分程度)

・丸い氷を作る容器に入れる

・冷蔵庫で1時間程度冷やせば完成

柔らかいよもぎ餅の作り方

<材料>(4個分)

・白玉粉:10g

・上新粉:50g

・水:65g(白玉粉+上新粉の1.1倍)

・砂糖:10g

・よもぎパウダー:3g

・よもぎパウダーの湯:10g

・粒あん:80g20g×4個)

・きな粉:適量

<作り方>

・ボウルによもぎパウダーを入れ、湯を加えて混ぜる

・白玉粉に水を加え、ゴムベラなどで混ぜる(白玉粉をしっかりと溶かす)

・上新粉と砂糖を入れ混ぜる

・生地を型に入れる(玉子豆腐器などの金属製の型に濡れた手ぬぐいを置いて生地を流し込む)

・蒸し器を沸騰させ、型ごと蒸し器に入れ蓋をする(強火で約20分蒸す)

・蒸した餅をボウルに入れ木べらで軽くこねる

・ふやかしたよもぎを10g加え、こねる

・粒あん20g×4個、きなこ適量を皿などに準備

・餅を4個作成し、あんこを入れて包むようにして丸める

・きな粉を振りかければ完成

粟餅のつき方

<材料>

・栗(ゆでて身を取り出し潰したもの)

・片栗粉

・餅粉

・水

・油

・砂糖

・醤油

<作り方>

・ボールに栗(ゆでて身を取り出し潰したもの)と片栗粉、餅粉を入れる

・まとまりやすくなるまで捏ねる(水を足しながら調整)

・捏ねたもの丸める

・フライパンに油をひいて丸めたものを焼く(きつね色に焦げ目がつく程度)

・砂糖と醤油を入れ、両面程よく味がなじんだら完成


この他にも沢山のもち料理があります。詳しい作り方などは、どれもインターネットで動画配信されているので参考にしてみて下さい。


2.柔らかいもちのつき方

柔らかい餅を好む方もいると思います。

柔らかい餅のつき方は「餅米を炊く時、水を多めにする」ことです。

また、餅米を水に浸す時、長時間(12時間以上)浸すことでも柔らかい餅になります。

餅が柔らかすぎて失敗された人は、この様な事を注意してみて下さい。


3.餅の使い方

餅は色々な食べ方がありますが、どのような食べ方をすればいいのか知りたい人もいると思います。

餅の使い方は次の通りです。

・焼き餅(磯辺焼きや砂糖醤油を付けて食べる)

・雑煮

・「おしるこ」や「ぜんざい」

・あんみつ

・きな粉餅

などです。この他にも色々な食べ方があるので探してみるのも楽しいですよ。




よくある質問



ここでは、よくある質問を紹介します。

餅をつきたてみたいに戻す方法はある?

【回答】

保存している餅を、つきたてみたいにする方法はあります。

その方法は、耐熱性のある器に水を入れ、ラップをせずにレンジで加熱します。加熱時間は役90秒くらいで、途中確認しながら過熱してください。一度に加熱する餅の量は、一度で23個までです。餅の量で加熱時間が変わってくるので注意してください。

あんみつに乗っている黄緑のお餅みたいなやつは何ですか?

【回答】

「求肥」というお餅のような食感の食べ物です。

材料は「白玉粉」「上白糖」「水」「片栗粉かコーンスターチ(適量)」です。

求肥は和菓子の材料として色々と加工して使われています。

年末の餅つきはなぜやるの?

【回答】

年末の餅つきは「お正月に向けた準備」として行われます。

ただし、年末に餅つきを行う場合は「鏡餅を作ること」、新年に餅つきを行う場合は「食べるために作る」と言われています。

年末に作った鏡餅を神様にお供えをして感謝をしながら頂くことで、新しい命や力を授かると考えられています。



まとめ



今回は、餅つきのやり方について紹介しました。


やり方については、先程紹介したように餅つき機や杵と臼などがあります。

一般的には、炊飯器餅つき機が多いです。お祭りなどの場合は杵と臼でつくやり方が多いです。

どのやり方でも「餅米を水に浸す」など準備があるので忘れずに行いましょう。


餅はアレンジする事で色々な食べ方があります。「色々な餅の作り方やつき方」も紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さい。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方