化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

アイアンマン~君を抱きしめたい~あらすじ&ネタバレ


今回紹介するのは、韓国ドラマ『アイアンマン~君を抱きしめたい~』です。

 この作品は2014年に韓国で放送された、原作なしの完全オリジナルドラマです。

 

 トニー・スタークやホー・インセンが登場する方の『アイアンマン(映画)』ではないので、お間違えのないように。


 ではまず、あらすじについて説明しましょう。 



あらすじを簡単に紹介・解説


 まずはあらすじを簡単に解説します。

 名誉、富、ルックス……すべてを兼ね揃えた男――チュ・ホンビンは、大手ゲーム会社の代表を務めていた。そんな彼は唯一人を愛することが出来ず、日々のストレスを周囲に当たり散らすことで鬱憤を晴らしていた。

 一方、ソン・セドンは友人と協力してゲーム制作会社を立ち上げていた。しかし、上司がそれをホンビンの会社に売り渡してしまう。開発途中だったゲームを取り戻そうとする中、セドンは空港に捨てられていた幼い男の子――チャンと出会う。困っている人を放っておけないセドンはチャンを家に連れ帰ることを決めた。

 そんな中、ホンビンのもとに一本のショッキングな電話がかかってくる。ホンビンの初恋相手であるキム・テヒの子供が現れた、と……。

 ホンビンはセドンが預かっているチャンがその子と知り、テヒと同じ香りがするセドンと出会う。

 しかし、チャンはセドンからなかなか離れず、ホンビンはセドンに、「チャンが落ち着くまでベビーシッターを頼まれてくれたら開発ソフトの権利を譲る」と交渉を持ちかける。

 セドンはそれを呑み込み、チャンと共にホンビンの家に住むことになった。

 そんなある時、家の家具や衣装が鋭く切られていることに気が付く……。

 



結局最後はどうなるの?ネタバレ解説


 超簡単に結論を言うと、最後ホンビンとセドンは結ばれます。

 そして、亡くなったと思われていたテヒは生きていたのですが、結局亡くなってしまい、そのことがきっかけで、ホンビンとセドンは別れることを考えるようになりました。

 ですが時が経ち、二人は知り合いのウエディングで再会します。

 二人は満面の笑みで抱き合い、ハッピーエンドで幕を閉じました。




主演俳優・主演女優の「イ・ドンウク」「シン・セギョン」詳細


●主人公の「チュ・ホンビン」役は、俳優の「イ・ドンウク」●

  テレビドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』――死神役

  テレビドラマ『女の香り』――カン・ジウク役

  映画『ビューティー・インサイド』――キム・ウジン役   など

  

 もともとはモデルをされていたイ・ドンウクさんですが、1999年にドラマ『道の外にも世界はある』でデビューを果たしました。

 また、2011年のドラマ『女の香り』でSBS演技大賞の最優秀演技賞を獲得しています。

 小さい頃から漫画が大好きで、200冊以上保有しているそうですね。



●ヒロインの「ソン・セドン」役は、女優の「シン・セギョン」●

  テレビドラマ『新米史官ク・ヘリョン』――ク・ヘリョン役

  テレビドラマ『匂いを見る少女』――オ・チョリム/チェ・ウンソル役   

  映画『リターン・トゥ・ベース』――ユ・セヨン役   など


 シン・セギョンさんは、圧倒的な美貌を持つ韓国のトップ女優です。

 芸能界デビューは9歳のときで、子役としても活躍してました。

 幼い頃は、女優の他に小説家になることが夢だったそうですね。




韓ドラの王道アイアンマン・君を抱きしめたい



 『アイアンマン~君を抱きしめたい~』のあらすじとネタバレを紹介しました。


 心の傷と怒りが棘となって背中に現れるという斬新な設定ですが、ホンビンとセドンの甘くも切ない恋愛ストーリーがまさに「韓国ドラマ」という感じです。


 U-NEXTを始めとした動画配信サービスで視聴できるので、是非観てください。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方