トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

関東大震災はいつ?いつ来る?大正の時は?外ればかりの地震予知


関東大震災と当たらない地震予知。

いつもはずれている。

こうした疑問がある方も多いでしょう。

まずはテレビや新聞と結託した大学教授、自称の専門家の予算目当てが理由なのをおさえましょう。


地震大国日本。震度2、3の短い地震なら、慣れてしまって特に何をすることもなく

いつ起こるのかも普段は気にせずに普通に過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。大きな地震が来たすぐあとは、誰もが自分事で防災意識が高まって対策をし、少しの揺れでも敏感に対応します。それから何年も経って意識が薄れてきたころに、また大地震は発生するのです。いつ来るかはわからないにしても、来ると分かっていることに対策を徹底して自分や周りの命を守るために、これまでの歴史から予測していきましょう。


日本の地震の歴史はいつから始まった?


始まりはいつからで何年前だと思いますか? いつ?なのかは文字による地震の記録が確認されている最古の時代は、4世紀古墳時代です。地震の原因は、大陸プレートと海洋プレートの重なる部分のズレによるものですので、地球が誕生し陸と海に分かれてからずっと発生し続けていると考えるのが自然ですね。

そんな中でも最も多くの被害者が出た地震がいつ起きたかというと、1923年の関東大震災です。この地震災害を引き起こした地震を、大正関東地震と呼びます。震源地は伊豆大島北端から北に15km付近の相模湾海底で、神奈川、東京を中心に、千葉、茨城南部、静岡東部まで被害が広がりました。関東大震災では、マグニチュード7.9で10万名を超える死者および行方不明者が出ています。2011年の東日本大震災では、マグニチュード9で2万人強の死者・行方不明者が出ました。関東大震災での甚大な被害の主な原因は、台風の強風が関東地方に吹き込み、当時多かった木造住宅に次々に広がっていった火災でした。

大地震のあとには、地震そのものによる建物の崩壊だけでなく、副次的に発生する火災や津波への対策が国を挙げて行われています。


「もうすぐでかい地震くるで」1983年に書かれた逸話『大地震前兆集』


関東大震災から60年後、地震予知に関する逸話、著作を書いている亀井義次氏による『大地震前兆集―これが起きたらすぐ逃げろ』が出版されました。言い伝えとしても有名なナマズの話や、地上、地中、水中のあらゆる動物や虫たちの変化から地震の前兆を記しています。

「もうすぐでかい地震くるで。」


大地震は、いつくるか正確な予想が難しい自然現象ですが、だからこそ、自然界で暮らす動物や虫たちの生存本能が敏感にはたらいて普段とは違う行動をとらせるのでしょう。研究技術が発達する前でも、こうした先人たちの知恵を頼りに人類は生き残るために災害への備えを行っていました。


次の首都直下型地震はいつ?


人類はいつまで関東大震災のような大地震の恐怖に立ち向かわなければならないのでしょうか。昨今の地震調査から分かってきたのは、数十年から100年単位で起きる大地震とは別に、被害が広範囲に及ぶ超巨大地震が数百年単位で起きる「スーパーサイクル」という周期があるということです。化石の調査から分かったスーパーサイクルは、おおよそ400年から600年周期で地盤が大きく隆起し巨大地震が起きていた可能性が高いことを示しています。最後に発生した超巨大地震、1707年の宝永地震からすでに300年以上経っているため、この数十年の間にまたスーパーサイクルがやってくるだろうと言われています。

より具体的に発表されているものとしては、今後30年以内に南海トラフでマグニチュード8~9の巨大地震が起きる確率が70~80%あるということです。南海トラフとは、静岡県の駿河湾から九州東部まで続く海底のくぼみのことで、このプレートのズレによる地震が発生した場合、危険地域は日本列島の東北を除く太平洋側全域と言っても過言ではないでしょう。


関東大震災はいつ起こるかわからない


とここまで書いてきましたが

こうした地震予測の話はうさんくさいと思いませんか?

それもそのはずです。

予算目当てが目的で地震予知はできません。

こうした関東大震災もふくめて

地震がいつなのかは予算目当てのためです。

残念ながら子供たちに悪い影響を与えてしまうのです。

大人たちのこうした悪いことをしているのは

子供の教育上、大変悪いです。

テレビや新聞などに出てくる自称の専門家に大学教授たち。

どれも利権です。

できないのをできるというのがこの関東大震災にも関わっています。


地震の予知で危険な地域に入っていなかったがために

この話を信じてしまったがゆえに被害が大きくなってしまいました。

人災が起こっています。

予知ができる、関東大震災がいつなのかを騙る。

どの地域の地震も外ればかりです。

関東大震災がいつなのかは相手にしないことです。

こうした地震予知の話は信じず

防災対策をして

いつ地震が起きたとしてもいいように

準備をしておくことをおすすめします。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方