トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

モデムとルーターの違いは?接続エラーと再起動


インターネットを使っているお宅であれば、たいてい部屋にあるのが、ルーターとモデムです。

何となく分かっているようで、分かっていないことが、

あるかもしれません。

モデムとルーターの違いは何?

まず見た目もよく似ているので、余計にこんがらがってしまう、ということもあります。

ですがルーターとモデムの役割は全く違います。

では、それぞれの役割は何なのか、まずそこから説明します。


モデムとは何?ONU(光回線終端装置)と同じものなの?


モデムというのは、インターネット回線の信号を、パソコンやスマホ、プリンター等が理解出来るようにデジタル信号に変換する機器なのです。

多くの一般家庭ではADSL等の電話回線を使ってインターネットに接続しています。

電話回線がアナログ信号で、パソコン等がデジタル信号です。

モデムはいわば通訳のような存在で、アナログ信号をデジタルに翻訳してあげる、という感じになります。


ですが現在、急速に光回線がADSLに取って代わっています。

光回線にすると通信速度が違いますし、安定性もあります。

光回線の場合は、モデムの代わりにONU(光回線終端装置)を使うようになります。ですので、モデムとONUは違うものです。

光回線は光信号なので、ONUは光信号と電気信号を変換する役割をします。

つまりは通訳のような役割をするという点で、モデムと同じようなものと思ってもいいかもしれません。

ADSLサービスは2023年には終了の予定となっているので、それ以降はモデムという言葉は懐かしい言葉の1つになるかもしれません。


ルーターとは何?ハブとはどう違うの?


ではルーターの役割とは何でしょうか。

この機器は、パソコンやスマホ、プリンター等、複数使っている場合に、それらの機器をインターネットやLANにつなげるものです。

もしパソコン1台だけしか使っていないなら、ルーターは必要ありません。モデムから直接パソコンにケーブルを挿せばいいのです。


でも普通は複数の機器を使っていますから、ルーターが必要になるのです。

ルートというのは「道」という意味がありますから、ルーターはそれぞれの機器をそれぞれの道に通してあげる装置という感じです。


最近では光回線が主流になっているので、光回線で使うONUとWi-Fiルーターが一体化した「ホームゲートウェイ」という装置が出て来ました。

Wi-Fiというのは、ルーターはルーターなのですが、線なしで使えるものです。

家中に電波を飛ばしてくれる装置なので、家のどこにいてもインターネットが使えるというものです。

ですからONUとWi-Fiルーターが一体化した「ホームゲートウェイ」はかなり優れものと言ってもいいでしょう。


また、ルーターと混同しやすい、ハブというものがあります。

ハブ(hub)は中心とか中枢という意味があり、インターネットの回線を複数のパソコンに分配するものです。

ハブだけではインターネットに接続できないので、ルーターにつなげて使います。

ですが、現在ではハブとルーターが一体化しているものが殆どなので、ハブに関してはあまり気にする必要はないかもしれません。



モデムやONU、ルーターはどこで買ったらいいの?


モデムやONUはインターネットの回線を引く時に、通信業者が設置してくれて、レンタルになります。

特にONUの場合は自分で取り付けたりすることは出来ません。

必ずレンタルするシステムになっていますから、市販もされていない筈です。

ですが、ルーターの場合は市販されていますから、インターネットでも電気店でも購入することが出来ます。



インターネットがつながらなくなった時、モデムやONU、ルーターをどうする?


インターネットに接続出来ないとか、遅いとかはよくあります。

そういう時、モデムやONUやルーターを再起動してみると、大体は改善されます。

再起動をすることで、インターネットの不具合がリセットされるからです。


やり方ですが、まずパソコンとルーターの電源を切ります。

それからモデムやONUの電源を切り、電源アダプターも抜き、10分くらい待ちます。

再度電源を入れる時は切る時と逆の順番に、最初にモデムとONUの電源を入れ、ランプが点くのを確認します。

それからパソコンとルーターを起動させて、改善されたかどうか確認します。



NTTのフレッツ光ってどのようなもの?


フレッツ光はNTTが提供する光回線インターネットの名前です。

NTTの光ファイバーケーブルは日本全国の隅々にまで行き渡っていますので、光回線というと、フレッツ光が頭に浮かんできてしまう人も多いでしょう。


全国隅々まで行き渡っている光ファイバーケーブルですので、色々なプロバイダーがフレッツ光とコラボして事業を展開しています。

例えばソフトバンク光や、ドコモ光、ソネット等です。

これらのプロバイダーは、NTT東日本、NTT西日本と契約して、フレッツ光と同じ光回線を使っています。


ソフトバンクやドコモは、契約するとスマホの通信料金が割引になる特典があるので、ソフトバンクやドコモのスマホを使っているなら、お得と言えます。




光回線はフレッツ光以外にはないの?


光回線はNTTのフレッツ光以外にもあります。

NURO光やauひかり、eo光、BBIQ等が光回線を提供しています。

自社で光回線を敷設しているので、フレッツ光のように全国津々浦々という訳には行きませんが、使用者が少ない分、混雑しないという利点もあります。


またJCOMはケーブルテレビの大手ですが、こちらが提供しているのは光回線ではなく、ケーブルテレビの回線を使っています。

メタルケーブルなので、光回線のようにスピードは速くありません。

ですがJCOMでケーブルテレビを利用している人なら、インターネットをお得な料金で使う事が出来ます。スピードを重視しない人ならいいかもしれません。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方