トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

ラバーカップの使い方。和式と洋式は形状が違う。


ラバーカップはトイレ詰まりなど、排水口が詰まり水が流れないなどの状況になった場合、詰まったものを吸収することによって詰まりを解消する道具でコツがあります。

スッポンとも呼ばれますが、トイレつまりに限らず台所、キッチン、洗面所、洗面台、浴槽、浴室、ユニットバスなどの水回りの環境で有用です。

今回は、

・ラバーカップの種類や選び方。和式と洋式は形の違いがある。

・ラバーカップの使い方のコツ

・真空ラバーカップでトイレつまり

・ラバーカップを買う時の選び方

・ラバーカップがない場合に代用で対処

といった内容を紹介します。



ラバーカップの種類や選び方。和式と洋式は形の違いがある。


ラバーカップは大きく、カップの底が突っ張っているものと突っ張っていないもの、節水型トイレ用の3種類に区分されます。カップの底が突っ張っているものは主に洋式トイレに使用し、突っ張っていないものは台所や浴槽、形状が合えばトイレにも使用できます。

和式トイレと洋式トイレではラバーカップの形状が違います。

また、ラバーカップは排水口とサイズが合わない場合、うまく吸い付かないので、

ラバーカップの選び方では、

排水口カップのサイズを確認した上で適切なものを選びましょう。リクシルやTOTOなどトイレ便器のブランドによってサイズや仕様が異なる場合もあるので、ラバーカップを選ぶ場合はまずは確認した上での対応を心がけましょう。

衛生面が気になる場合、使い捨てのラバーカップがあります。1回使用すれば捨てることを前提としているので、安心して使用することができます。また、普段トイレにしか使用していない状況下、台所の排水口が詰った場合などに、使い捨てのラバーカップを代用として常備しておくのもよいでしょう。

カラフルでおしゃれなラバーカップもあるので、そうした点を意識して選ぶのもよいでしょう。

なお、歯科で使用される道具でラバーカップと呼ばれるものがありますが、本記事で取り上げるラバーカップとは別物であることは覚えておきましょう。


ラバーカップの使い方のコツ


ラバーカップを使用する際、取っ手を押し込んでいる姿を見かけますが、ラバーカップは詰まったものを「吸引」するものです。押し込むのではなく、吸引することで詰まりを解消することを覚えておきましょう。ラバーカップを使用する際、押すと引くの動作を繰り返しますが、引くを意識するとよいでしょう。

動画共有サービスで映像も確認できるので必要に応じて利用しましょう。


真空ラバーカップでトイレつまり


通常のラバーカップで詰まりを解消できない場合、より強く吸引できる「真空ラバーカップ」が有用です。原理はラバーカップと同様ですが、圧力を逃がさず吸引できるので、必要に応じて使用しましょう。


ラバーカップを買う時の選び方


ラバーカップは、ホームセンターやダイソーなどの100円ショップで購入できます。値段と品質をみつつ、必要なものを選択しましょう。


ラバーカップがない場合に代用で対処


ラバーカップがない場合にトイレの水が詰まった時など、ビニール袋を用いて対応できる場合もあります。ビニール袋を何枚か手首から腕が覆えるように重ねた上で袋を手にはめ、便器に手を出し入れしましょう。何度か押す、引くを繰り返すことで詰まりが解消することがあるので、緊急事態の対応策として覚えておきましょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方