トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

ゆうちょ銀行の法人口座を開設。審査落ち。住所変更。名義変更。ゆうちょダイレクトログイン。メリットとデメリットの紹介

銀行に法人口座を持つことは、段々厳しくなっているようです。

とは言え、ゆうちょ銀行に法人口座を開設するのは、普通の銀行よりかなり審査がゆるいと言われています。

ゆうちょ銀行の法人口座は作成しやすいですが

それでも審査落ちになってしまうことがあり、

それには原因があります。

また、ゆうちょ銀行に法人口座を開設するメリットがあります。

そしてデメリットもあります。

ゆうちょ銀行に法人口座を持つことについて、考えてみましょう。


ゆうちょ銀行に法人口座を開設するにはどうしたらいい?


ゆうちょ銀行は審査が厳しくないとは言え、法人口座を開設するにあたっての必要書類は、きちんと揃えていないと審査に通ることはありません。

ではどのような書類を用意する必要があるのでしょうか。


*会社の登記簿謄本(法務局で取得出来ます)

*会社の代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)

*口座を開設しに行った人と会社の関係を示せるもの(社員証とか名刺等)

*法人番号(法人番号指定通知書のコピー、又は国税庁の法人番号公表サイトから印刷した書類)

*法人の印鑑証明書(法務局で取得出来ます)

*財務状況を確認出来る書類(例えば決算書等)

*主要な株主名簿

*会社が設立されてから6ヶ月以内なら、さらに、次に示した書類の中で自分が用意しやすいもの1点が必要になります。

法人設立届出書(控)、青色申告承認申請書(控)、主な事務所の建物登記簿謄本(原本)、主な事務所の賃貸借契約書(原本)のうち、どれか1点です。


記入例を参考にして申込書に記入をするのもいいでしょう。


口座開設には開設を申し込みをしてから、約2週間程かかりますので、それも頭に入れておくといいでしょう。


ゆうちょ銀行の法人口座のデメリット


ゆうちょ銀行で法人口座を開設する法人は、あまり多くないと言えます。

それは主に次の2種類​の見方が理由にあります。

◎預金の限度額が1300万円であること。

法人で1300万円というのは、あまりに少なすぎて事業の展開ができにくい、不便。

解約を考える。


仮に売上金が1300万円を超えてしまうとなったら、ゆうちょ銀行では受け取りが出来ないという事になります。

これはかなり困った事になりますね。


◎ゆうちょ銀行は法人への融資業務を行っていません。

つまり資金調達をお願い出来ないということなので、もし資金繰りに困ってもゆうちょ銀行を頼ることは出来ません。


以上の理由で、ゆうちょ銀行に法人口座を開く法人は多くないのです。

なので、ゆうちょ銀行に口座を開設する時の審査がゆるい、というのはうなづけます。

でも法人によっては、細々と経営しているし、全国どこにでもあり信用性もあるゆうちょ銀行がいい、という法人もあるかと思います。


ゆうちょ銀行の法人口座のメリット


前述したように、ゆうちょ銀行に法人口座を開くメリットはあまりないような感じを受けた人も多いかもしれません。

でも審査がゆるい、というのはメリットの1つではあります。

それに他にも色々メリットがありますので、それを挙げてみましょう。


◎振込手数料が安い

メガバンクのような大手の銀行に比べて、振込手数料を低く抑えることが出来ます。

例えば三菱UFJ銀行の法人向けネットバンキングで3万円以上を振込みする場合、770円もかかります。

ですがゆうちょ銀行の法人用ネットバンキング(ゆうちょBizダイレクト)で振込みをすると、5万円未満で220円、5万円以上で440円ですから、かなり安いという事が分かります。


◎法人用ネットバンキング、ゆうちょBizダイレクトの利用料も低い

三菱UFJ銀行のネットバンキングの月の利用料は1,760円ですが、ゆうちょBizダイレクトだと月額550円です。

また、ゆうちょ銀行は法人口座の維持手数料は無料ですので、維持費が低くすみます。

インターネットでログインをすれば使えますので

利便性がよいです。


あるいは個人でも法人でも使えるゆうちょダイレクトがあり、これだと契約料金、月額料金も無料です。

法人に特化したゆうちょBizダイレクトは、それなりの色々なサービスがありますが、ゆうちょダイレクトは個人向けなのでそういったサービスはありません。

でもゆうちょダイレクトでの振込みは、ゆうちょ同士なら月に5回までは無料です。

もちろん残高の確認​等もパソコンで確認出来ますので場所も問わないです。


個人だとゆうちょダイレクトで住所変更等の手続きも出来るのですが、法人の場合は住所変更や名義変更等はゆうちょ銀行の窓口へ行って、書面での手続きになります。


法人口座を開設できない理由


審査がゆるい、ゆうちょ銀行の法人口座。

それなのに、

中にはゆうちょ銀行の法人口座が開設できないという事もあります。

それには理由があります。


◎資本金の額があまりに低い

現在は資本金の額に関しては特に限度額は設定されていません。

ですが数千円とかあまりに低い場合は、本当に営業しているのかどうか疑われる可能性があります。

それなりにまとまった資本金が必要でしょう。


◎事務所がバーチャルオフィス

事務所が本当に存在するという事は大切です。

でもそれがバーチャルオフィスであると、本当に実在し事業しているのかと思われるかもしれません。


ゆうちょ銀行の支店名がわからない​場合


ゆうちょ銀行には、地域名が付いた支店がないので、支店名がわからない​と思われることがあります。

〇二八(ゼロニハチ)とか〇三七(ゼロサンナナ)といった漢数字が付いていて、支店名ではなく店名と呼んでいます。

この3桁の番号が支店コードという事になります。


ゆうちょ銀行から他の銀行へ振込みするには、ゆうちょ銀行の通帳やキャッシュカードに書かれている、記号・番号を振込み用に変換する必要があります。

変換方法​ですが、店番は「記号」の2~4桁目を記入し、口座番号は番号の末尾の1を取った7桁を記入します。

ゆうちょの公式ホームページには変換するためのサイトがありますので、変換方法​はそれを利用し検索に一覧を利用すると便利です。


ゆうちょ銀行の法人サービス部


ゆうちょ銀行の法人サービス部は

法人・事業者向けの送金や決済サービスについての問い合わせや相談を受けてくれる部門です。

色々な振込みや給与の振込み等について相談することが出来ます。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方