トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

三重県の神社めぐり心のふるさと

三重県には、日本人なら一度は参拝したいと昔からいわれるとともに、「お伊勢さん」と呼ばれ親しまれている伊勢神宮を始めゆかりの神社がたくさんあります。伊勢神宮とそのゆかりの神社を紹介します。

三重県の神社数は神宮を除くと、神社本庁の地方機関である三重県神社庁の「三重県の神社一覧」によれば815社です。神宮が管理する宮社は、「神宮125社」と呼ばれ。神宮が所在する伊勢市を含め44町に及びます。


全ての神社のトップに位置する神社、伊勢神宮


三重県伊勢市にあります。伊勢神宮とは、神宮125社の総称で他の神宮と区別するための通称です。本宮は、天照大御神(あまてらすおおみのかみ)を祀る皇大神宮(内宮)と豊受大御神(とようけおおみかみ)を祀る豊受大神宮(外宮)の二つがあります。神宮125社の内訳は、正宮2社・別宮14社・摂社43社・末社24社・所管社42社になります。別宮とは、「正宮のわけみや」の意味で正宮に次いで尊いとされます。摂社とは、祭神とゆかりの深い父母神や妃神、御子神などが祀られています。末社とは、摂社より社格は低いとされ、その土地の地主神である場合が多いとされています。

内宮の主祭神は、皇室の御祖神であり日本人の総氏神である天照大御神です。外宮の主祭神は、天照大御神の食事を司る神であり生活に関わる産業の守護神である豊受大御神です。

内宮の創建は、第11代天皇である垂仁天皇の26年とされ、外宮の創建は、第21代である雄略天皇の22年とされています。

参拝は、外宮から内宮に参拝するのがならわしになっています。参拝の証である御朱印をいただく際にも、そのならわしに準じていただいて下さい。御朱印をいただけるのは、次の通りです。

・皇大神宮(内宮)

・豊受大神宮(外宮)

・月夜見宮(別宮)、三重県伊勢市に所在

天照大御神の弟である月夜見尊と月夜見尊荒御魂を祀る。月夜見尊は、月の満ち欠けを教えたといわれる暦を司る神。

・月読宮(別宮)、三重県伊勢市に所在

祭主は、月夜見宮と同じ神である月読尊。

・倭姫宮(別宮)、三重県伊勢市に所在

11代天皇である垂仁天皇の四女。神宮の基礎を定めた神。

・伊雑宮(いざわのみや、別宮)、三重県志摩市に所在

祭神は天照大御神魂。古来より遙宮(とおのみや)と呼ばれ、地元の人々により海の幸・山の幸の豊饒が祈られてきました。

・瀧原宮(別宮)、三重県度合郡大紀町に所在

天照大御神魂を祀る、伊雑宮と同じ遙宮。

御朱印帳は、内宮・外宮でも求められますが、種類に限りがありますので、こだわりがあるようでしたら内宮近くの神宮会館や内宮前のおみやげ横丁・外宮参道で求めたほうが良いようでしょう。

お守りは、内宮・外宮で祀られている神様が異なりますので別になります。健康や幸せのご利益などが授けられるお守りが色々あります。お勧めは、「御守」と「開運鈴守」です。外宮の「開運鈴守」は形が勾玉の形をしており、人気が高いお守りです。内宮と外宮のお守りをセットで持つとご利益が協力になるといわれています。内宮の神様が本来の力を発揮するには外宮の神様の助力が必要になるからです。神宮はパワースポットでありパワーが強いので、いつまでも持っていてもよいそうです。おみくじは、元来、政治的な面での占いに用いられ、個人を占うことには用いられていないことから古き伝統を継承している神宮にはありません。

初詣の参拝者数ランキングは、常に三重県の神社ではトップです。

アクセスは、次の通りです。

〇 電車の場合

最寄り駅は、「伊勢原市駅」又は「宇治山田駅」になります。伊勢原市駅から外宮までは徒歩で約5分、宇治山田駅から外宮までは徒歩で約10分です。

〇 車の場合

 ・東名高速道路・国道23号「伊勢IC」で下車して、外宮駐車場

 ・東名高速道路「豊川IC」下車で下車し、フェリーを利用(伊良湖のりば→鳥羽のりば)して、伊勢二見鳥羽ラインで、外宮駐車場

 ・新東名高速道路・伊勢自動車道「伊勢西IC」で下車して、外宮駐車場

外宮と内宮間は、国道32号を利用して約10分です。



子宝の願いが叶う猿田彦神社


内宮の近くに所在しています。天孫降臨の際に案内役を務めた猿田彦大神とその子孫の大田命を主祭神にしています。みちひき・交通安全・方位除けの神社として信仰されています。大田命の子孫である宇治土公(うじのつちぎみ)は邸内に屋敷神として祖神の猿田彦大神を祀っていましたが、明治時代に入りこれを猿田神社に改めました。

境内には、猿田彦大神と結婚した天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祀る佐瑠女神社(さるめじんじゃ)が猿田彦神社の本殿に向かい合うように建っています。天宇受売命は天照大御神の「岩戸隠れ」に登場する女神で、日本最古の踊り子ともいわれ芸能の神として芸能人に有名な神社です。女性が多く参拝します。また、境内には宇治土公の産土神(うぶすなかみ)が宿るとされる子宝池があり、池の前で祈願すると願いが叶うといわれ子宝に恵まれるそうです。

伊勢神社婚は猿田彦神社で行われます。

猿田彦大神を祀る総本社を巡って、鈴鹿市にある椿大神社との間で論争が起きています。



伊勢神宮参拝の禊場、二見浦にある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)


三重県伊勢市にある夫婦岩で知られる神社です。猿田彦大神と豊受大神の別名とされる宇迦御魂大神(うかにみたまおおまみ)を祭神とします。1910年に猿田彦大神を祀る興玉社と宇迦御魂大神を祀る三宮神社を合祀して、現在の神社名に改称しました。興玉社は、夫婦岩に注連縄を張り興玉神石の遥拝所を設けたのが始まるとされています。天平年間(729748年)に僧行基が興玉神の本地垂迹として江寺を創建し、境内に興玉社を建てて鎮守社としました。三宮神社は、元は現在の境内の天の岩屋の中に祀られていましたが、文禄年間に岩屋の外に移されました。境内社として伊弉諾尊と伊弉冉尊との子である錦津見大神を祀る龍宮社があります。

夫婦岩は日の神である天照大御神と興玉神石を拝むための鳥居の役目をしています。恋愛成就などの縁結びと良縁成就などのご利益を授けていただけます。

猿田彦大神の神使いが蛙とされ、「無事に帰る」、「貸した物が還る」、「お金が返る」などとなぞらえ、夫婦円満・金運などのご利益がある「二見かえる」のお守りや蛙おみくじがあります。また、御朱印は通常のもの他、明治・大正期に使用していたかえるの輪注連縄の印を使用した復刻朱印が毎月23日のふみの日に授与されています。

古来より、神宮に参拝する前には、清き渚といわれる二見浦で禊を行うのが慣わしでした。現在は、二見興玉神社において霊草無垢塩草で祓い清めを受けます。

神社へのアクセスは、JR参宮線「二見浦駅」から、徒歩で約15分になります。


白馬伝説で有名な多度大社


三重県桑名市に所在し、天照大御神の第3子天津彦根命を主祭神にします。創建は、第21代天皇である雄略天皇の時代と伝えられています。商売繁盛や雨乞いのご利益があります。

天津彦根命が天照大御神の御子神であることや参詣のための街道沿いにあることから神宮との関係が深く、「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」とも謡われました。お守りは、「白馬伝説守り」など8種類あります。午の日や正月三が日、多度祭に日にち限定のオリジナルの御朱印帳があります。

白馬は神の使いとされ、祭事として「上げ馬神事」があります。境内の2メートルほどの絶壁になった急坂を人馬と共に駆け上がり、上がりきった人馬の数や順番によってその年の豊凶を占うものです。南北朝の時代から行われ、近年では観光客の人気となっています。

神社へのアクセスは、養老鉄道養老線「多度駅」下車徒歩約15分または三重交通バス約5分になります。


まとめ


三重県の神社として、伊勢神宮とゆかりのある神社を紹介してきました。ゆかりのある神社はまだたくさんあるのですが、主な神社を紹介しました。都道府県別の神社数と仏閣数をランキングで見ますと、神社数ですと全国の39位ですが、仏閣数は11位です。これは、いかに神宮の影響力が強いかを示していると思われます。皇室の御祖神であり日本人の総氏神である所以と思われます。三重県は、神社巡りには魅力的なところです。


追記

伊勢市に神社と書いて、かみやしろと読む神社小学校があります。この小学校は、令和3331日に廃校となり、4月からは大湊小学校と統合して「みなと小学校」となります。神社小学校の校歌のなかで、「光みなぎる神社」、「いつもはつらつ神社」、「夢もふくらむ神社」と謳われています。これを見ても、神宮の影響力の強さがわかります。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方