化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

ニキビができそう!顎、鼻、赤ニキビ、かゆい、中学生、オロナイン、吹き出物、眉間、冷やす、しこり、触ると痛い、対処

思春期の頃からほとんどの人が一度は経験するのが’ニキビ’です。

大人になると’吹き出物‘といわれることが多いですが、どちらも同じものです。

にきびは、顎や鼻、眉間などの目立つ場所にできることが多く、中学生女子・男子にとっても悩みの一つです。

ニキビは日常的に肌を清潔に保つことも大切ですが、悪化すると最悪、痕が残ることもあるため、

ニキビになりそうな赤みを見つけたり触ると痛いところがあったりとニキビができそうな予感を感じたときの初期のケアがとても大切です。


そこで今回は、

・ニキビの原因

・ニキビの予防対処法と治し方

・ニキビができそうと感じたら

を紹介します。


ニキビの原因


<ニキビの種類>

 ニキビができそうな時にはその原因を知ることからです。

ニキビの原因は主に4つの種類があり、見分け方は色で見分けることができます。

 ◎白ニキビ

初期によくみられます。皮脂がつまった毛穴が白っぽく見えます。

   炎症を起こしているわけではないので、痛みはありません。

◎黒ニキビ

白ニキビが進行すると、皮脂が盛り上がり毛穴から出るため空気により酸化し黒っぽく見えます。

黒ニキビも炎症を起こしているわけではないので、痛みはありません。

◎赤ニキビ

黒ニキビがさらに進行すると、毛穴につまった皮脂でアクネ菌が増殖し炎症反応を起こします。

腫れたり痛みを伴ったりしますが、潰してしまうと炎症がひろがったり跡が残ったりするため、

なるべく触らないようにしましょう。

◎黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化すると、ニキビが化膿し、膿がたまってしまいます。

跡が残る可能性が高いため、皮膚科を受診し適切な処置をうけましょう。

<ニキビの原因>

    ① 皮脂の分泌が多くなる

思春期には性ホルモンの影響を受けやすく、皮膚から分泌されている皮脂が多くなると、

毛穴に皮脂がつまり炎症を起こしてしまいます。

    ② 毛穴がつまる

皮膚は、約4週間という一定のサイクルで常に新しい皮膚細胞に変わる’ターンオーバー’を続けています。このターンオーバーのサイクルが乱れると、古い皮膚細胞がはがれず厚くなり毛穴をふさいでしまうため炎症が起き、ニキビとなります。

    ③ アクネ菌が多くなる。

ニキビの原因として知られるアクネ菌は実は誰もが常に持っている菌です。

毛穴がつまり皮脂がたまるとアクネ菌は増殖するため炎症が起きます。


ニキビが出来そうな時がわかったところで次は解決方法です。


ニキビの予防・対処法と治し方


ニキビは、日常的に肌を清潔に保ち予防することが大切ですが、出来てしまった時は早めのケアが大切です。

<ニキビの予防方法>

 ◎規則正しい生活を。

 寝不足になってしまうと、ターンオーバーが乱れるため、ニキビができやすくなります。

 なるべく規則正しい生活をこころがけましょう。

 ◎体を冷やさない。

 体が冷えるのは血流がわるくなり、代謝が低下している証拠です。肌に栄養が行き届かなかったり、肌が乾燥してしまったりするため、ニキビができやすくなります。特に夏は暑いので、クーラーや冷たい飲み物で体が冷えてしまいがちですが、冷やすことに対してもお風呂にゆっくりつかったり適度な運動をしたりするなど温めることで体を温めてあげましょう。

 ◎肌への刺激は避けてたっぷり保湿。

赤ニキビや黄ニキビになると、痛みや痒みによりかゆいこともあり触ってしまいますが、なるべく触らず潰してしまわないように注意しましょう。痕が残ってしまう場合があります。どうしても気になる方は、ニキビを保護するニキビパッチを貼ると良いでしょう。また、ニキビの事を考えると、しっかり洗顔をしてしまいがちですが、洗顔時間が長いことも肌への刺激となっています。ぬるめのお湯で1分以内を目安に優しく洗いましょう。洗顔後は、すぐに保湿してあげることも大切です。べたつきが気になる方はさっぱりとしたテクスチャーのものもあるのでおすすめです。

<ニキビを治す方法>

ニキビができてしまった時でも、上に挙げた予防法が鉄則ですが、

  ニキビがなかなか治らない・悪化している時は皮膚科を受診し薬を処方してもらいましょう。

 ニキビに似た症状に粉瘤と呼ばれるものがあります。においや見た目、しこりがあるかなどの触り心地の違いがありますが一例にすぎません。粉瘤の場合は手術により取り除くことが必要なため、見分けがつかない場合についても皮膚科の受診が必要です。

またドラッグストアには、ニキビ専用の市販薬が多く販売されています。

ニキビ治療にオロナインもよく聞きますが皮膚への刺激が強いため、安易に使用しない方が良いといわれています。医師・薬剤師・登録販売者に相談しましょう。


ニキビができそうと感じたら


ニキビの治療は、肌の状態をよくする事が主なので、治る過程もゆっくりで即効性はありません。

日常的に対策をすることが大切です。


おそらくみなさんのなかには知恵袋やブログなども読んでいる方もいるでしょう。

メイクをして苦労して隠すこともあるでしょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方