トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

防犯カメラを見せてもらう方法、マンション、防犯カメラを見せてもらうには、監視カメラ、見せてもらう、店

防犯カメラはコンビニなどの駐車場やマンションなどの出入り口に防犯目的の証拠として設置しています。


基本的に防犯カメラ、監視カメラの映像は管理者以外は見ることが出来ません。

例えば、駐車場で自分の車を当て逃げされた時など、犯人を特定したい場合は自分で確認する事は

出来ませんが、警察に連絡して警察が見ることが出来ます。

では、取り扱い。

防犯カメラを見せてもらうには、

自分が防犯カメラを見たい場合は方法があるのでしょうか。

そこで今回は

・防犯カメラの設置個所

・防犯カメラを見せてもらう方法

・防犯カメラを見る権利について

・防犯カメラを見る方法

・よくある質問

について紹介します。



防犯カメラの設置個所



防犯カメラは、防犯目的で設置します。その設置場所は屋外や屋内など目的によって様々です。

ここでは、屋内と屋外に分けて基本的な設置場所や設置方法を紹介します。

【屋外】

出入口

不審者を出入り口からの侵入を防ぎ撮影する目的があります。

設置場所は、出入り口の上部に入り口に向かって設置します。

駐車場や駐輪場

車上荒らしや盗難を防ぐ為に設置します。

設置場所は、近くに屋根がある自宅や敷地内の場合、全体が監視できる建物や屋根部分に設置します。

また周りに建物がない場合は、ポールを建てて防犯カメラを設置します。

建物の外周

建物の外周は死角が多いので空き巣や不審者の侵入口として狙われやすいです。

設置場所は、建物の中で外周を撮影できる場所か、難しい時はポールを建てて設置します。

屋外に防犯カメラを設置する時は「防水仕様」「夜間監視」の機能が付いたものを選びましょう。

【屋内】

オフィイス

人の出入りが多く重要書類があるオフィイスでは、威嚇効果があります。

防犯カメラのタイプは、広範囲が撮影できるドーム型が一般的です。死角になりそうな部分などは、

ボックスタイプにするなど場所によって選ぶようにしましょう。

店舗

店舗での設置は、「ボックスタイプ」を設置すると良いです。

店内での設置は、広範囲が撮影できる「ドーム型」が良いでしょう。

店舗や店内では、レジ周りや入り口など不正防止や不審者抑止の目的で設置します。

自宅

最近では個人宅にも防犯カメラを設置する人も増えてきています。

室内で設置する場合は、工事の必要のないコンパクトな「置き型タイプ」がよいでしょう。

屋外の場合、玄関や勝手口などの出入り口や窓側に設置しましょう。

不審者が入りそうな出入り口や窓側に設置することで防犯対策となります。



防犯カメラを見せてもらう方法




基本的に、何処の防犯カメラでも見ることは出来ません。

見たい場合は警察に相談して、「開示依頼書」を作成してもらい、警察と一緒に見ることが出来ます。

時間が経過している場合は、録画の映像となります。

基本的に、個人で防犯カメラを見ることが出来ません。

ただし、警察や弁護士などに相談し、警察や弁護士と一緒なら映像を確認してもらうことが出来ます。

ここでは、見せてもらえない理由を紹介します。

【賃貸マンションやアパート】

賃貸マンションやアパートの場合、オーナーや管理会社に事情を説明すれば見せてくれます。

分譲マンションの場合は、管理組合の許可が必要なので、管理会社化管理組合の理事長に事情を説明して、

許可が出れば見せてもらることがあります。

【スーパーなどのお店】

通常は見ることは出来ません。

その理由は、何かの犯罪に利用されたり、プライバシーの流出させる行為だからです。

【駅】

防犯カメラの開示は警察でも令状が必要です。警察に対しては、協力提出という事もあり得ますが、

個人に対して開示はしてくれません。

【コンビニ】

コンビニの防犯カメラは、一般人では「個人情報保護」の為、見ることが出来ません。

警察や弁護士などであれば見せてもらえます。

どうしても見たい場合は、警察に事情を説明して被害届を出せば調べてくれます。



防犯カメラを見る権利について



自分に対して事件や事故があった場合、誰がやったのか防犯カメラで確認したいものです。

基本的に、防犯カメラの映像は管理者以外は見ることが出来ません。

どうして見れないのでしょうか。

ここでは、防犯カメラを見る権利について紹介します。

1.なぜ防犯カメラの映像を見せてもらえない?

プライバシーの侵害になる

防犯カメラには、自分だけでなくトラブルを起こした相手以外にも関係ない人も映っていることが多いです。

防犯カメラの映像は「個人情報」なので、安易に他の人に見せると「プライバシーの侵害」になります。

例えば、マンションの駐車場で車上荒らしにあった場合、管理人に頼んで防犯カメラを見たとします。

その時、車上荒らしと関係ない人も映っていますが、後日映像を見た住人がその内容を他の人に話すと、

更に別のトラブルが発生する原因となります。その責任は「映像を見せた管理人が負わない」ので簡単に

映像を見ることが出来ません。


2.防犯カメラの映像が見たい場合は?

警察を通して依頼する

どうしても防犯カメラの映像を確認したい場合は「警察を通して映像の開示請求」するのがよいでしょう。

この時に理由を警察に詳しく説明する必要があります。曖昧な理由では映像を確認することは出来ません。

警察に相談することで、防犯カメラを確認できる上、トラブル解決に協力してもらえる可能性があります。


事件や事故が合っても、個人では見る権利がないので注意しましょう。



防犯カメラを見る方法



防犯カメラを見る方法は、いくつかあります。

ここでは、見る方法を3つ紹介します。

自分(管理者)が設置した場合の見る方法です。

他の防犯カメラを見せてもらうことは出来ないので注意してください。

記録装置とパソコンを接続

NAS(ネットワークアタッチトストレージ)」や「HDD(ハードディスクドライブ)」など、

防犯カメラ映像の記録装置に接続してみることが出来ます。インターネット回線の影響を受けないので、

映像を見るには記録装置のある場所まで行かないといけません。

②SDカードなどの記録メディアを接続

防犯カメラには、SDカードなどの記録メディアへ保存できるものがあります。パソコンなどを記録メディアに

接続して確認するのでネットワークなどの配線は必要ありません。

防犯カメラを見るためには、防犯カメラから記録メディアを出し入れする必要があります。

インターネット経由でスマホやパソコンから見る

最近では「ネットワークカメラ」というネットに接続できる防犯カメラがあります。

ネットなどを経由しNVR(ネットワークビデオレコーダー)などに接続することで映像を確認できます。



よくある質問



ここでは、よくある質問を紹介します。

防犯カメラを見せてほしいと警察が来た場合はどうすればいい?

【回答】

この場合は、警察に映像を提供する事をオススメしますが、拒否することも出来ます。

警察に「見せて下さい」と依頼されても簡単に映像を見せてしまうとトラブルや問題が発生する可能性が

あります。必ず警察から「捜査関係事項照会書」を貰ってからにしましょう。

防犯カメラの保管期間は?

【回答】

映像を保管する期間は、公的機関が定める規定はありません。

個人の判断によって異なりますが、業務形態別の保管期間の目安は次の通りです。

業務形態

保管期間

自宅

1週間程度

コンビニ

1週間~1か月程度

銀行ATM

1か月~3か月

金融機関

1か月~1年間

防犯カメラの設置費用はいくら?

【回答】

防犯カメラを導入するには、設置工事が必要です。

一般工事で「4万円程度」掛かります。

セットで導入する場合は、工事費用と防犯カメラ代を合わせて「14万円程度」掛かります。

導入費用は、防犯カメラや工事業者で変わるので、事前に見積もりをしてもらうと良いでしょう。


まとめ



今回は、防犯カメラの設置場所や見せてもらう方法など紹介しました。


設置場所は屋内や屋外がありますが、広範囲が撮影できる場所に設置します。

見せてもらう方法は、自分一人では見ることが出来ません。警察に相談して「開示依頼書」を作成してもらい

管理者に見せれば警察と一緒に見ることが出来ます。


事故などに遭遇して防犯カメラが見たい場合は、今回の記事を参考にしてみて下さい。

自分が防犯カメラを設置し見る方法も紹介しているので、こちらも参考にして下さい。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方