化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

日枝神社。猿が招く人気パワースポット

 日枝神社は、京都の祇園祭・大阪の天神祭とともに「日本三大祭」に数えられる「山王祭」でその名を広く知られています。日枝神社には、他の神社には見られないところがあります。他の神社では社殿に狛犬が置かれていますが、日枝神社では猿の像が置かれているのです。日枝神社が授けるご利益も猿にまつわるものです。「神社に猿、どうして?」と思う人もいるでしょう。これから、驚きの日枝神社を紹介していきます。


日枝神社の所在地と日枝神社までのアクセス



日枝神社は、東京都千代田区永田町にあります。国会議事堂のすぐ近くで、赤坂に隣接したところになります。

日枝神社までのアクセスには、何通りかの方法があります。次の通りです。

〇 電車を利用する場合

  • 地下鉄千代田線赤坂駅下車、徒歩約3

  • 地下鉄千代田線国会議事堂前駅下車、徒歩約5

  • 地下鉄南北線・銀座線溜池山王駅下車、徒歩約3

  • 地下鉄銀座線・丸の内線赤坂見附駅下車、徒歩約8

〇 車を利用する場合、首都高霞が関ICより約5分(駐車場はあります)



日枝神社の変遷と日枝神社の神様



日枝神社の創建年代は不詳ですが、変遷の概略は次の通リです。

  • 武蔵野開拓の祖神として、また江戸郷の守護神として江戸氏が山王宮を祀る

江戸氏は鎌倉幕府の御家人で、武蔵国江戸郷を領していました。

  • 1478年、太田道灌が江戸城築城にあたり、鎮護の神として山王宮を勧請する

これが、日枝神社の始まりとされています。

  • 1590年、徳川家康が江戸城を居城とした際に、江戸城の鎮守とする

  • 1604年、2代将軍秀忠による江戸城改築の際に、社地を江戸城外の麹町に遷座

このことにより、日枝神社に庶民が参拝できるようになりました。

  • 1659年、1657年の「明暦の大火」により社殿が焼失したことから赤坂の溜池に遷座

この地は、江戸城から見て裏鬼門(南西)に位置することから、日枝神社は裏鬼門を守護することになります。ちなみに、鬼門(北東)を守護するのは神田明神です。

  • 1958年、太平洋戦争での東京大空襲により社殿が焼失したことから現在地に再建し、遷座


日枝神社の神様として祀られているのは、主祭神として大山咋神(おおきよくいのかみ)、相殿に国常立神(くにのところたちのかみ)と伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)の3柱です。

大山咋神の「咋」は「主」という意味で、大山の主であるとともに、地主神として山や水を司り、大地を支配し万物の成長発展・産業万般の生成化育を守護する神です。国常立神は国土形成の神であり、伊弉冉神は国生み・神生みを行った神、足仲彦尊は第14代天皇である仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)です。父は日本武尊(やまとたけるのみこと)、子は第15代天皇応神天皇です。



日枝神社のご利益と猿との関係


日枝神社で授けていただけるご利益には、厄除け・安産・縁結び・商業繁盛・社運隆昌などがあります。日枝神社には猿の像が置かれていますが、猿は神様と人間の間を取り持つ存在として、昔から敬われる存在でした。日枝神社の主祭神である大山咋神が山の神ということもあり、山を守る存在であった猿が神の使いとして日枝神社に置かれるようになったのです。山を守る存在であったことから、木や生き物を生み出し育てたと伝えられています。それにあやかって物事を生み出す、発展させることから日枝神社が商売繁盛や社運隆昌を叶えてくれるといわれています。

「さる」と読まれることから勝る(まさる)、魔が去る(まがさる)とも考えられ、日枝神社を勝運の神社や魔除けの日枝神社とされたのです。日枝神社は仕事運や出世運が強く、日枝神社はサラリーマンに人気のパワースポットといわれる所以なのです。また「えん」とも読まれることから縁(えん)を運んできてくれるとも考えられています。日枝神社は恋愛運が強いといわれる所以です。

日枝神社に置かれている猿の像にはオスとメスがあり、メスは子を抱いています。メスには、子宝や安産を叶えてくれるといわれています。女性には人気のパワースポットです。

日枝神社のお守りやおみくじ、絵馬、日枝神社の御朱印帳にも猿をモチーフしたものがあり人気を博しています。

日枝神社では、厄除けや安産、縁結び、お子授け、お宮参り、七五三、社運隆昌、商売繁盛などの御祈祷もしていただけます。日枝神社で七五三をした子供には日枝神社オリジナルの「巫女リカちゃん」が記念品として配られています。日枝神社での七五三に関しては、http://www.gokigan.jp/kojin/753/index.htmlで確認できます。


特徴的な日枝神社の鳥居


日枝神社には、表参道(男坂)・裏参道・西参道の三か所に鳥居があります。上部の屋根(破風)の形が手を合わせて合掌している感じです。これは、神道と仏教を合わせて一つにしていること(合一ともいう)を表しています。山の形にも見えます。これは、日枝神社の主祭神である大山咋神が山の神であることに由来しています。この形は、日枝神社以外では日吉大社(滋賀県大津市)で見ることができます。

表参道(男坂)は社殿の正面に一直線に通じており、上昇運アップのパワースポットです。ただ、急な階段のため、足腰の悪い人には危険な場合などがあるかと思います。そのような人には、裏参道がおすすめです。エスカレーターが付いています。裏参道を上ったところに日枝神社の社務所があリ、その前に桜の木があります。本数は少ないのですが、一本一本が大きな木なので花が咲くと見応えがあります。


日枝神社の主な行事と結婚式


日枝神社で行われる主な行事と日枝神社での結婚式について紹介します。日枝神社で行われる主な行事は次の通りです。

〇 初詣

正月三が日の日枝神社への参拝客は約30万人といわれています。最も混雑するのは元旦の0時で、次は元旦の10:0016:00になります。待ち時間は、混雑状況にもよりますが30分程度のようです。混雑を避けたい場合は、4日以降の夜間か、早朝参拝がおすすめです。

〇 神符焼納祭(115日)

正月飾りや古い神札・お守りをお焚き上げする日枝神社の神事です。

〇 節分祭(22日)

日枝神社では芸能人や有名人が参加することで有名です。一般の人も豆のまき手として参加できます。

〇 山王祭(67日~17日)

日本三大祭りの一つに数えられ、また江戸時代には江戸三大祭りの一つに挙げられ「天下祭」といわれた日枝神社の祭礼です。

〇 大祓並鎮火祭(630日、1231日)

知らず識らずに犯した罪・穢や災を人形に移し、また「茅の輪」をくぐることによって心身を祓い清める日枝神社の神事です。


日枝神社では結婚式を挙げることができます。式場は、日枝神社内の「日枝あかさか」と日本橋日枝神社の「御旅所」どちらかを選択できます。日枝神社の御旅所とは、日枝神社の御神体を載せた神輿や山車が一時的に滞在する場所のことです。

日枝あかさかでは、写真室も備わっており、カフェやランチなどの食事がとれるところもあります。日枝神社周辺のホテルでの相談会も開催しています。


まとめ


日枝神社について、ご利益と猿との関係などを紹介してきました。日枝神社は仕事運や恋愛運に強いパワーを持つ神社です。また、日枝神社は徳川幕府と縁の深い神社です。日枝神社を通して、江戸のまちをも学べます。日枝神社は、是非訪れたい神社の一つです。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方