トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

東京都心の中心赤坂にたたずむ神社

赤坂は、江戸時代には武家屋敷が立ち並び、明治時代に入ると東京都心部有数の邸宅街として発展していきます。更に戦後は、銀座と並ぶ高級な繁華街として栄華を極めました。現在では、オフィス街の一面も持つようになりました。街の姿が変遷している赤坂ですが、一方で神社仏閣が残り、歴史的な一面も持ち合わせている街でもあります。都心の中心部にたたずみ、人々にご利益を授けていただける赤坂の神社を紹介します。


縁結びで有名な氷川神社


創建は、951年です。1730年に江戸幕府第8代将軍徳川吉宗の命により、武蔵国豊島郡一ッ木村(現在の赤坂五丁目)から現在地に遷座しました。港区白金にある白金氷川神社・元麻布にある麻布氷川神社と区別するため、赤坂氷川神社とも呼ばれます。

祭神は、素盞鳴尊(すさのうのみこと)、奇稲田姫命(くしまだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)の3柱です。盞鳴尊は天照大神(あまてらすおおみのかみ)の弟で、農業・穀物の神です。五穀豊穣・厄除け・開運・縁結びなどのご利益をもたらしてくれます。奇稲田姫命は盞鳴尊の妻で、縁結び・夫婦和合・金運招福・厄除け・開運などのご利益をもたらしてくれます。大己貴命は大国主命(おおくにのぬしのみこと)のことで、国造の神であり農業の神でもあります。縁結び・夫婦和合・子授け・病気平癒・商売繁盛などのご利益をもたらしてくれます。

縁結びにご利益がある神社として有名で、人気のある神社です。東京大神宮(千代田区富士見二丁目)、出雲大社東京分祠(港区六本木)とともに「東京三大縁結び神社」に数えられています。神社での結婚式も執り行われています。

社殿は、安政の大地震、関東大地震、東京大空襲の被災を奇跡的に免れているため江戸時代の神社の姿を残し、どんな災難にも耐える厄除けのパワーポイントです。

御朱印は通常のものの他に、七夕・例大祭など季節毎に期間・枚数限定のものがあります。御朱印帳は神社オリジナルのものの他に、「東京十社巡り」の御朱印帳を手に入れることができますが、十社以外には使えません。十社とは、芝大神宮(港区芝大門)・品川神社(品川区北品川)・日枝神社(千代田区永田町)・白山神社(文京区白山)・王子神社(北区王子本町)・根津神社(文京区根津)・神田神社(千代田区外神田)・亀戸神社(江東区亀戸)・富岡八幡宮(江東区富岡)の神社です。

神社へのアクセスは、地下鉄千代田線「赤坂駅」、日比谷線・大江戸線「六本木駅」、銀座線「溜池山王駅」で下車するのが便利です。いずれも駅から徒歩で約8分です。


勝負運・恋愛運の神社、乃木神社


創建は、1923年(大正12年)です。祭神は、乃木希典将軍と静子夫人です。乃木希典は、日清日露戦争で活躍した陸軍大将で学習院大学の学長も務めました。1912年(明治45年)に明治天皇が崩御した際には、夫人とともに殉死しました。乃木希典は忠誠心・文武両道の神として、夫人は夫婦和合の神として祀られています。

勝負運・恋愛運の神社として信仰されています。結婚式も執り行われています。

御守の「よりそい守り」は婚活中の人に人気で、「つれそい守り」は夫婦に人気です。また、将軍が愛したひょうたんの形をした「乃木ひょうたん」や勝負運・仕事運アップの「勝守」も人気です。乃木神社オリジナルの御朱印帳があります。

神社へのアクセスは、地下鉄千代田線「乃木坂駅」で下車します。神社は、駅のすぐ近くにあり15メートルほどの距離です。


縁切り祈願ができる豊川稲荷東京別院


寺院でありながら、稲荷神を祀っている赤坂にある寺院です。江戸時代の名奉行といわれる大岡越前守忠相が豊川稲荷妙厳寺(愛知県豊川市)から吒枳尼天(だきにてん)を赤坂一ツ木(現在の赤坂五丁目)の大岡邸に勧請し、屋敷稲荷として祀ったのが由来とされています。大岡邸では日を定めて庶民の稲荷への参拝を許していましたが、その後妙巌寺が信徒の要望により赤坂一ツ木の大岡邸の一部を借り受けて豊川稲荷の江戸参詣所を建立したのが東京別院の始まりです。1828年になります。別院は、赤坂の他に札幌・横須賀・大阪・福岡にあります。

江戸時代には、江戸を中心とした稲荷信仰が流行し稲荷神社が多くなります。流行と共に、赤坂をはじめとした江戸のまちの至る所で屋敷稲荷も見かけられるようになります。また、神仏習合思想において仏様である吒枳尼天とも習合したため、赤坂に限らず他の地域の寺院でも祀られるようになります。

授けていただけるご利益は、良縁・縁切り・対人運・技芸運・商売繁盛・家内安全などがあります。

境内には七福神の全てが祀られていますが、その中の弁財天は音楽・弁才・知恵を司る神様です。明治時代以降の赤坂は花柳界が発展し、芸道を生業とする人たちからの信仰が増えました。現在では、ジャニーズ事務所所属のタレントをはじめ芸能人からの信仰を集めています。また、因縁除けの守護神である叶稲荷は、土地・家・方位・厄除けなど全ての悪縁を取り除いてくれる神様です。人との縁を切りたいなどと願っている人たちが多く参拝に来ています。

結婚式も執り行っていますが、神社ではないので、仏前になります。オリジナルの御朱印帳があります。季節の草花や和模様・雷神風神・招き猫などバラエティー豊かな柄で色のバリエーションも豊富です。

アクセスは、地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」か有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」で下車し、いずれも徒歩で約5分になります。


仕事運・恋愛運の神社、日枝神社


赤坂に隣接した政治の中枢である千代田区永田町にあります。国会議事堂のすぐ近くになります。創建年代は不詳ですが、太平洋戦争による東京大空襲で社殿が焼失したことから、1958年に赤坂の溜池から現在地に遷座しました。

神社に祀られている神は、主祭神として大山咋神(おおきよくいのかみ)、相殿に国常立神(くにのところたちのかみ)と伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)の3柱です。大山咋神の「咋」は「主」という意味で、大山の主であるとともに、地主神として山や水を司り、大地を支配し万物の成長発展・産業万般の生成化育を守護する神です。国常立神は国土形成の神であり、伊弉冉神は国生み・神生みを行った神、足仲彦尊は第14代天皇である仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)です。父は日本武尊(やまとたけるのみこと)、子は第15代天皇応神天皇です。

日枝神社には、二つの特徴があります。その一つは、社殿に狛犬ではなく猿の像が置かれていることです。神社から授けられるご利益も猿にまつわるものです。猿は神様と人間の間を取り持つ存在として、昔から敬われる存在でした。主祭神である大山咋神が山の神ということもあり、山を守る存在であった猿が神の使いとして神社に置かれるようになったのです。山を守る存在でもあったことから、木や生き物を生み出し育てたと伝えられています。それにあやかって物事を生み出し、発展させることから商売繁盛や社運隆昌のご利益があるといわれています。猿が「さる」と読まれることから勝る(まさる)、魔が去る(まがさる)と考えられ、勝運の神社とか魔除けの神社といわれるようになったのです。仕事運や出世運が強い神社です。サラリーマンに人気のパワースポットといわれる神社でもあります。また「えん」とも読まれることから縁(えん)を運んできてくれるとも考えられています。恋愛運が強い神社といわれる所以です。神社に置かれている猿の像にはオスとメスがあり、メスは子を抱いています。メスには、子宝や安産のご利益があるといわれています。女性には人気のパワースポットです。御朱印帳にも猿をモチーフしたものがあり人気を博しています。

二つ目の特徴は、神社の表参道(男坂)・裏参道・西参道の三か所にある鳥居の形にあります。上部の屋根の形が手を合わせて合掌しているように見えます。これは、神道と仏教を合わせて一つにしていることを表しています。山の形にも見えます。これは、主祭神である大山咋神が山の神であることに由来しています。この形は、日枝神社以外では日吉大社(滋賀県大津市)で見ることができます。表参道(男坂)は神社社殿の正面に一直線に通じており、上昇運アップのパワースポットです。ただ、急な階段のため、足腰の悪い人には危険な場合などがあるかと思います。そのような人には、裏参道がおすすめです。エスカレーターが付いています。

結婚式を執り行うこともできます。式場は、神社内にある「日枝あかさか」と日本橋日枝神社御旅所です。どちらかを選択できます。

神社へのアクセスは、次の通りです。

  • 地下鉄千代田線「赤坂駅」下車、徒歩約3

  • 地下鉄千代田線「国会議事堂前駅」下車、徒歩約5

  • 地下鉄南北線・銀座線「溜池山王駅」下車、徒歩約3

  • 地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」下車、徒歩約8



まとめ


赤坂にある「氷川神社」・「乃木神社」の2社と、寺院でありながら稲荷神を祀る「豊川稲荷東京別院」、そしてかつては赤坂の地に遷座していた「日枝神社」を紹介してきました。街は変化して行きます。その中で歴史的な重みを持っているのが神社です。東京には、東京都神社庁に所属している神社が1,398社あります。神社は授けてくれるご利益にもそれぞれ特徴があります。願いを叶えたい人、歴史的な構造物として神社に興味のある人、御朱印帳が好きな人も神社巡りをしてみてはいかがですか。


追記、大阪市平野区に赤坂神社がありますが、東京の赤坂とのつながりはないようです。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方