化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

信仰の山。富士山と浅間神社。日本人の心のよりどころ。

日本では古来より山を神聖し、崇拝してきました。一方で、火山である山は畏怖の念も持たれました。富士山は優美な姿を持つことあり、はるか昔から信仰されました。富士山を神格化し、これを祀る神社は浅間神社と呼ばれ、神社数は、北は北海道から南は広島県までの範囲に実に約1,300社に及びます。この巨大な浅間神社の総本宮である富士山本宮浅間大社を紹介します。


富士山信仰と浅間神社


古来から人々は、水源・鉱山・恵みをもたらす森林・雄大な容姿の山には畏敬の念を持ち、火山などには畏怖の念を持っていました。山や森には神奈備(かんなび)という神が鎮座するとされ、神や御霊が宿る、あるいは降臨する場所と信じ信仰されていました。富士山や阿蘇山(熊本県)・浅間山(長野県・群馬県)などでは、火山の噴火への恐れから火山に神がいるとみなし信仰されてきました。

富士山を信仰対象としている浅間神社は、当初「あさま」と称していましたが、中世以降に「せんげん」とも称するようになったといわれています。「せんげん」・「あさま」・「あそ」は、火山を示す言葉とされています。長野県軽井沢町に浅間神社(あさまじんじゃ)があります。この神社は、浅間山を信仰の対象とした神社です。

浅間神社には、富士山を神格化した浅間大神(浅間神)を祀る神社と木花之佐久夜毘売命(このはなさくさやひめのみこと)を浅間大神としてみなして祀る神社とがあります。木花之佐久夜毘売命は、天照大御神(あまてらすおおみのかみ)の孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と結婚し、火照命(ほでりのみこと、海幸彦)・火須勢理命(ほすせりのみこと)・火遠理命(ほおりのみこと、山幸彦)の3人の子を産みます。火遠理命の孫が、初代天皇の神武天皇なります。木花之佐久夜毘売命は、名前から「桜の花の咲くように咲き栄える女性」と考えられています。木花(このはな)は、桜の古い呼び方で浅間神社のご神木です。

富士山は、古くは「福慈神」・「不尽神」とも書かれるような霊妙な神山であり、日本鎮護の神山でした。しかし奈良時代末から火山活動が活発化したことにより、火山神(浅間神)として広がったのです。



浅間神社の総本宮「富士山本宮浅間大社」


富士山本宮浅間大社は、浅間神社の総本宮であり、富士山を御神体とする神社です。境内は本宮と奥宮の2つあります。本宮は静岡県富士宮市にあり、奥宮は富士宮口からの富士登山道の終着点である富士山頂にあります。

神社の創建は、第11代天皇である垂仁天皇が浅間大神を「山足の地」に祀り山霊を鎮めた紀元前27年(垂仁天皇3年)といわれています。浅間大神をお祀りした最初の神社といわれ、全国にある浅間神社の起源とされています。「山足の地」とは特定の地名ではなく、山麓の適地を選んで祭祀を行ったところと考えられています。特定の場所に祀られるようになったのは、本宮から北方約6キロメートルの山宮(現在の山宮浅間神社)に祀られてからのことです。山宮は、社殿がなく、古木・磐境を通して直接お祀りする古代祭祀の原初形態を残す神社でした。現在は浅間神社の元宮と呼ばれ、今でも社殿はなく、遥拝場と祭壇だけの神社です。

806年第51代天皇である平城天皇の勅命により、山宮から現在地の大宮(現在の富知神社)に遷座します。富知神社は現在本宮境内の北方に鎮座しています。元々大宮に鎮座していた地元神である神社です。湧玉池(わくたまいけ)を祭祀場として、富士山を水神として祀っていたとみられています。山宮から大宮への遷座は、水の神である「フクチ・フジ」を祀る神社から火の神「アサマ」を祀る神社に転換したことを表す象徴的なできごとと解されています。

明治時代は、「富士山本宮浅間神社」が正式名でしたが、1982年に現在の名称になります。これは、同格の神社が「大社」を称していたことからそれに準じたことのようです。

主祭神は、木花之佐久夜毘売命です。家庭円満・安産・子安・水徳の神とされ、火難消除・安産・航海・漁業・農業・機織などの守護神です。その美しい容姿が、富士山の美しい山容を形容したともいわれています。相殿神として、夫である瓊瓊杵尊と父である大山津見神(おおやづみのかみ)が祀られています。伝統のある神社です。

神社では、お宮参り・七五三・安産祈願・結婚式良縁・厄除・火難消除などの祈願を執り行っています。お守りは健康のご利益のあるといわれる「富士山頂守り」や、美しい女性になるというご利益があるといわれる「美守」などがあり人気です。

御朱印は、奥宮にもあり、オリジナルの御朱印帳があります。

神社の行事としては、初詣の他に2月の節分祭・4月の桜まつり・5月の流鏑馬祭・11月の例祭などがあります。流鏑馬祭は、源頼朝が富士の裾野で巻き狩りをした際に、浅間神社に武運長久・天下泰平を祈り、奉納したのが始まりとされています。浅間神社は武家からも崇敬されていたのです。現在ある本殿・拝殿・楼門などは徳川家康が寄進したものです。

参拝時間は、月によって異なります。注意が必要です。

  • 11月~2月、6:0019:00

  • 3月・10月、5:307:30

  • 4月~9月、5:0020:00

神社へのアクセスは、次の通りです。

〇電車を利用する場合

  • 新幹線「新富士駅」よりタクシーで約30

  • 新幹線「新富士駅」~バス~東海道線「富士駅」~身延線「富士宮駅」下車、徒歩で約10

〇高速バスを利用する場合には、東京駅から富士宮間で利用できます。

〇車を利用する場合

  • 東名富士ICより西富士バイパス経由で約20

  • 東名新富士ICより西富士バイパス経由で約15

専用の駐車場があります。



富士山と浅間神社が世界文化遺産に登録


2013年に富士山とその周辺にある神社・登山道・風穴・溶岩樹形・湖沼などが、世界文化遺産に登録されました。周辺の神社・登山道・風穴・溶岩樹形・湖沼などは、富士山の価値を構成する構成資産であるとされています。その登録名は、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」です。登録された浅間神社は、次の通りです。

  • 富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)

  • 三宮浅間神社(静岡県富士宮市)・・・本殿・鳥居がなく、遥拝場と祭壇だけの古代祭祀形態を残す神社。神社からの眺めは抜群。

  • 村山浅間神社(静岡県富士宮市)・・・神仏習合の跡が残る神社で、写真撮影のスポット。

  • 人穴浅間神社(静岡県富士宮市)・・・境内に溶岩洞窟がある神社。

  • 須山浅間神社(静岡県裾野市)・・・富士登山道の須山口にあり、神秘的な神社。

  • 富士浅間神社(静岡県駿東郡小山町)・・・パワーポイントとして人気の神社。

  • 河口浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)・・・パワーポイントとして人気の神社。

  • 富士御室浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)

  • 北口本宮富士浅間神社(山梨県富士吉田市)・・・山梨県側の富士登山の入口

神社以外では、本宮境内にある湧玉池(わくたまいけ)や雄大な富士山を眺望できる類まれな景勝地である三保の松原(静岡県静岡市)などがあります。


富士山とその周辺は観光スポットでもあります。構成資産とはなっていませんが、浅間神社の一つである三国第一新倉富士浅間神社(山梨県富士吉田市)の398段の階段を上った先から見る富士山と五重塔(慰霊塔)、桜や紅葉が織りなす光景は絶景で人気のスポットです。


まとめ


富士山は、日本を象徴する山であり、信仰の対象でもあります。神社と共に日本人の心のよりどころでもあります。神社を信仰するか否かは別にして、これからも日本人の心のよりどころになる山であると思います。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方