トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

youtubeの漫画広告がうざい、不快、ブロック、早口、漫画動画広告、youtube広告、バンパー広告、面白い、漫画広告うざい、消し方、マンガ、スキップできない広告、youtube漫画広告、Youtubeプレミアム、ユーチューブ、一覧

見られるようになってきたyoutube(ユーチューブ)上の変な漫画広告。

動画を視聴しているときに、漫画動画広告。youtube広告。

途中で数回ほど

マンガ広告の

広告が入ってくるのをよく見かけます。

漫画広告うざい!と思うでしょう。

面白い広告だったり商品の宣伝だったりだったらまだしも、

不快な広告があるのも。

youtube漫画広告。


しかし、そんなうざいcmをブロックすることができます。

一番手っ取り早いのはYoutubeプレミアムに入ることです。

様々な映画やドラマやアニメなどをみることができます。


そこで今回は、

YouTubeで流れてくる広告・不快な広告とは?

YouTubeの嫌いな広告を表示させない方法

Youtubeプレミアムに入らず広告を表示させない方法

不快な広告による詐欺

youtubeの変な漫画広告


を中心に、YouTubeの広告の仕組みと消し方について解説していきます。


YouTubeで流れてくる広告・不快な広告とは?


なぜ広告を貼るの?


Youtubeとは、Googleが出資している動画配信サービス。

YouTubeにGoogle広告を載せ、

何回視聴されたかで配信者の元に広告収入というものが入ってきます。

なので、端的に言えば、その広告収入を得るためにYouTubeで広告を貼るのです。


広告の種類一覧と内容。


YouTubeの中で出てくる広告には、


スキップ可能なインストリーム広告

スキップ不可能なインストリーム広告

ディスカバリー広告

バンパー広告

の4種類があります。

インストリーム広告には2種類あり、5秒過ぎるとスキップすることができるストリーム広告、15秒間で広告は完結するがスキップできない広告になります。

後者の方は主にテレビとかでやっている商品の広告がメインなのに対し、前者の方はエロ広告だったり、Vチューバ―と呼ばれる声優によるダイエット広告が多かったりします。

ディスカバリー広告というものは、サムネイルとタイトルで構成された、動画配信者が出している動画に見せかけた広告配信方法です。

動画を視聴するときに、視聴者は見たい動画を検索します。

そこで動画がいくつか出てきますが、その動画の中に紛れ込んでいます。

クリックしなければ広告が出ないので、このタイプの広告は比較的回避しやすいです。

最後に、バンパー広告。

6秒間で完結するこの広告の配信方法は、主にウーバーイーツや出前館、携帯の料金サービスといった簡単に宣伝できるタイプのものがほとんど。

まともな広告なのが大半ですが、スキップすることができません。


これらが不快に感じると思うのであれば、ブロック方法を「広告を表示させない方法」でまとめますので、そちらを参照してください。


YouTubeの嫌いな広告を表示させない方法


広告を表示させないための一番簡単な手段は、YouTubeプレミアムに入会することですが、有料です。

月1180円の料金がかかってきてしまう他、iphoneユーザーにとっては月1550円と少し割高な金額がかかってきてしまいます。

YouTubeプレミアムは広告の削除以外にも、バックグラウンド再生やオフライン再生ができるといったメリットはありますが、広告の非表示だけでいいという人も。


しかし、YouTubeプレミアムに入会することなくwindows10やスマホで広告を削除できる方法があります。

AdBlockのインストール

まずは、このAdBlockと呼ばれるアプリをダウンロードする方法です。

chromeを開きます。

メニューボタンをクリックした後に設定画面を開き、デザイン→テーマの順でchromeストアにアクセス。

Adblockと検索を打てば、Adblockが出てくるので、chromeに追加し、同時に拡張機能も追加します。

そしていったんブラウザを閉じたあと再びchromeを開き、拡張機能を開きます。

Adblockの画鋲の部分をクリックし、青くなれば完了になります。


Mercuryブラウザを開く


chromeやinternet explore、あるいはsafariなどがネットを開くときに有名なブラウザですが、Mercuryというのをご存じだろうか。

ios、androidの双方にも対応していて、Mercuryブラウザ経由でyoutubeを見るだけで広告が出なくなるというもの。

分析から嫌いな広告を判別して、表示されなくなるため、Mercuryブラウザ経由でyoutubeを見るのも一つの手です。


不快な広告による詐欺


YouTubeで頻繁に配信されている広告。

興味本位でクリックしてしまうと、実はワンクリック詐欺だったというケースがあります。


こういった詐欺まがいのYouTube広告は、簡単に稼げる系の広告において見受けられます。

視聴者に広告を通して、このようにすれば簡単に稼げますと促して、別URLに移行させます。

移行したURLには会員登録フォームが用意されていて、個人情報を入力してしまうと、相手に情報がいってしまう他、高額な請求を要求してきます。

支払わなかった場合、違約金を取ったりウイルスを流し込んできたりするので非常に厄介です。


万が一、お金を振り込んでしまった場合は、クレジット会社に電話をしたり、警察に被害届を提出したりといった行動をとりましょう。


youtubeの変な漫画広告


YouTubeは世界で一番みられている動画配信サービスであり、暇な時間があれば大半の人がYouTubeで暇をつぶします。

そこには早口だったり不快だったりとした広告が出てくることもあり、その中には詐欺を装ってくるものもあります。

しかし、動画配信者は広告を流すことで収入を得ているため、広告を完全に撤廃してしまうと、配信者の生活に影響が出てしまいます。


youtube上では、ユーザーの意向を無視した宣伝をしたり、一方的な勧誘をしたりといったことは禁止となっています。

そのため、本来ならばこういった不快な広告は消えてほしいものですが、

随分と前から流れているのにも関わらず、

理由もわかっていません。


動画配信者のことも考えて、広告が流れてしまうのは仕方ないことです。

しかし、もしこの広告が不快だなと感じるのであれば、広告を表示させない方法を通して回避してみるのも一つの手でしょう。

今回は、YouTubeに出てくる広告、そしてその消し方、広告による詐欺について紹介しました。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方