トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

Apple Musicのダウンロードが消える、自分で取り込んだ曲、消えた、icloudミュージックライブラリ、オフ、知恵袋、icloud、iphone、ダウンロードした曲が消えた、容量、雲マークに戻る

Apple Musicのダウンロードした曲が消える、消えた、ダウンロードした曲が消えた。

ダウンロードできなかったり。購入した曲が消えたり。

そういったことが起こる原因は基本的に「設定」と「確認」ができていないことです。

使用する前に

icloudミュージックライブラリなど

正しい使い方を知っておきましょう。


Apple Musicの使い方


Apple MusicはAppleが提供する定額制音楽ストリーミングサービスであり、主に三つのプランでわかれ、それぞれの月額料金を払うことで多数の曲を聴くことができます。アップルミュージックを使えば自分で取り込んだ曲はどこでも聞けて、パソコンなどと同期しておけば他のiPhoneに移すこともできます。プランは個人、家族、学生と別れており、自分や家族の用途によって選び、Apple Music本アプリからログインして登録作業を行います。各プランの内容は後ほど解説します。


ダウンロードが消える原因と対処法


Apple Musicのダウンロードが消えてしまう原因は大きく5つあります。

①ストレージに余裕がない

ダウンロードしたのに雲マークが出てくることがあります。そのときはスマートフォンの容量にあまり空きがなかったり、容量が少なかったりしてダウンロードができない状況であることが多いです。空き容量を確保すると解消されますが、iOSには空き容量を最適化する仕組みが整っています。デバイスの空き容量が少なくなるとファイルなどで不要なものがあったときに自動的に削除してくれるシステムなどがあるので、それがちゃんと作動しているか確認しましょう。

②メンバーシップの期限切れ

 メンバーシップの更新のとき、自動更新がオフになっていたり、支払いの残高が残っていなかったりすると自動的に解約されてしまいます。もちろん解約したら曲が消えるのでサブスクリプションで確認して解約されないようにしましょう。設定からApple IDを開き、そこにあるサブスクリプションをタップすると確認できます。

③ミュージックライブラリがオフになっている

 ダウンロード済みの曲が表示されない、ダウンロードができないといったときは、iCloudのミュージックライブラリがオフになっていることが考えられます。iCloudミュージックライブラリがオフになっていると、iTunesから取り込んだ曲が消えたり、ダウンロードできなかったりします。iCloudミュージックライブラリがオンになっているか確認して、オフになっている場合はオンにしておきましょう。

④インターネットが不安定

 購入した曲が消える、ダウンロードしたのに聞けない、雲マークに戻るといったときは、iPhone本体のインターネットがつながっていない、もしくは不安定であることが考えられます。Wi-Fiにつないでいても、その本体に不具合があったり、通信制限があったりすると、インターネットは不安定になります。通信環境が大丈夫なのか、通信会社の不具合情報も併せて確認しましょう。

⑤他の端末でダウンロード済

 他の端末で同じAppleIDを持っているとき、その端末で曲をダウンロードすれば別の端末でも自動的に同期されます。すでにダウンロードされている曲はダウンロードできないので、他の端末ですでにダウンロードされていないか確認してみてください。


Apple Musicのプラン


先ほど述べたApple Musicにおける三つのプランについて軽く紹介します。

①個人プラン

 スタンダードなプランで、月額980円で利用できます。この料金で9000万曲以上の曲が聞き放題なのでとてもお得だと思います。

②ファミリープラン

 月額1480円利用することができ、最大6人の利用が可能です。人数が多いほど一人当たりの料金が安くなるので、家族全員で加入することがおすすめです。

③学生プラン

 中学、高校、大学、専門学校生は学生プランを利用することができます。料金は月額500円で、個人プランよりも断然お得なので学生の方はぜひ利用してみてください。


apple musicの曲


apple musicは便利なサービスであるがゆえに、あまり理解していなかったり確認してなかったりするとちゃんと使えないということが起きます。しっかり仕組みを理解して自分の使いやすい設定を行い、正しくサービスを利用していきましょう。

知恵袋でもapple musicについてのものがあります。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方