トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

亡くなった事を伝える手紙の書き方は?メールでもいいの?

家族が亡くなった時、悲しい気持ちを抱えて葬儀社に連絡したりとせわしい事が続きます。

それと共に、親戚や故人と親しかった人への連絡もしなければなりません。

ですが、近頃は現役バリバリの方が亡くなったのでなければ、家族葬等小さな葬儀をする方が増えて来ました。

ですので、葬儀には沢山の人を呼びませんので、葬儀後に亡くなった事の連絡をする必要が出て来ます。

手紙やハガキで亡くなった事の報告をする時、手紙のかきかた等どうしようかと悩むかもしれません。

例文等も手紙の書き方はネットで調べる事が出来ますが、言葉の選び方等、結構難しいものです。

亡くなった事を知らせる文章について考えてみましょう。


亡くなった事を伝える・亡くなった事を知らせるハガキはいつ頃送る?


葬儀が終わったら、葬儀に参列しなかった友人や会社の人等へ亡くなったことを知らせる必要があります。

亡くなった事を知らせるハガキ。

いつくらいのタイミングではがきを出したら良いのでしょうか。

特に決まりはないのですが、大体において葬儀後1週間から2週間くらい、遅くとも49日くらいまでには送った方がよいと言われています。

一般的にははがきで知らせる事になりますが、場合によっては電話で連絡する事もあります。

故人と親しくしていたものの葬儀には呼ばなかった人には、出来るだけ早く伝えたいですから、電話がいいでしょう。


ハガキは文章を印刷するという手間がかかりますので、そのことも考慮に入れて迅速に行動しましょう。

自分で文章を考えて印刷もして、と言う人もいますが、テンプレート(例文)を無料でダウンロード出来るサイトもあります。


それ程親しくなく年賀状だけのお付き合いの知人だったら、喪中はがきを出せば大丈夫です。

年末近くに亡くなったため喪中はがきが間に合わなくて、先方から年賀状が届いてしまった時は、寒中見舞いによって知らせることが出来ます。

この場合は「年賀状へのお礼と、喪中のため年賀状を出さなかった事」を文面に入れます。

尚、寒中見舞いは1月8日から2月3日までの間に出す必要があります。


亡くなった事を伝える・手紙のかきかたはどうする?メールでは?


葬儀後に亡くなったことを伝えるハガキの文章は難しいかと思います。

滅多にそういうハガキを出す事はないので、どうしようかと思ってしまうでしょう。

ネット等で、色々文例を探すことが出来ます。

ですが、例文を使いながらも丁寧に心を込めたものにします。

注意するべきなのは、言葉の使い方の間違いです。

例えば父親が亡くなった時に「父逝去のため」とは書かないようにしましょう。

逝去という言葉は、他人の死の尊敬語になるので、身内に使ってはいけないのです。(急逝は尊敬語ではないので使えます)

身内の場合は死去致しましたとか、永眠致しました、となります。

ですので「逝去」は他人が亡くなった時に敬意をこめて使う言葉なのです。

例えば「○○さんが逝去されました」とか、「逝去された○○さんを悼み・・」というような使い方をします。


また、「ご逝去されました」とさらに丁寧にすることがありますが、「逝去」という言葉自体が尊敬語なのに、それに「ご」を付けると二重敬語になるのでは?と思う人もいます。

ですが広く使われていて慣用化されているので、問題はありません。


メールは誰もが使っているツールですが、亡くなった事を伝える時にもメールって使ってもいいのだろうかと思う人もいるようです。

実は葬儀後ではなく、葬儀について知らせる場合には、メールだと迅速に伝わるので、ビジネスシーンにおいてはメールによる訃報のお知らせは珍しい事ではなくなっています。

ですが、知人等に葬儀後に亡くなった事を伝える場合は、いつもメールで連絡を取り合っている間柄なら、メールで伝えても良いと言えます。

文面はハガキによる文面と同じで構わないでしょう。


亡くなった事を伝える・身内が亡くなった人にかける言葉とは?


亡くなった事を伝えるのも難しいですが、その逆に身内が亡くなった人にかける言葉や言い方もとても難しいものです。

身内が亡くなって深く悲しんでいる人には、軽率な言葉をかけると失礼ですし、余計に悲しくなってしまうということもあります。

ですので、葬儀等で遺族の人にかける言葉はぐだぐだと余計な事は言わず、簡潔なものにしましょう。

誰もが使う言葉、「この度はご愁傷様です」、「お悔やみ申し上げます」、「この度は大変なことで」等が良いと言えます。


また、なぜ亡くなったのか、病気はどのようなものだったのか等も、尋ねるのはやめた方がいいでしょう。


高齢の方が亡くなった時に「大往生」という言葉を使いますが、遺族側がその言葉を使うのはいいのですが、他人が「大往生でしたね」という風に言うのは失礼になるのでやめた方がいいです。

では、お悔やみの手紙はどのようなものにしたらいいでしょうか。

まず、はがきに書くことはしませんので、必ず封筒と便箋にします。

便箋も花柄が付いていたりしないもので、ただの白が良いでしょう。

亡くなった事に対する悲しみや戸惑い、そして遺族への思いやりやいたわりの気持ちにあふれた内容にします。

御香典を一緒に同封する事も出来るでしょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方