トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

確定申告の控えの再発行。e-taxの控え。開示請求、閲覧請求、郵送

確定申告の控えを再発行してもらうことができるのです。

そうした場合にすることをお伝えします。

開示請求、閲覧請求。

郵送でも可能です。

確定申告書はe-taxで控えも見ることができます。

方法をご紹介します。


開示請求、閲覧請求、確定申告書を紛失したら再発行はどこでもらえる?


住宅ローンの融資や保育園の入園などで必要となりますよね。


確定申告書の控えを無くしてしまうことは起こりえます。



過去の所得を知りたい場合や申告書の控えを無くしてしまったら以前、申告書を提出した税務署で手続きを行います。

発行が可能になります。

手続きには「開示請求」と「閲覧請求」の2つがあり、

どこでもらえるかですが、

窓口と郵送の2通りあります。閲覧請求を利用すれば過去の申告書を見ることができます。


<確定申告を閲覧>

納税する本人か納税者より委任された代理人なら窓口で過去に提出した申告書を無料で閲覧することが出来ます。紙面での控えはもらえませんが、メモや写真撮影が可能です。しかし代理で閲覧する場合は本人が記入した委任状や印鑑証明などが必要となりますので注意してください。


本人が確認するだけなら本人確認書類を提出すればその場で確認ができます。


<開示請求>

納税する本人か納税者より委任された代理人が郵送か窓口で「保有個人情報開示請求書」を提出すれば後日、申告書の写しを受け取ることが出来ます。ただし1件につき300円の手数料が必要となります。また受取までには2週間から1ヵ月ほどという時間がかかります。

閲覧請求と同じく、代理の場合は本人が記入した委任状と本人の印鑑登録証明書などが必要となります。


申告書の写しとは何でしょう。写しとは一般的に複製したものの事で、この場合は申告書のコピーということになります。書類の写しは融資や奨学金の申請などにも必要な書類となってきます。もし確定申告の写しがなかったりもらってない場合には請求を急ぎましょう。


国税庁のHPでは開示請求の手順も案内しています。ぜひご覧になってください。


<確定申告書の控えが必要なわけ>

申告書の控えは会社員の源泉徴収票と同じで「所得の証明書」となります。


住宅ローンや自動車ローンなどの借入の時には融資の限度額や融資の可否を審査してもらうため申告書の控えが必要になってくるのです。


また保育園の保育料は親の所得によって決まるため、入園申し込みの書類のひとつに申告書の控えを提出することもあります。奨学金の請求では本当に奨学金が必要な家庭なのか、無利子か有利子かを決めたりするのに申告書の控えが必要になります。


郵送、e-tax、スマホでも確定申告ができる


確定申告は国税庁のHPから利用することができ、郵送と2004年に導入された「国税電子申告・納税システム」のe-taxで申告できます。ネット環境さえあれば出向くことも郵送のような手間も無く、また個人でも法人でもそしてスマホでも簡単・便利です。


<スマホで確定申告>

e-Taxで確定申告を行った場合、データでの申告となるため、書類の控えを受け取ることが出来ません。代わりに「受信通知データ」と「申告データ」の2つを提出することで申告書の控えとして利用することが出来ます。これはe-Taxにログイン後、画面からプリントアウトすることができます。


またネットを利用して申告すれば通常の還付が1ヵ月ほどとされているところ2、3週間程で還付されるというメリットがあります。しかしネットを使用する際にはマイナンバーカードの読み取るカードリーダーが必要になったり、「利用者識別番号」を取得する必要があるというデメリットも発生するので注意してください。


最後に相続について少し説明します。相続税の申告は被相続人が死亡した日の翌日から10か月以内に申告することになっています。相続について疑問があれば税務署の窓口で相談してみましょう。


所得税は納税する人が確定申告を行うことで税額が確定します。期限を過ぎて申告すれば延滞税や加算税などが発生するので決められた期日に申告、納税を行いましょう。


税務署で確定申告


<確定申告と納税>

確定申告とは、その年の1年間の所得と収める税金を計算して申告することです。会社員の人は勤務先で年末調整を行って税金の計算をしてくれるのであまり関係がない話のように思いますが、会社とは別の場所でアルバイトを行っている人や不動産収入などの複数の収入がある人などは所得の証明を行う必要があります。


また個人の事業主や会社に所属せず個人で契約して仕事をしているフリーランスの人も対象です。


つまり収支や生命保険、医療費などの控除額を報告する確定申告書を提出し、税金を計算するための手続きということになります。この手続きを行うことで所得税の支払い過ぎなどがあれば差額を還付してくれます。


<確定申告と証明書>

申告書には提出用と控え用があり、受け取った書類には日付の証明として「収受日付印(受付印)」が押されます。印が押されている申告書が控えとなり提出したという証明書にもなるというわけです。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方