トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

金融機関のお届け印、失敗、捨印、忘れた、間違えた、変更、確認


金融機関等の銀行印、家に複数あることはよくあります。

ですがしょっちゅう使うものではないので、その金融機関のお届け印がどれだったか忘れたり、わからない事があります。

いざ必要になった時、どれだったか?と慌ててしまいますね。

ですが慌てなくても対処する方法はあります。

また、お届け印をなくしてしまった時や、間違えて押してしまった場合の対処法も考えましょう。


金融機関のお届け印とは


お届け印というのは、金融機関(銀行や信用金庫等)に印影の届けを出している銀行印のことです。

印影というのは、難しい言い回しをすると、朱肉を使ってハンコを押した時に紙に写される朱肉の跡のことです。

その印影を銀行に届けてあるのが、お届け印です。


ある程度の高額のお金を下ろしたりする時に、預金者本人であるかを届出印で確認することが出来ます。

普段は銀行カードを使ってATMでお金を下ろしていると思いますが、そういう時には印鑑は必要ありません。

でもATMでは下ろせない高額になると、やはり届出印を持って銀行へ直接行く必要が出て来ます。

ですから届出印というのは、かなり大切な印鑑だという事になります。



お届け印を忘れた時


金融機関に出す書類に届け印を押す事になったのに、その届け印を忘れてしまう事があります。

引き出しの中には、それらしき印鑑がいくつか入っていて、どれがどこの印鑑だったか分からなくなってしまうのです。

そういう時、その出す書類にそれらしき印鑑を全部押して、郵送するというのはどうなんでしょうか。

銀行側でそういった書類に目を通し、正しい印鑑を見つけてくれるのでしょうか。

まず、それはあり得ません。

銀行側はそういった書類は受け取ってくれません。


お届け印が分からなかったら、書類の郵送ではなく、それらしき印鑑をいくつか持参して直接銀行へ行きましょう。

そして印鑑が分からなくなった旨を話せば、銀行の人が登録されている印影と持って行った印鑑のどれが正しいかを示してくれます。


ですが、うっかり印鑑を間違えた場合、押す時に失敗した場合は、郵送でも大丈夫なのでしょうか。

例えば違う印鑑を押してしまい、すぐに気が付いた時や、ぶれて押してしまったりした時等は、横線で消して、傍らに再び正しい印鑑を押せば、郵送でも大丈夫です。


お届け印をなくした場合


もし登録してある銀行印をなくした場合は、すぐに銀行へ紛失届を出す必要があります。

その銀行印が他人の手に渡り悪用されないとも限らないからです。

紛失届を出したら悪用されることはないので、一安心です。

紛失届を出す時には改印届も出し、銀行印を新しい印鑑に変更する必要があります。

その時には、本人確認書類、通帳、これから使用する印鑑を持って、銀行の窓口へ行きましょう。



クレジットカードのお届け印の確認方法


クレジットカードを作る時等に、引き落としされる銀行のお届け印を書類に押す必要があります。

もし間違えた印鑑を押してしまうと、審査は通りません。

「印鑑が違います」という事で、書類が返ってきてしまいます。

クレジットカード会社は、銀行へその印鑑が正しいものかを確認するので、間違えて押していたら当然、書類は返って来てしまうでしょう。

また、間違えてなかったとしても、色が薄くてはっきり確認出来ない印や、少しはじっこが欠けてしまった印も、送り返されます。



お届け印がない銀行


最近ではお届け印を出さない銀行も増えて来ました。

例えば、楽天銀行のようなネット銀行は、元々お届け印は必要ありません。

お届け印に慣れている年代の人は、お届け印がないということに、ちょっと違和感を感じられるかもしれません。


また、大手銀行の「りそな」は何年か前から、手続きする時に印鑑の使用を取りやめています。

三井住友は、個人向けだけに印鑑ではなく、サインのみによる本人確認を導入しています。

新しい技術により、サインの筆圧や方向等で照合する事が出来ます。

偽造が出来る印鑑より、セキュリティの面で安心かもしれません。



金融機関の捨印


金融機関で書類に銀行印を押す時に、その書類の余白に捨印を押す事があります。

金融機関でなくても、役所に出す書類等にも捨印を押す事があります。

その捨印、一体、何のために押すのだろう、どういう意味があるのだろうと思ったことはありませんか?

これは、提出する書類の余白にハンコ(捨印)を押しておく事により、書類上にもし誤りがあった時に、提出された側が、訂正印として利用するためのものなのです。


本人自身が書類を書いている時に間違えたら、その間違った所に線を引いて、その上に訂正印を押すかと思います。

ですが、既に提出された書類に誤りが見つかった時には、本人ではない人でも、その捨印を訂正印として使うことが出来るのです。

どういう風にするかと言うと、誤りの部分に線を引いて正しいものを書いた後、捨印の横に削除した文字数と追加した文字数を書いておくという方法です。


ところで、金融機関の口座振替依頼書記入欄の捨印欄に「ゆうちょ銀行は除く」と書いてあるのを見たことはありませんか?

実はゆうちょは記入に不備があった時は、必ず訂正印が必要になるので、捨印の意味がないという訳なのです。



自分の印鑑とお届け印


銀行印や実印等、自分の印鑑を持つことはどうしても必要になります。

でもどこでちゃんとした印鑑を買えばいいのでしょうか。

今では、インターネットで色々な印鑑を手に入れることが出来ます。

ネットなので、印鑑プレビューで、印鑑の種類や銀行印の印影を確認することが出来ます。

例え注文しなくても、印影を無料でダウンロードすることも出来ます。


また、近ごろでは電子印鑑というものも出て来ました。

データに直接押印出来るというもので、電子印鑑を無料で作成できるフリーソフトもあります。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方