トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

お金を郵送する方法、封筒、現金書留、小銭、郵送以外、郵便局、法律、バレる、犯罪、違法のケース

お金を送る方法を考えるときに、多くの方が口座への振り込みを思い浮かべるのではないでしょうか。 

しかしお祝いの際など、袋に入れてお金を郵送したいと思うこともあるかもしれません。 


今後起きるかもしれないそういった場面に備えて、お金を送る方法を覚えておきましょう。 

  

そもそもお金は郵送できるのか 


 お金を郵送できるのか皆さんご存じですか? 


先に答えを言ってしまうと、残念ながら普通郵便ではお金を郵送できません。 


郵便には郵便法という法律があり、お金や貴重品を普通郵便で送ってはいけないと定められています。 


お金自体は価値を無視して考えれば小さな紙の一種。一般的な封筒にだって入ります。 


でもそれは違法であって、正規の手段ではないのです。 


お金を普通郵便で送るとバレる? 


ばれるかばれないかだけで言えば、バレるかはそれは時と場合による、としか言いようがありません。 


郵送するときに見つからなければ、そのまま発送されることもあるでしょう。 


ただその送った郵便物がもし郵便事故にあった場合、中身は補償されません。 

  

また郵便事故でのリスクや、レターパック等で現金を請求される詐欺などの犯罪が増えていることもあって、郵便局で必要に応じてX線検査を行っています。 


もしそこで現金の封入が確認された場合には差戻しまたは、受取人か差出人が呼び出され立ち合いの元で中身の確認を行わなければなりません。 


見つかったからといって罰金を取られるようなこともないでしょう。 


しかし、上述のように大切なお金がなくなってしまったり、不要な手間が発生するなどのトラブルが起きるかもしれません。 


お金は普通郵便で送らない方が賢明といえます。 

  

お金の正しい郵送の仕方 


では郵送の仕方はどうすればお金を郵送することが出来るのでしょうか。 


郵送とは郵便で送ること。郵便には様々な種類があり、現金を送る際にはそれに適した手続きがあります。 


  


それが現金書留です。書留郵便とは郵便物を窓口で渡してから配達までの経過を記録し、受付時に付与された追跡番号でその配達状況を確認することが出来る郵便物のことをいいます。 


現金を送る方法では

お金を送る方法はこれ以外に認められていません。 


郵送以外のクロネコヤマトの宅急便等の宅配サービスもだめです。 


現金書留には現金のみでなく、ご祝儀・入学祝いを入れたのし袋やお年玉を入れたポチ袋、手紙等を同封することもできます。 


また各書留郵便には補償額があり、現金書留は上限50万円までの補償が設定されています。 


大切なお金がいまどこにあるのかわかる追跡サービスや、万が一の補償。現金書留を利用する意味をご納得いただけたかと思います。 


現金書留の買い方と郵送する方法 


 郵送する方法では

現金書留を利用するには専用の封筒が必要になります。 


現金書留の買い方でありますが

郵便サービスの一部はコンビニなどでも取り扱っているため、

専用封筒も同様に購入可能と思われるかもしれませんがコンビニでは購入できません。 


郵便局の窓口のみでの取り扱いとなります。 

  


専用封筒には定形郵便と定形外郵便の2種類がありますがどちらも1枚21円で販売しています。 


定形外の封筒は、大きな祝儀袋も収まるサイズです。 


必要事項を記入して窓口から発送手続きをしましょう。 


封筒の購入にあたっては現金以外にも未使用の切手やハガキを使うことが出来ますが、交換手数料が発生しますのでご注意ください。 


なお、かかる総額は 


定形サイズ 専用封筒(21円)+郵便料金(84円)+現金書留代(435円) 合計 540円 


定形外サイズ 専用封筒(21円)+定形外郵便料金(120円)+現金書留代(435円) 合計 576円 


となっています。 


定形外サイズの場合は重さによって金額が変わることを覚えておきましょう。 


現金書留は紙幣に限らず小銭も送れますが、海外の通貨は対象外となるので一般書留での郵送になります。 


ちなみにですが、無料の宛名ラベルサービスのゆうパックプリントは一般書留には利用できますが、現金書留には利用できません。 

 

現金と荷物を一緒に送る方法と現金書留

  

誰かに贈り物をする際に、


お金とプレゼントの両方を一緒に送りたいと考える方もいらっしゃると思います。 

現金と荷物を一緒に送る方法にも

そんな方にも書留は対応していますよ。 


通常通り荷物を作ってその中にお金を入れる。 


封をするときに、専用封筒のように割印を3か所する。 


そうして作った荷物を郵便局の窓口へ持って行って、現金書留郵便物として受け付けてもらいましょう。 


料金は定形外郵便料金+現金書留料金です。 


定形外の規格については郵便局のHPにイラスト付きの案内があるので、そちらを参考にしていただくのがわかりやすいかと思います。 

手続きや手数料等が発生すること、補償が最大50万円までであることを考慮すると、商取引等は口座でのやり取りが最も安全でコストも抑えられるとは思います。 


一方で相手へ気持ちを伝える手紙を添えられたり、プレゼントと一緒に送れるメリットを考えると、場合によっては現金書留がベストの選択肢になることもありそうですよね。 


みなさん自身が最良と思われる選択をしていただければ、と思います。

お金を郵送する現金書留についてご案内しました。 


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方