化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

結婚式でプランナーさんへのお礼、メール、相場、いつ渡す、手紙、不要


お礼の相場やタイミング、手紙の書き方について何が必要なのかお答えしていきます。


結婚式の日取りからプラン、演出や当日の流れまで親切丁寧に一緒に考えてくれたウエディングプランナーさんをはじめ、式場スタッフさんにお礼をしたいという方は多いですよね。


今回は結婚式のお礼について、様々な方の経験談やプランナーさんの声を紹介しながら説明していきます。


結婚式場のスタッフへのお礼はするべき?


スタッフさんへのお礼をして心付け(お礼金)を渡したという人は結婚式を挙げた人の内約40%ほどです。

プランナーさんや他のスタッフさんへのお礼として一般的なものは心付けです。


とは言え、挙式費用には当然スタッフさんの給与も含まれているため、式場への支払いとは別にお礼を渡す必要があるのかどうかは悩むところですよね。

式場スタッフさんへのお礼は渡した方が良いのかどうか、結婚式を挙げた人の声を紹介していきます。

心付けは渡すべき

・礼儀だから

・式を挙げた後も付き合いがあるかもしれないので

渡さなくてよい

・サービス料に含まれているので

・式場から断られたので


結婚式場でのお礼は誰に渡すの?


結婚式にはプランナーさん、カメラマンさん、ヘアメイク、着付けの担当さん、司会者、当日のお花の飾りつけをしてくれるフローリストなど、多くの方がかかわっています。

渡した相手で一番多いのは、プランナーさんです。

やはり結婚式当日に向けて一番多く顔を合わせて、親身になってプランを考えてくれるプランナーさんに感謝の気持ちを伝えたいという方が多いですね。

次にヘアメイクや着付け担当の方、司会者へのお礼を渡した方が多いようです。


ウエディングプランナーさんへのお礼は何が良いの?


プランナーさんへのお礼として心付けを渡す場合

ポケットに入るサイズのポチ袋に新札を用意します。

直前だと新札が用意できないこともあるので、銀行や郵便局で準備しておきましょう。

ただし式場の中には心付けを断られる場合もあるので、その際には別にお礼の品を考えておく必要があります。

また式場の中には心付けを受け取っても式場に渡さないといけないところも多くあるので、受け取る側としては現金よりもお菓子やお手紙の方がありがたい、という声もあるので、式場の事情は事前にそれとなく確認しておきましょう。


心付けの相場は?


心付けの相場は渡す相手によって少し違います。

また、心付けのお金は両家で折半して用意するのが一般的ですが、着付けやヘアメイクさん等、新婦のみがお世話になるスタッフへは新婦側が負担します。

ゲストへのお車代などで渡す金額が一万円を超える際は水引のついたご祝儀袋を使用しますが、一万円未満の現金を渡す際にはポケットやポーチにさっと入れられるようポチ袋を使用します。

渡す相手と金額の相場を一覧表で紹介します。



渡す相手

相場

渡す人

タイミング

プランナー

5,00010,000

新郎新婦

式の前後、後日でも

司会者

5,00010,000

新郎新婦

式当日の開始前

介添え人

5,00010,000

新郎新婦

式当日の開始前

式場キャプテン、スタッフ

3,00010,000

新郎新婦または親

式当日の開始前

カメラマン

3,00010,000

新郎新婦または親

式当日の開始前

メイク・着付け

3,00010,000

新郎新婦または親

式当日の開始前

メイク・着付け()

3,00010,000

式当日の開始前




プランナーさんへのお礼を渡すタイミング


式当日の新郎新婦は出席者への挨拶などで忙しいことが多いので、両親にお願いしておいた方がスムーズに渡せることもあります。

また当日はどうしても忙しくバタバタになってしまうのでプランナーさんへは前日までに時間があるときに渡しておいても良いです。

事前に、誰が誰にいつ渡すのかを両家で打合せしておきましょう。

プランナーさん以外へは式当日に渡すことになりますが、式場スタッフさんはみんなそれぞれのスケジュールに沿って動くためとても忙しくなります。

当日最初に顔を合わせた際に、「本日はよろしくお願いします」という挨拶と合わせて渡しましょう。

当日に渡すタイミングが無かった際には後日渡しましょう。


現金以外のプランナーへのお礼の品は何が良い?


現金以外のお礼の品は何が良いのか、プランナーさんの声を元に紹介していきます。

「お心付けを頂いても式場に渡さないといけません。もし頂けるのでしたらお手紙の方が嬉しいです。」

「サービス料はプランの中に入っているので、心付け等は不要です。お気持ちということでしたらお手紙を頂けるととても嬉しいです。」

「式代で高いお金がかかっているのにさらにお金を頂くのは心苦しいです。どうしてもということでしたらみんなで分けられるお菓子とかが嬉しいです。」


式場によっては心付けを受け取っても個人で受け取れないところも多いため、お菓子やお手紙の方が喜ばれることが多いです。


心付け以外でのおすすめのお礼の品をいくつか紹介します。

・ボールペン、万年筆などの筆記用具(2,000~5,000円)

ペンはプランナーさんの仕事の必需品です。

いくつあっても困ることはなく喜ばれるのでおすすめです。

・お菓子(3,000~5,000円)

プランナーさんを始め他のスタッフさん達で分けられるよう、個包装になっているものを選びましょう。

日持ちする焼き菓子がおすすめです。

・入浴剤等のバスグッズ(2,000~5,000円)

入浴剤や石鹸などはギフト用にかわいくラッピングされたものがたくさんあります。

プランナーさんの仕事はハードなので、体の疲れを癒せる入浴剤も喜ばれます。

・ハンドクリーム等のケアグッズ(2,000~5,000円)

プランナーさんは多くのお客さんと接するので、香水等は控えている方が多いです。

ハンドクリームを選ぶ際も香りが付いていないものや控えめなものを選びましょう。

・ネクタイ(5,000~8,000円)

男性プランナーさんであれば、ネクタイも喜ばれます。

ネクタイピンやカフスボタンとのセットになったもの、お酒好きの方であればお酒とセットになったものもおしゃれでおすすめです。


プランナーさんにサプライズのプレゼント


形式にとらわれず、式の最中やスピーチの際にサプライズでプレゼントや手紙を渡すのもありです。

スピーチの中にプランナーさんへのお礼の言葉を入れるとともにお礼のプレゼントや花束を渡したり、プランナーさんへのお礼のメッセージを込めたムービーを用意しておき式の中で流したりすれば、お世話になったプランナーさんも喜んでくれること間違いなしです。

当日までプランナーさんにばれないように司会者や演出、余興を頼んでいるゲスト達との打合せをしておきましょう。


お礼の手紙の例文


式場選びから挙式当日まで、半年~長ければ1年以上お世話になったプランナーさんにはやっぱりお礼の気持ちを伝えたいですよね。

品物は渡さなかったけど、お礼の手紙だけは渡した人や、品物と合わせて手紙を渡したという人は多いです。

また、結婚式後にプランナーさんや式場スタッフさんから改めてお祝いの手紙やメールが送られてくることも多いです。

こちらから手紙やメールを送ってなければそのお返しとして、お礼のお手紙を書きましょう。

お礼の手紙の書き方のポイントを例文を交えていくつか紹介します。


書き出しには、○○さん、と相手の名前をまず書きましょう。

内容は基本的に自由に書いてOKですが、プランを考える際に盛り上がった話や、印象的だったエピソードを入れましょう。

プランナーさんのアドバイスで心に残っているものなどもあればどんどん書きましょう。

「急な時間変更にも対応してくださってとても助かりました」

「ドレスやお花を選ぶときにたくさんアドバイスを頂けて良かったです」

「料理選びにすごく時間がかかってしまったのに親切に付き合ってくださり、とても嬉しかったです」

「彼と私の意見が食い違って気まずくなった時も面白い話で空気を変えてくれてとても助かりました(笑)」

等ですね。

その次に

「○○さんの今後のご活躍をお祈りしております」

「体調を崩されませんようくれぐれもご自愛くださいませ」

等、相手を気遣う言葉を入れましょう。

文末には手紙を書いた日付と、新郎新婦両方の名前を書きます。


打合せでメールを多く使用した人はメールでお礼を伝えても良いです。

基本的には手紙と同じように書きましょう。

タイトルは結婚式のお礼と分かるようにしましょう。


きっちりとしたお礼状を書く際には、拝啓、季語、主文、末文、敬具の順に、正式な書き方をしましょう。

「拝啓」に続いて1行空けて季語を書きます。

季語は時期に合わせて適したものを選びましょう。

いくつか紹介します。

1月上旬

・小寒を過ぎ、寒さも本格的となって参りました。

・寒の入りを迎え、寒さもひときわ厳しくなりました。

1月下旬

・大寒の厳しい寒さが身にしみる季節となりました。

・大寒の候 いかがおすごしでしょうか。

2月上旬

・梅のつぼみもようやくほころび、春の気配が感じられる頃となりました。

・各地で梅の便りが聞かれる頃となりました。いかがお過ごしでしょうか。

2月下旬

・雨水を過ぎ、当地の梅も見頃を迎えています。

・雨水を過ぎても今年の寒さはひときわ厳しいようです。

3月上旬

・寒さも一段落し、ようやく桃の節句の季節となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

・浅春の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

3月下旬

・暑さ寒さも彼岸までと申しますが、ようやく春の気配を肌で感じられるようになりました。

・暑さ寒さも彼岸までと申しますが、今年はことのほか春の訪れが早いようです。

4月上旬

・陽春の候 いかがお過ごしでしょうか。

・ここ数日、花冷えの日が続いておりますがお元気でお過ごしでしょうか。

・桜の花も盛りを過ぎ、吹く風も暖かく感じられる季節となりました。

・各地で花の便りが聞かれる頃となりました。お元気でお過ごしでしょうか。

4月下旬

・春風が頬に心地よい季節となりました。

・惜春の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

5月全般

・新緑がまぶしい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

・風薫る季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

・青葉が美しい季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか。

6月全般

・雨に濡れたあじさいの青がひときわ美しいこの頃です。

・梅雨寒の日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

・梅雨寒の候 お変わりなくおすごしでしょうか。

7月上旬

・天の川が美しい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

・小暑を過ぎ、いよいよ夏本番といったところです。お変わりなくお過ごしでしょうか。

7月下旬

・大暑の候 いかがお過ごしでしょうか。

・猛暑の候 いかがお過ごしでしょうか。

8月上旬

・立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。

・暦の上では秋となりましたが、毎日暑い日が続いております。

8月下旬

・厳しい残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

9月上旬

・初秋の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

・白露を過ぎ朝夕に秋の気配を感じる頃となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

9月下旬

・彼岸花が咲き乱れる頃となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

・秋涼の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

10月上旬

・仲秋の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

・寒露を過ぎ秋も深まって参りました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

10月下旬

・紅葉の候 いかがおすごしでしょうか。

・霜降の頃となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

11月上旬

・暦の上では冬となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

11月下旬

・小雪を迎えても穏やかな天候が続いています。お変わりなくお過ごしでしょうか。

12月上旬

・早いもので今年も師走となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

12月下旬

・今年も残すところあとわずかとなりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。


季語は四季を更に細かく分けた二十四節気に合わせて使用するものですが、最近ではクリスマスやハロウィン等の元々日本にないイベントも季節を表す言葉として使用することもあるので、さほど形式にとらわれずに自由に書きましょう。


季語の次に主文を書きます。

ここでは打ち合わせの時に心に残っている思い出やエピソード、お礼の言葉等、自身の感謝の気持ちを込めて書きましょう。

続いて末文を書きます。

ここでは

「○○さんの今後の益々のご活躍をお祈りしております」

「体調を崩されませんようくれぐれもご自愛くださいませ」

等、相手を気遣う言葉を入れましょう。

文末は「敬具」で締めます。


必要?渡さない?


お礼を渡すかどうかは人それぞれなので、お礼の品物や心付けを渡さなくても失礼ということはありません。

ですが、プランナーさんを始め式場の多くのスタッフさんのおかげで結婚式は成り立っています。

打合せの期間に大変だったことや嬉しかったことを振り返りながらお礼の手紙を書いて渡すことで、より幸せな気持ちを共有でき、幸せな時間が充実したものとなります。

心付けを渡すかどうかは両家の考え方もあるので、よく話し合って決めましょう。

私個人としては、心付けやお礼の品に関わらず、お礼の手紙だけは書くのがおすすめです。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方