トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

ドコモの引き落とし、口座変更、一括請求、子回線、抜ける、支払い方法変更、一括請求グループの子回線、ahamo、ahamo一括請求、一括請求から個別請求に変更、オンライン、引き落とし口座変更、子供


ドコモ(docomo)料金の引き落としを、銀行口座からの引き落としにしたり、クレジットカード決済にしている方は多いかと思います。

でも結婚やその他の理由で、引き落とし口座の変更をする必要が出て来る事があります。

そういう支払い方法変更の時、変更手続きはドコモショップかオンラインで行う事が出来ます。


又、引き落とし口座変更のほかにも


名義変更する場合もありますが、こういう時はネットではできないので、ドコモショップへ行って手続きをする必要があります。

nttドコモの引き落としの口座変更や名義変更、その他の変更手続きについて解説します。



ドコモの引き落とし口座の変更、どうやるの?


何かの事情で引き落とし口座を変えたい場合があります。

そういう時、ドコモの支払い口座変更の方法は2つあります。

直接ドコモショップへ行って手続きするか、オンラインで手続きする方法です。

オンラインなら自宅で24時間手続き出来ます。

スマホ等で「Mydocomo(マイドコモ)」にアクセスする事によって色々な手続きや確認が出来るのです。


口座変更の場合は以下の事が出来ます。

    1. クレジットカード払いを別のクレジットカードに変更。

    2. クレジット払いを口座引き落としに変更。

    3. 口座引き落としをクレジット払いに変更。

    4. 引き落とし口座を別の引き落とし口座に変更。


まず「My docomo(マイドコモ)」にアクセスして、dアカウントのIDとパスワードを入力してログインします。

支払い方法の変更を選んで、口座の変更をします。


いつから適用になるのかと思いますが、実は手続きしてから1ヶ月から2ヶ月はかかります。

それまでは以前の方法の支払いとなります。


また、氏名変更の時、あるいは法人なら会社名変更の時も、オンラインで変更手続きが可能です。


※但し引き落とし日は基本的に月末引き落としとなっていますので、引き落とし日の変更は出来ません。



ドコモ、名義変更するにはどうすればいい?


携帯の名義人を変更する場合はドコモショップへ行く必要があります。

その時持参する必要なものがあるのですが、名義変更する前の名義人と変更後の名義人が一緒に行く場合と、一緒に行けない場合では持参するものは変わります。


◎変更前の名義人と変更後の名義人が一緒に行く場合

2人の本人確認が出来る書類(運転免許証や保険証等)と、変更後の名義人のキャッシュカード(又は通帳と印鑑)やクレジットカードがあればOKです。


◎変更前の名義人が1人で行く場合

変更前の名義人の本人確認書類とキャッシュカードかクレジットカード、そして変更後の名義人が家族だという事を証明する書類。

変更後の名義人の本人確認書類と委任状。


◎変更後の名義人が1人で行く場合

変更前の名義人の本人確認書類と委任状。

変更後の名義人の本人確認書類とキャッシュカードかクレジットカード。


※ソフトバンクの名義変更の場合も以上と同じです。



ドコモの引き落とし口座を旦那の口座に変えたい、どうすればいい?


結婚してドコモ料金の引き落としを、旦那の口座に変更しようと思う人もいる事でしょう。

ですが、携帯の名義が妻のものだった場合は、簡単にネットで変更という訳にはいきません。

ドコモショップへ行って手続きする事になりますが、旦那さんに一緒に行ってもらうのが一番いいでしょう。

その時に必要なものは、旦那と妻の本人確認書類(運転免許証等)と旦那のキャッシュカードかあるいは通帳と印鑑になります。

もし旦那さんが一緒に行けないとしても、旦那の本人確認書類と通帳と印鑑、そして旦那の委任状があると安心でしょう。



ドコモの引き落とし、一括請求から個別請求に変更するには?


ドコモの家族向けのサービスに「ファミリー割引」というのがありますが、それに加入するとファミリー割引が適用されるので利用している方は多いかと思います。

例えば父親が親回線(代表回線契約者)となり子供が子回線となります。

料金は親が一括して支払うという仕組みです。


子回線を使っている子供が大人になり、

一括請求から個別請求に変更したいという場合も出て来ます。

その場合、支払いは契約者の親がしているけれど子供の携帯の名義がその子供自身であるということはよくあります。

名義人が契約者と違うとしても、電話で簡単に一括請求から抜ける事が可能です。

ドコモインフォメーションセンターに電話をして手続きします。


ですが、子供がahamo、ahamo一括請求に加入していて個別請求に変更するには、電話で簡単に手続きは出来ません。

手続きは郵送のみとなっているのです。

ahamo専用ページから「一括請求申込書」をダウンロードして、子回線廃止の項目を選びます。


また、一括請求グループの子回線。


一括請求グループから抜けた後は、支払いは自動的に紙の請求書になってしまうので、「Mydocomo」にログインして支払い方法を変更した方がいいでしょう。



ドコモの引き落とし、dカードに変更するには?


ドコモ料金の支払いを銀行からの引き落としからDカードを使って支払うというのも良い方法です。

特にドコモユーザーであったり、dポイントを貯めているという人なら、dカードを使って支払う方が得だと言えます。

携帯を利用すればそれだけdポイントが貯まりますし、料金プランによってはdカードを使う事によって割引になることもあります。

dカードに支払いを変更するには、前述の方法でオンラインで簡単に手続きが出来ます。


あるいはドコモの支払いを安心感のあるjcbカードでする事も出来ます。


ドコモ、口座振替への変更手続きはどうする?


ドコモの支払いを口座振替にする場合は、やはりオンラインで手続きが出来ます。

契約者本人のキャッシュカードや通帳を用意してから、手続きを開始しましょう。


オンラインで手続きすることが慣れていない人は、直接ドコモショップへ行って手続きする事になります。

キャッシュカードを持参すると簡単に申し込みが出来ます。


口座振替依頼書を利用するなら、通帳と印鑑が必要になります。

口座振替依頼書はショップにありますから、それに記入して申し込みします。


口座振替が反映されるのは、申し込みをしてから大体1ヶ月から2ヶ月程かかります。

それまでは申し込み以前の方法で支払いをする事になります。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方