トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

おしりの割れ目が痒い!肛門周囲の痒みや痛みの原因は何?黒ずみ?カンジダ症?

 

お尻の痒みで悩んでいる方は結構いるようです。

割合としては男性の方が女性の4倍も多く、40代から60代に多く見られます。

特に肛門の周りがかゆいという症状は、医療用語では「肛門掻痒症(こうもんそうようしょう)」といいます。

又、お尻の黒ずみやおしりの湿疹、出来物、赤ちゃんならオムツかぶれ等もあります。

おしりがかゆいとか、おしりの湿疹等で病院へ行くのも嫌な人も多いでしょう。

薬店でおしりのかゆみに効く薬を買って来て対処しようとする人も多くいます。

でも中々治らないので、仕方なく病院へ行く場合もあります。

原因もかなり多岐にわたっているようですが、よく見られる原因やその対処法について考えましょう。


肛門周囲が痒い・生活上のことが原因?


病気ではなく、生活上の習慣が原因で痒くなることが多々あります。

専門用語で言うと、前述しましたが「肛門掻痒症(肛門そうようしょう)」という名称です。

どのような事が起因するのでしょうか。


*肛門の汚れ・・排便した後にきちんと拭いてないと、汚れたままになり痒くなることがあります。

反対に排便後の汚れを必要以上に拭いたり、お尻を消毒する事によっても、それが原因で痒くなります。


*温水便座・・日本人特有のものなのですが、温水便座で必要以上に洗ってしまう事で痒くなることがあります。

肛門が元々持っていた油分を温水で何度も洗い流してしまうので、皮膚がかさかさに乾燥してしまったり、又、本来あるべき常在菌まで洗い流してしまいます。

そうする事により痒みが起きます。


写真の画像でも肛門掻痒症による様々な皮膚症状を確認出来ます。

ですが厳密に言うと皮膚病ではないのです。

自分で過度に洗ったり拭いたりして痒くなり、しかも掻き過ぎて皮膚が切れる、ただれたりして、皮膚病みたいになってしまうのです。


注意すべきは、排便後に温水便座で洗いすぎない、必要以上に拭かない、消毒剤等で消毒しない事です。


市販の薬で治したいと思う人が多いかと思います。

オロナインはどうかと考える人もいますが、かゆみ止めとは違うので、オロナインでは治らないかもしれません。


肛門周囲が痒い・何かの疾患が原因?


*痔(イボ痔、痔ろう)によるもの・・肛門の周囲にイボ状のものが出来るのが、イボ痔です。

イボからは粘液や血が出たりしますので、それにより肛門周囲が痒くなります。

痔ろうは肛門周囲の傷にばい菌が入り、膿がたまります。

そのためかなり痛いですし、その膿が破れて外に出て来るとその膿が肛門周囲に付いたり下着が汚れたりして痒くなります。


*ぎょう虫・・子どもによく見られる疾患ですが、ぎょう虫という寄生虫が口を通して体に入ります。

ぎょう虫は夜におしりの穴から出て来て肛門周囲に卵を産む付けるので、そのためかなりの痒みが起きます。


*接触性皮膚炎・・代表的なのが、赤ちゃんのオムツかぶれです。

長時間オムツを変えなかったりしていると、赤いブツブツのできものが出来てしまいます。

大人でも下着や生理用品が肌に合わず、ヒリヒリしたり、肛門周囲がかゆくなったり湿疹が出来ることがあります。


*カンジダ症・・女性が妊娠や過労等で免疫力が下がっている時に、膣に元々いるカンジダ菌が増えて起こります。

性器や肛門周囲が赤く腫れ、強い痒みを伴います。

男性はカンジダ症の女性と関係を持つことにより感染します。



お尻に出来る出来物・痒いというより痛い?


お尻に出来るしこりや出来物は何種類かあります。


*脂肪腫・・脂肪を蓄えた細胞が増殖して起きる疾患です。

体の色々な部位に出来ますが、お尻も比較的出来やすいところです。

座る時に違和感を感じ、触ると腫れていたりしこりがあるので気付くようで、意外にも痛みはありません。(ただ血管脂肪種の場合は痛みがあります。)

直径1cmくらいのものから、大きくなると10cm程になる事もあります。

自然に小さくならないので、手術する必要があります。


*毛嚢炎・・お尻の毛穴に細菌が入り込んで、毛嚢炎(おでき)が出来ます。

赤く腫れて痛みがあります。

市販の抗生物質入りの軟膏を塗る事で治ります。


*慢性膿皮症・・しこりが出来、赤く腫れてかなりの痛みがあります。

市販薬では治らないので、病院へ行く必要があります。



お尻の割れ目の黒ずみ・黒ずみをとる方法は?


温泉へ行った時等に、何となく他の人のお尻をチェックしてしまう人は意外に多いようです。

お尻の形もそうですが、黒ずみ等も気になってしまいます。

お尻はざらついたり、何かの出来物が出来たり、黒ずみが出来たりしやすい場所なのです。

お尻だけでなく、肘、膝なども黒ずみますが、それは摩擦、圧迫、乾燥によってメラニンが過剰生成されるからなのです。


お尻はデスクワーク、勉強、食事等、椅子に座る事によっていつも圧迫されています。

しかも顔や手と違って、毎日クリーム等を塗ってお手入れすることもしないので、乾燥もしていますから、余計に黒ずんでしまいます。


ですから黒ずみをとる方法としては、

毎日ボディローションでお手入れし、きつい圧迫するような下着はつけないようしましょう。

椅子に座っている時も、小まめに立つようにします。



おしりの割れ目の上の骨が痛くなるのはなぜ?


お尻の割れ目の上の方にある骨は、尾てい骨です。

座ったり歩いたりする時に、その尾てい骨が痛いと感じたことはないでしょうか。

尾てい骨が痛くなる原因は、尻もちをついたり、転んだりする事によって起こる事があります。

いつの間にか治っているならいいのですが、いつまでも痛い場合は尾骨が骨折している事もあります。

転んだりしなくても、普段の座り方が悪いと痛くなることがあります。

椅子にはきちんとした姿勢で座り、坐骨で体を支えるようにしましょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方