化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

産後の筋トレっていつからしていいの?


出産後の筋トレ、実は産後1か月から始めて大丈夫なんです!

「体重は戻ったけどお腹のたるみが・・・」「見た目が戻らなくて・・・」なんて声をよく聞きます。

少しでも早く元の体形に戻りたいですよね。「でも、筋トレっていつから始めていいんだろう?」と思いませんか?少なくとも私はそう思っていました()


もちろん痛みがあるうちは無理してはいけません!産後の体は交通事故レベルにダメージを受けているという話もあります・・・お医者さんに相談・確認してから少しずつ始めましょう!


そもそも、なぜ産後はなぜ体型が戻りづらい?



「体型が変わっちゃった・・・」「妊娠前のデニムが入らない…」という話をよく聞きますが、この原因は出産のために骨盤が緩んだことが原因。妊娠をしてお腹が大きくなることで皮膚や筋肉だけでなく、骨盤も緩むのです。この影響により、これまで持病として持っていた腰痛や肩こりがひどくなる方も少なくありません。

もちろん骨盤は一度緩んだら緩みっぱなしというわけではありません。

基本的には産後34カ月後くらいから徐々に閉じはじめ、およそ半年くらいで固定されると言われていますが、その間に何もしなくていいかと言うと、それは違います。この回復期間に骨盤を正しい位置に戻すサポートやストレッチをしないと、ぽっこりお腹や冷え性、お腹のたるみの原因に繋がります!


この骨盤回復のストレッチはインナーマッスルを鍛えるもので、出産後およそ1か月を目安に始めるのが良いです。また、骨盤サポートは骨盤ベルトやリフォームショーツがおススメです!

最初は子宮に負担がかからないように、寝ている状態からゆっくり始めてみてくださいね。

帝王切開で出産した方は、回復にかかる時間が普通分娩よりも長い時間を要するので、始める際は一度お医者さんと相談してからにしましょう!


痩せるには産後いつから始めるのがベスト? 痩せやすいタイミングは?



筋トレは産後1か月程度からOKと序盤にお伝えしました。ですが、せっかくやるなら一番痩せやすい時にダイエットしたいですよね!痩せるには、実は、産後は痩せやすいタイミングがあるんです。


まず、産後のダイエットには理想的なスケジュールがあります。それはこんな感じ。

産後2週間頃から簡単なストレッチやウォーキングをスタート。

産後2カ月頃から少し動きを加えた簡単なストレッチやエクササイズを始める。(この産後2カ月以降の運動の開始時期で効果が変わると言われています。)

産後34カ月以降、体が動かしやすくなってきたら筋トレなどを追加していく。


また、痩せやすいタイミングとしては”生理周期が戻ってきてから”が重要になります。

いくらトレーニングをしても、生理周期の有無で結果が変わってしまうそう…!


ですが、このタイミングを逃すまいとして無理にダイエットするのは良くありません。

出産してすぐの体はかなりのダメージを受けていますので、激しい運動はNGです!まずは“体を回復させることを最優先させること“が大事です。自分の体状態をしっかりチェックしてくださいね!


おすすめのトレーニングメニューは?どのくらい動いていいの?



ここからは実際にトレーニング内容についてお伝えします!どのくらい動いていい?


腹筋

筋トレと言えば”な腹筋。実は産後に腹筋をしようとしても、いつも通りに出来ない場合があります。その理由は「腹直筋離開」です。


腹直筋離開とは、「妊娠・出産に伴いお腹の筋肉が左右に移動することで、お腹の中央部分に筋肉がない状態」のことをさし、力が入りにくくなります。

本来、お腹の前面部分には、「腹直筋」とよばれる、縦に伸びる筋肉があります。

その腹直筋は、妊娠でお腹が大きくなると腹直筋の間にある組織が伸びていき、腹直筋はその組織を境に腹直筋が左右に離れてしまいます。そのため、腹筋をしようとしても出来ない場合があるのです。


なので、最初からいつも通りの腹筋ではなく、このような腹筋から始めてみてください!


<やり方>

床に仰向けになり、両足を肩幅程度に開く。

その状態から、自分のおへそを覗き込むように、頭だけ起こす。

覗き込んだ状態を約2秒程度キープして、ゆっくり頭を戻す。

→①10セット程度繰り返す


慣れてきたらセット数を増やしたり、他のメニューを追加するのもいいかもしれません!



プランク

次におススメなのが「プランク」です。プランクとは、体幹を使って体を一直線にキープするトレーニングのことです。


<やり方>

うつぶせの状態から肘から手までの前腕を床につけて、足はつま先を地面につける。

その状態から腰を浮かせて、体の体重を前腕とつま先で支える姿勢をキープする。

この時に一番大事なのが、体を一直線にキープすること!腰が上がっていても、下がっていてもダメです。自分の体が一枚板になったつもりで姿勢をまっすぐキープさせます。


実はこのプランク、骨盤を支える骨盤底筋の鍛え方として効果抜群なんです!

ここが鍛えられれば、お腹のたるみにも効きますよ!


効果が間違いない分、正直かなりキツイのがこのプランクです・・・

最初から完璧な姿勢でトレーニングするのは難しいという人は、少し簡単な姿勢(膝をつけながら)から始めてみてください!(ネットで様々なやり方の画像があると思うので見てみてくださいね)


産後ダイエットを成功させるには



産後ダイエットをやったとしても、痩せる人と痩せない人で差が出てしまうのが現実です・・。

それは、妊娠・出産に伴って、体や骨盤、筋肉量は元の状態には戻っていないにも関わらず、出産前のような筋トレをしたり、無理にトレーニングをしてしまっていることが原因のことも。


この記事の内容を踏まえて効率よくトレーニングをして、ダイエットを成功させましょう!

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方