トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

こうもりの鳴き声やフンが!生態は?対策方法は?

 


家の天井や軒下で虫の鳴き声とは異なる生き物の声がした。

敷地内に小さなフンがいくつも落ちていた。

その場合はこうもり(蝙蝠)が住んでいる可能性があります。

こうもりがいることで、住宅や健康に被害をもたらされる恐れがあるため油断できません。

今回はこうもりの鳴き声、生態や特徴と、家から追い出すための対策方法についてご紹介いたします。



ネズミの声に似ている?こうもりかどうか判別する方法



よく住み着いた生き物がネズミかコウモリか判断できないと感じる方が多いようです。


基本的にコウモリの声は超音波のことを指します。

超音波は人間には聞こえないほど高い周波数であるため、

コウモリの鳴き声は、

うるさいと感じることがなく確認することが難しいです。

しかしこうもりは危険を察知した場合に「キーキー」や「キュキュキュ」といった音を出すことがあります。

その鳴き声がネズミの声に似ていると言われているのです。

気になる方はぜひyoutubeに色んな鳴き声の動画があるため確認してみてください。


判別するポイントは時間帯と生活音です。

こうもりは基本的に夜に活動します。

夕方から夜にかけて屋根裏から甲高い声や羽をバタバタさせる音が聞こえる場合、コウモリの可能性が高いです。

一方、人の生活に依存したネズミは日中も活動することがあります。昼夜問わず天井を走り回るような効果音がしたらネズミであることが多いです。



こうもりはどんな生き物?天敵はいるのか?



こうもりは哺乳類の仲間で、哺乳綱翼手目に属します。

「ポケットモンスター」に登場する「キモリ」のモデルである爬虫類や、空を飛ぶから鳥類だと勘違いする人も多いですが、全く異なります。


なぜ哺乳類かといいますと、こうもりのお母さんは卵でなく赤ちゃんを産むからです。

鳥類は基本的に卵生で、さらに交尾をしなくても無精卵を生むことができます。

しかしコウモリは交尾をしない限り赤ちゃんを産むことはできません。

では鳥ではないのになぜ飛べるのかというと、指と指の間にある「皮膜」が翼の役割を果たしているためです。

体が非常に軽いため、その翼で羽ばたくだけで空気の流れを作って飛ぶことができます。


そんなこうもりにも天敵がいます。

空中はフクロウやタカといった猛禽類。地上ではヘビや肉食の哺乳類です。

特にフクロウは、こうもりの活動時間である夜に現れるため一番恐ろしい相手です。

なぜコウモリは逆さまにぶら下がっているのかというと、地上にも空中にもいる敵から身を守るためなのです。



どんなこうもりが家にやって来る?予想される被害とは



こうもりには動物園で見られるオオコウモリや、山地や森林に住むヤマコウモリなど様々な種類がいます。

その中でも基本的に人間の家屋に住み着いて被害を出すのは「アブラコウモリ」です。

アブラコウモリは翼手目ヒナコウモリ科に属するこうもりで、主に昆虫を食べます。

アブラコウモリはどうしてこうも家に住み着くのでしょうか。

要因として考えられるのは、家に食料である虫が大量に発生していたり、水場が近くにあったりすることです。

こうもりにとって住みやすい環境であれば、図らずも来てしまうわけです。


通気口が壊れていたり、壁や屋根裏に隙間があったりするとそこから中へ侵入します。

キツツキ(啄木鳥)など他の動物が家に空けた穴を利用して入ってくる場合もありますのでご注意ください。


アブラコウモリによる被害は主に3つあります

  • フンや尿による異臭、衛生的な被害

  • フンや尿から発生する湿気によって天井が傷んでしまう

  • こうもりに寄生しているダニやノミの大量発生


これらにより病気やぜんそく、アレルギーを引き起こす可能性があります。

被害に遭う前にすぐ対策をしましょう。



なぜ保護対象?自分でできるこうもりの駆除方法



こうもりは「鳥獣管理保護法」で保護されている動物のため、

捕獲をしたり命を奪ったりする行為は許されておりません。

こうもりの駆除方法といっても、なぜ保護?と思うかもしれませんが、

そのため手順は「こうもりを家から追い出す」「侵入できないように家の隙間を無くす」の2つになります。


家に住み着いたこうもりを追い払うのに、超音波で嫌がる音を聞かせる方法はおすすめしません。

なぜなら超音波を聞くうちにこうもりは慣れてしまい、効果が減少してしまうからです。

忌避剤やくん煙剤の使用が効果的とされています。


追い払った後は半日以内にフンの掃除と消毒をしましょう。

フンや尿からの感染から身を守るため、必ず軍手とマスク、作業着や帽子を身に着けて行うようにしてください。

そして壁や屋根裏の穴をパテで埋めるなど、侵入口をふさぐことで再発を防止することができます。



キュキュキュと聞こえる


「どーもくん」のお話に出てくるこうもりの親子や、「どうぶつの森」(通称「どう森」)にこうもりが捕獲対象として登場することから親近感を感じる人がいるかもしれません。

逆に「状況に応じて簡単に考えを変える・節操のない人」という意味をもつ「コウモリみたいなやつ」という表現もあり、あまり良い印象を持たない人もいるかと思います。


あまりハッキリと知られていないからこそ、こうもりの特性を知って対策を立てていきましょう。

なぜ来る?

なぜ家に来るか原因を探してみれば、方法が見つかるかもしれません。

しかし「自分の手に負えない!」となった時には迷わず業者に依頼してください。


今回はこうもりの鳴き声、生態や、家に住み着いてしまった時の対策方法についてお話ししました。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方