トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

妊娠初期でティッシュにつく程度の出血は大丈夫?ピンクのオリモノ、鮮血、腹痛、時期、腹痛なし、流産、原因など紹介


妊娠初期に出血をすると流産の可能性が高くなります。

しかし、妊娠中の出血全てが流産になるわけではありません。


妊娠初期の出血は、赤ちゃんに異常が起きていると考える方もいますが、瀬部手が流産に直結するわけではなく、生理現象による出血で赤ちゃんに影響がない場合もあります。

では、原因が気になる人もいると思います。

そこで今回は

・妊娠初期に出血が起きる原因

・妊娠中の出血する時期

・妊娠初期の出血が起きた時の対処法

・よくある質問、ピンクのオリモノや茶色のおりもの、不正出血、腹痛やお腹の違和感などの症状

・出血と病院

について紹介します。




妊娠初期に出血が起きる原因


ティッシュにつく程度の出血でも不安になる方も多いと思います。

原因は何なのでしょうか。

ここでは、9つの原因を紹介します。

着床出血

出血量

少量・ティッシュに着く程度

血の色

ピンク色・赤褐色・茶色

着床出血は受精卵が着床した時に起こる出血です。

誰でも起きるわけではないですが、着床出血は妊娠初期に起きる出血の中で一番多いです。

絨毛膜下血種

出血量

血種が大きい場合、大量に出血することあり。

血の色

鮮血・赤褐色

絨毛膜下血種とは、絨毛膜と子宮内膜の間に着床出血が溜まって血のかたまりになったものです。

少量の場合は子宮に吸収されてなくなりますが、血種が大きい場合は絨毛膜と子宮内膜から血が漏れて大量出血することがあります。

子宮外妊娠

出血量

少量からラ徐々に出血量が増え大量出血になる

血の色

鮮血・赤褐色

子宮外妊娠とは受精卵が卵管や卵巣、腹膜など子宮以外部分に着床してしまうことです。

妊娠反応が出ていても、子宮内に赤ちゃんを見つけられない場合は、病院で詳しく検査をして診断されることが多いです。

胞状奇胎

出血量

極少量・おりものに血が混ざる程度

血の色

赤褐色・茶色

胞状奇胎は胎盤を作るための絨毛細胞が異常に増えてしまう異常妊娠の一種です。

ぶどうのような粒状の絨毛細胞が子宮内に増えて行くのが特徴です。胞状奇胎は妊娠継続が不可能で、早急に

子宮内の絨毛組織を取り除く処置が必要です。

切迫流産

出血量

少量~大量

血の色

鮮血・赤褐色

切迫流産は、妊娠22週未満に流産を引き起こす可能性のある出血を起こした状態のことです。

この場合、妊娠継続が可能なことが多く、出血していても子宮口が閉じていて赤ちゃんの心拍も確認できることが診断のポイントとなります。不安な時は医師の指示に従いましょう。

早期流産

出血量

少量~大量

血の色

鮮血

早期流産は、妊娠22週未満に流産を起こすことです。

多くは染色体異常が原因で、妊娠12週までに起こりやすいです。

子宮頸部びらん

出血量

少量・おりものに混じる程度

血の色

ピンク・赤褐色・茶色

子宮頸部びらんとは、子宮口近くがただれた状態をいいます。

これは、生理現象なので病気ではありませんし、赤ちゃんにも影響はありません。

子宮頸部びらんを起こしていると、性交や内診などで出血を起こしてしまうことがあります。出血はごく少量な場合が多く、おりものに少し血が混ざる程度です。

子宮頸管ポリープ

出血量

少量・おりものに混じる程度

血の色

ピンク・赤褐色・茶色

子宮頸管ポリープは、子宮頚管に出来るイボの様な腫瘤のことです。

要請の場合が多く、悪性への変異も起きにくいと言われています。赤ちゃんに直接影響ないですが、

ポリープが大きくなって炎症を起こした場合は流産のリスクが高くなります。

子宮頸がん

出血量

少量・ティッシュにつく程度

血の色

鮮血・赤褐色

子宮頸がんは、若い人に起こりやすい癌の一種です。

妊娠初期の子宮頸がんは出血を送すことがあり、基本的に少量の出血ですが徐々に出血量が増えるのが

特徴です。妊娠の継続は病状によって異なり、癌化する前の初期状態なら妊娠継続できる可能性があります。



妊娠中の出血する時期



妊娠中でも出血することがあります。

ここでは、妊娠中の出血する時期と症状などを紹介します。

妊娠6週目

この時期の出血はよくある症状です。

軽い出血で、生理みたいな出血ではありません。これは着床出血といい、出血量が多い時や出血が2日以上続く場合は早急に医師に相談しましょう。

妊娠9週目

妊娠9週目でも突然出血することがあります。少量であれば着床出血の可能性が高いので気にすることはありません。出血量が多い時や出血が2日以上続く場合は早急に医師に相談しましょう。


妊娠初期である411週頃までに起きる出血の8割以上は着床出血と言われるものです。あまり心配することは無いですが、不安な場合は医師に相談してみましょう。

一番危険なのは自己診断によるものによる症状の悪化です。



妊娠初期の出血が起きた時の対処法



ここでは、妊娠初期の出血が起きた時の対処法を紹介します。

医師に相談する

まずは、かかりつけの医師に相談しましょう。出血が起きた時は、ママにとってはストレスとなります。

以下の症状がある時には医師に相談して指示を仰ぎましょう。

・鮮血が出ている場合

・出血量が多い場合

・出血に腹痛やお腹の張りが伴う場合

安静にする場合

医師の指示で安静にする時は、体に負担が無いようにします。

最低限の家事

OK

入浴

OK

横になって過ごす

医師の指示に従う

運動

NG

性交

NG

仕事

軽作業のみOK

詳しくは、かかりつけの医師に相談しましょう。

病院に行く場合

医師に受診するように指示された場合は、早めに病院で受診しましょう。

病院に向かう途中に、病状が悪化する可能性があるので、家族の運転かタクシーなどを利用しましょう。




よくある質問、ピンクのオリモノや茶色のおりもの、不正出血、腹痛やお腹の違和感などの症状



ここでは、よくある質問「知恵袋」より紹介します。

妊娠初期にピンクのオリモノが出たのですが、大丈夫?

【回答】

妊娠初期には、ピンク色や茶色のおりものが少量出ることがあります。

基本的には問題ないですが、出血量が増えたり発熱などがある場合は早急に受診しましょう。

妊娠初期で不正出血がある場合は大丈夫?

【回答】

妊娠初期では不正出血が高い頻度で起こっています。この不正出血は病気ではないので安心してください。

妊娠は順調に進んでいます。どうしても不安な時は医師に相談してみましょう。

妊娠初期症状が無いですが、大丈夫?

【回答】

妊娠初期では、腹痛やお腹の違和感などの症状があります。しかし、初期症状がないと不安になる人も少なくありません。

妊娠の初期症状には個人差が大きく、腹痛なしという人もいます。初期症状がないからと言って流産と決めつけないようにしてください。不安な時は、かかりつけの医師に相談してみましょう。



出血と病院


妊娠初期での出血は流産の可能性がありますが、先程紹介した時期や対処法を知っておけば

不安になることは無いでしょう。少しでも不安と感じたら医師に相談してみましょう。

自己判断による症状の悪化が一番危険です。注意してください。


妊娠初期で出血して悩んでいる方や不安に感じている方は、今回の記事を参考にしてみて下さい。

今回は、妊娠初期での出血について紹介しました。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方