化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

陰部のできものが痛い!できものの原因や対処法などを紹介


陰部にできものが出来ると、他の箇所に比べて痛いものです。


陰部のできものが出来る原因はいくつかあり、できものが出来る場所にっては受診する診療科が異なります。なぜ陰部にできものが出来るのでしょうか。原因や対処法が分からず不安になる人もいると思います。

そこで今回は

・陰部とはどこ?

・陰部にできものが出来る症状と原因

・陰部にできもの対処法

・陰部のできものに効果が期待できる市販薬について

・よくある質問

について紹介します。



陰部とはどこ?



陰部とはどこを指しているのか分からない方もいると思います。ここでは、陰部について紹介します。

陰部は3つに分けられます。

大陰部

太ももの付け根と小陰唇の間に見られる脂肪がついている部分のことで、内側の生殖器と尿道口を保護する役割を持っています。

小陰部

小陰部は女性器の一部で、大陰唇の内側にある、ひだ状の部分を指します。役割は、尿道口や膣口を保護することです。

会陰部

膣口から肛門までの間を指します。

男性では、陰嚢の後方の境から肛門までの間を指し、女性では陰裂の後縁から肛門までの間を指します。



陰部にできものが出来る症状と原因




陰部にできものが出来る原因は、主に11個考えられます。

ここでは、症状と原因を紹介します。

ニキビ

<症状>

ニキビは進行具合で、白ニキビや黒ニキビなどと呼ばれることがあります。

・白ニキビ:白いニキビは毛穴が閉塞し、皮脂が溜まることで皮膚表面が小さく盛り上がった状態

・黒ニキビ:閉塞面皰の状態から更に毛穴が開いた状態

・赤ニキビ:毛穴でアクネ菌などが増殖した為に炎症が起きている状態で、皮膚の盛り上がりが赤色に見える

・黄ニキビ:盛り上がった皮膚の中に膿溜まっている状態で、先端が黄色に見える

基本的に痛みなしですが、手などが当たると痛い、押すと痛いなどの症状があります。

<原因>

古い角質や皮脂が硬くなったものなどでニキビが起こります。蒸れたり擦れたりすることで悪化します。

毛嚢炎

<症状>

毛穴の箇所に紅色丘疹や膿疱ができます。進行すると「せつ」という病名で呼ばれます。この「せつ」になると硬いしこりとなり赤みや痛み、熱感を強く感じるようになります。

さらに悪化すると「よう」という病名で呼ばれます。これは、「せつ」が繋がって膿が溜まった状態で、赤みが1センチ程度みられる事や痛みの他に、発熱や倦怠感などの全身症状が現れることがあります。

<原因>

陰部の剃毛や皮膚を掻く、衣類による擦れなどで皮膚が傷ついたり、ステロイド外用薬の使用や糖尿病によって免疫力が低下した時に、毛穴に細菌が感染して発症します。

尖圭コンジローマ

<症状>

陰部にイボの様なものが出来ます。イボはピンク色や褐色で、大きくなったり数が増えてカリフラワー状や鶏冠状の形になったりすることがあります。

<原因>

性行為によって感染することが多いです。

バルトリン腺嚢胞・腫瘍

<症状>

嚢胞は無症状なことが多く、嚢胞が大きくなると膣口付近に腫れが生じたり違和感を覚えたりすることがあります。嚢胞が感染を起こすと「腫瘍」と呼ばれ、強い痛みや腫れ、赤みや発熱などの症状が現れます。

<原因>

バルトリン腺の開口部が詰まる原因は、ハッキリと分かっていません。

粉瘤

<症状>

数ミリ~数センチの大きさで、中央に黒い開口部がある半球状のしこりができます。

痛みはなく、圧迫するとドロドロとしたものが出てくることがあります。ただし、細菌に感染すると赤く腫れて強い痛みが伴います。

<原因>

粉瘤が出来る原因は、はっきりと分かっていません。

性器ヘルペス

<症状>

症状が出ない人もいますが、初感染の場合はデリケートゾーンに小さな水疱や複数の浅めの潰瘍などができ、強い痛みを伴うことがあります。中には発熱や倦怠感、便秘などの症状が現れる人もいます。

<原因>

主に性行為によって感染して発症します。

梅毒

<症状>

感染部位に「しこり」や「ただれ」ができ、感染してから時間が経過すると手のひらや足の裏などに発疹が現れます。放置しても一時的には消えますが、潜伏期間を経て数年後に全身の皮膚や筋肉などに腫瘍ができたり、心臓や血管、神経などに異常が起きたりすることがあります。

<原因>

主に性行為によって感染して発症します。母子感染もします。

フォアダイス

<症状>

1㎜~3㎜程度の小さなイボやブツブツの様なものが出来ます。

<原因>

原因は、ハッキリと分かっていません。

真珠様小丘疹

<症状>

男性の場合は亀頭の根元に、女性の場合は膣前庭から小陰唇にかけて左右対称に表面が滑らかな乳頭上の小さなブツブツができます。

<原因>

原因はハッキリと分かっていませんが、不衛生な状態が影響していると言われています。

性器伝染性軟属腫(水いぼ)

<症状>

2㎜~5㎜程度の大きさで、ピンク色や白色を中心としたくぼみのあるイボが多発します。つまむと乳白色の粥上のものができます。

<原因>

主に性行為によって感染して発症します。感染力が強く、タオルやスポンジなどを介して感染する事もあります。

疥癬

<症状>

デリケートゾーンに赤いブツブツが多発し、激しいかゆみを伴います。また、湿疹やしこりが現れることがあります。

<原因>

長時間のゼンダニとの直接接触によって感染します。性行為の他、衣類や寝具などを介して感染することがあります。



陰部にできもの対処法




先程、陰部に出来るできものの症状や原因を紹介しましたが、その対処法などについて紹介します。

1.対処法

ニキビ

まずは患部を清潔に保ちましょう。

一般的に病院では「毛穴を閉塞する薬」「抗菌薬」「抗炎症薬」などの塗り薬で治療します。市販薬でも「抗菌薬」「抗炎症薬」を含んだ薬があります。

毛嚢炎

まずは患部を清潔に保ちましょう。

病院では症状に合わせて「抗菌薬」「抗真菌薬」などの塗り薬や飲み薬で治療します。症状が悪化している場合は、皮膚を切開して膿を排出治療をします。市販薬でも「抗菌薬」を含んだ薬があります。

尖圭コンジローマ

病院では「塗り薬による治療」「凍結療法」「電気メス」「レーザー」などの外科的治療を行います。

尖圭コンジローマの市販薬はありません。

バルトリン腺嚢胞・腫瘍

病院では症状に合わせて「針穿刺」「抗菌薬の経口摂取」「カテーテルによる膿の排出」などの治療を行います。軽症の場合は経過観察になることが多いですが、40歳以上の場合は悪性のがんの可能性があるので必ず受診するようにしましょう。

粉瘤

病院では症状に合わせて「嚢腫」の摘出といった治療をします。自分で治すことが出来ないので病院で受診するようにしましょう。

性器ヘルペス

病院では「抗ウイルス薬の飲み薬や点滴」「抗炎症剤」「鎮痛剤」などで治療します。

月経時や疲労時、妊娠中に再発しやすく、パートナーに感染させている恐れがある場合は一緒に受診するようにしましょう。

梅毒

病院では「抗菌薬の飲み薬や点滴」などで治療します。自然治癒することは無く、放置しておくと重篤な症状が出る恐れがあるので早めに受診しましょう。

フォアダイス

病気ではない為、基本的に治療の必要はありません。

真珠様小丘疹

病気ではない為、基本的に治療の必要はありません。

性器伝染性軟属腫(水いぼ)

殆どの場合は「自然治癒」しますが、感染させないための治療が必要です。

病院では「電気メス」「レーザー」などの外科的治療の他に、「塗り薬」や「凍結療法」などの治療をします。

疥癬

病院ではヒゼンダニを殺すための「飲み薬」「塗り薬」などで治療します。他人に感染させる可能性があるため、疥癬の疑いがある時は早めに受診しましょう。


2.何科に受診すればいい?

<男性の場合>

皮膚科や泌尿器科で受診するのが一般的です。

<女性の場合>

婦人科や産婦人科で受診するのが一般的です。皮膚科や泌尿器科でも受診することが出来ます。




陰部のできものに効果が期待できる市販薬について



できものが出来た時、軽度であれば市販の薬で治ることがあります。しかし、薬に含まれる成分や市販薬について分からないかともいると思います。ここでは、できものに効果のある成分や市販薬の選び方などを紹介します。

1.市販薬に良く含まれる成分

抗生物質

小さな傷から細菌が感染する事で、「毛包炎」などが引き起こされます。そのため細菌に効果のある「抗生物質」が使用されます。原因菌は主に「ブドウ球菌属」のため、「ブドウ球菌属」に効果を示す抗生物質が含有されています。

かゆみ止め

デリケートゾーンのかゆみは辛い症状です。かゆみを伴う「毛包炎」の場合、「ジフェンヒドラミン」などのかゆみ止め成分が含まれている外用薬を用いられます。市販薬の中にはかゆみ止めに加えて、抗炎症成分も含まれているものがあり、「炎症」と「かゆみ」を一緒に抑えることが出来るものがあります。


2.陰部のできものを緩和できる市販薬の選び方やポイント

「化膿改善」を重視

患部が化膿している場合、細菌感染の可能性が考えられます。化膿した箇所の広がりを防ぐ為に「抗生物質」の軟膏を用います。

「赤みの改善」を重視

患部が赤く炎症を起こしている場合は「抗炎症物質」を選びましょう。抗炎症物質は大きく分けて「非ステロイド性」と「ステロイド性」があり、市販薬で選ぶときは「非ステロイド性」を選びましょう。

その理由は「ステロイド性」の使用は副作用のリスクがあるためです。

「かゆみの改善」を重視

痒みの改善を重視する場合、「ジフェンヒドラミン」などの抗ヒスタミン薬が含まれているものを選びましょう。患部に炎症が起こり、痒みを引き起こしている場合があります。症状によっては抗炎症剤と併用する、または2剤が含まれるものが良いでしょう。


市販品を購入する場合でどの薬が効果が有るのか分からない時は、ドラッグストアの店員や薬剤師に相談すると良いでしょう。


3.オススメの市販薬

「化膿改善」を重視の市販薬

商品名

メーカー

ネット価格

ドルマイシン軟膏

ゼリア新薬

550

クロマイ-N軟膏

第一三共ヘルスケア

680

テラマイシン軟膏

ジョンソンエンドジョンソン

510

「赤みの改善」を重視

商品名

メーカー

ネット価格

デリケアエムズ

池田模範堂

800

ワルツMクリーム

パピコム

620

「かゆみの改善」を重視

商品名

メーカー

ネット価格

フェミニーナジェル

小林製薬

670

オデキュアEX

池田模範堂

1,000

メンソレータム

フレディメディカル

クリーム

ロート製薬

670





よくある質問



ここでは、よくある質問を「知恵袋」より紹介します。

陰部のできものに塗る薬は?

【回答】

治療は、抗菌外用剤「ゲンタシン軟膏」を1日数回、数日塗布する事で軽減されてきます。

その他に一般的に市販されている「オロナイン」もあります。

注意しないといけないのは「リンデロン」は使用しないようにしましょう。リンデロンは湿疹や虫刺され、痔核など幅ひろく使用できますが、陰部に使うとヒリヒリと患部がしみることがあります。

陰部のできもの触ると痛い!どうすればいいですか?

【回答】

大きいできものができたり痛みが強い場合は、市販の塗り薬では効果が期待できません。早めに病院で受診するようにしましょう。

受診する診療科は

・男性:皮膚科や泌尿器科

・女性:婦人科や産婦人科、皮膚科や泌尿器科

が一般的です。悪化する前に早めに受診する事をオススメします。

陰部のできものはいつ治る?

【回答】

症状にもよりますが病院で治療した場合、1週間~2週間程度で治ってきます。

症状が軽く市販薬で治す場合も1週間~2週間程度で治ってきます。自然になることもありますが、悪化する恐れや再発する恐れがあるので病院で受診する事をおすすめします。



まとめ



今回は、陰部のできものの原因や対処法について紹介しました。


症状や原因は先程紹介したように、11個あります。参考にしてみて下さい。その症状に対する体予報も紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さい。


陰部のしこりやできものは痛くないものもあり、痛みが強くなったり、何回も繰り返しできる方などは悪化する前に病院で受診するようにしましょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方