トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

ムカデに噛まれた、病院に行くべき?


ムカデ自ら人を嚙むことはありませんが、靴やスリッパの中に潜んでいることを知らずに踏んでしまって噛まれてしまうことがあります。


ムカデは、石や落ち葉の下などに生息し、夜間に活動します。


ムカデに噛まれたことがある人なら、誰しもが病院に行くべきかそうでないか悩んだことがあるのではないでしょうか。

 ムカデに噛まれたらすぐに病院に行くべき時と、様子を見てもよい場合とがあります。では、どのようなときに病院に行くべきなのでしょうか。



ムカデに噛まれるとどうなるの



 ムカデに噛まれたら、噛まれた直後思わず「痛い!」と叫んでしまうほどの激痛が走ります。

ムカデに噛まれるとどうなるのでしょうか?

ムカデの顎には、セロトニン、ヒスタミンなどの成分を含んだ毒が含まれています。少し話が脱線しますが、ムカデは噛むのか刺すのか、気になったことはありませんか?ムカデには毒針などがあるわけではなく顎で噛んで攻撃をします。そのため、刺された、という表現よりも噛まれた、という表現のほうが正しいのです。

噛まれた部分は炎症を起こし、ズキズキとした痛み、赤く腫れる、かゆみなどの症状の特徴が出ます。また、発熱やめまい、吐き気などの全身症状が出ることもあります。一般的に痛みは数時間ほどでひきますが、かゆみは2日後以降も続くことがあります。

 ごくまれに、噛まれた直後に蕁麻疹や呼吸困難、めまいなどの急性アレルギー症状が出る人もいます。普段と異なる症状が現れた場合は、すぐに病院を受診する必要があります。特に二度目にムカデに刺された場合には、ムカデの毒に対する抗体が体の中にできているため過剰反応を起こし、アナフィラキシーショックを起こすことがありますので特に注意が必要です。

 ムカデに噛まれたら皮膚がどのようになるのか気になる方は、ムカデに噛まれた跡の画像を検索してみてください。インターネットで「ムカデ 噛まれた時」などと検索するとたくさんの画像が出てきます。自分の噛まれた部位が酷いかそうでないかを見分ける判断材料にもなりますし、ムカデに噛まれたかどうかがはっきりとわからない時にも役立ちます。




ムカデに噛まれた時の処置



 ムカデに噛まれた時の応急処置にはいくつか方法があります。

ムカデに噛まれた時の処置はせずに、けっして放置せずにすぐに対処しましょう。

 まずは噛まれた箇所をできるだけ早く流水で洗い流します。清潔な水で洗い流すことが大切なので、必ず流水にしましょう。対処法の中に、温かいお湯で洗い流す、と言われることもありますが、明確な根拠はないそうなので、流水で流すことが良いと思われます。

噛まれたところに痛みやかゆみの症状がある場合は炎症を起こしているサインです。市販の薬の中でも、ステロイド外用剤を塗って様子を見ましょう。次の日には症状がすこしずつ改善してくると思われます。このような場合は病院に行かない判断をしても問題ないでしょう。

 先述した急性アレルギー症状が出ていない場合でも、数日後や1週間後にも痛みや腫れが引かない場合は病院を受診しましょう。何科に行くか迷った場合は、皮膚科を受診すれば間違いありません。小さいムカデに刺されたら大丈夫、と油断せずに、自分の症状を見て病院に行くかどうか判断することが大切です。

 ムカデは夜行性なので、夜に刺されることが多いです。その場合、次の日の仕事を休むべきかどうか悩むかもしれません。炎症が大きく、痛みが激しいのであれば無理せずに過ごしましょう。いつまで休むかは症状によりますが、痛みが激しくなければ仕事や家事などをしても問題はありません。



ムカデに噛まれないためには




 ムカデに噛まれた時の対処方法が分かっていても、一番はムカデに噛まれないようにすることが大切です。ムカデに噛まれないようにするためには以下のことを気を付けてみましょう。

<ムカデの侵入口をふさぐ>

 ムカデは夜行性で、日中は石などの下に隠れていますが、夜になると餌となるゴキブリやクモなどの昆虫を食べるために家の中に侵入してきます。特に湿気を好むため、排水口付近や床下などのジメジメしたところは絶好の住みかとなります。また、ムカデの体はとても薄いためわずかな隙間でも侵入することができます。そのため、窓枠やドアの隙間を緩衝材で埋めたり、ネットをしたりしてムカデの侵入口をふさぎましょう。

 また、餌となるゴキブリが繁殖しないよう、薬剤などを使って定期的に駆除することもおすすめです。

<乾燥状態を作る>

 ムカデは湿気を好みます。床下の通気を良くしたり、乾燥材などを使って湿気がなるべくたまらないようにしましょう。

<ムカデに触らない>

 特に山間部などでは、ムカデが靴やスリッパなどに隠れていないか確認しましょう。もし見つけた場合、素手で払おうとすると攻撃して噛まれるため、殺虫剤などで駆除しましょう。凍るスプレーや、ムカデ用の駆除道具なども市販されていますので、ムカデに悩まれている方はホームセンターなどで確認してみるといいかもしれませんね。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方