トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

ドライソケットは見た目でわかる?どんな痛み?白い骨?特徴や症状、治療法など紹介


ドライソケットの判断は、抜歯窩が大きく開いていると見た目でわかるのです。

ドライソケットは、骨が露出しているので白く見えます。


どんな痛みかというと、ズキズキとした激しい痛みが特徴です。

では、ドライソケットとはどのような特徴や症状があるのでしょうか。また、どのような治療法があるのか

気になる人も多いと思います。

そこで今回は


・ドライソケットの原因や症状

・ドライソケットの症状。どんな痛み?

・ドライソケットの治療法

・抜歯の体験談

・よくある質問。ドライソケットは、縫合してもなる?いつから心配ない?親知らずを抜く判断基準は?

・ドライソケット、親知らず、虫歯

について紹介します。


ドライソケットの原因や症状



そもそもドライソケットとは、どのような症状なのでしょうか。

ここでは、原因や症状について紹介します。

1.ドライソケットとは

虫歯や親知らずの治療で抜歯した後に、穴が塞がらず骨が露出してしまう状態を言います。

穴から白い骨が見えるので見た目でわかるのです。

ドライソケットを発症すると、いつまでも穴が塞がらないので痛みが長引いてしまいます。

場合によっては痛みが強くなり、日常生活に影響が出ることもあります。


2.ドライソケットの原因

ドライソケットは、何らかの原因で血餅が作られないことや骨に細菌感染が起きている事によって

発症します。

血餅とは、血液が凝固したもの

抜歯後の発症

虫歯や親知らずで抜歯した後に、必要以上にうがいをすると、血が固まらず流れてしまうので、

ドライソケットになりやすいです。

抜歯部分に触れる

抜歯した部分は違和感があるので、つい触ってしまいたくなります。

違和感があるからといって何度も触れてしまうと、血餅が出来る前に剥がれてしまう可能性があります。

血行促進

アルコールの接種や長風呂などで血行促進されると、血液はなかなか固まりません。逆にタバコを吸うと血流が悪化し、血餅を作るのに十分な血が出ないことがあります。


ドライソケットの症状。どんな痛み?



ドライソケットの症状は主に
4つあります。

1.ドライソケットの症状

・抜歯後23日で痛みが出る

・ズキズキと激しい痛みが特徴

・痛みが何日も長引いて弱くならない(2週間以上の痛み)

・特に飲食時の刺激で痛む

・抜歯した穴から臭いがする

これらの症状には個人差があります。


2.ドライソケットになる確率

ドライソケットが発症する確率は「24%」と言われています。

上記の症状が出ていてもドライソケットでないこともあります。



ドライソケットの治療法



ここでは、ドライソケットの治療法を紹介します。

1.治療法

治療は歯医者で行います。

鎮痛剤と抗生物質を服用

痛みが出たら服用します。鎮痛剤の効果は数時間しかありません。また、抗生物質も服用します。

効きにくい時は、治療してもらった歯医者に相談しましょう。

食塩水で洗浄後、薬を詰める

抜歯した部分をキレイに洗浄し、ガーゼに抗生物質を塗布したものや抗生物質の軟膏を詰めます。

この治療は、数回通院する必要があります。

麻酔をしてもう一度出血させる

ドライソケットの主な原因は、血餅が作られないことなので、もう一度出血させて血餅を作る治療をします。

麻酔をした後に傷口を引っ搔いて出血させます。炎症が起きていると麻酔が聞きにくい場合が有るので注意しましょう。


2.治療期間

ドライソケット発症後、痛みが約2週間程度続きます。その後、1週間~2週間程度で痛みが引いてきます。

なので、発症してから完治するまで約1か月かかります。

いつ治るかは、個人差があります。


3.自然治癒

ドライソケットは放置しても自然治癒で治ります。

通常、放置していても1か月程度で改善し、自然治癒が始まります。

強いうがいや歯磨き、飲酒や喫煙など続くと状態が改善されず、

数か月ドライソケットが続く場合があります。



抜歯の体験談



ドライソケットは主に抜歯した時に発症します。

ここでは、実際に抜歯した人の体験談を紹介します。

親知らずが生えてきて、痛みが出てきたので歯科医で診察してもらい抜歯をした。

麻酔をしても抜歯はかなり痛かった。

虫歯がひどく抜歯を勧められ、かなりの激痛があった。その後、痛みが引かないので再度受診したらドライソケットになっていた。完治するまで痛み止めで対応した。

親知らずで抜歯をした。激痛だけでなく歯ぐきの腫れも出てきた。歯医者で受診すると細菌感染だと診断された。その間の激痛は耐えられらかった。


抜歯した後はかなり痛いようです。痛みも1週間~2週間続き、腫れることもあるようです。

激痛がある時は、早めに歯科医で受診しましょう。



よくある質問。ドライソケットは、縫合してもなる?いつから心配ない?親知らずを抜く判断基準は?



ここでは「ヤフー知恵袋」より、よくある質問を紹介します。

ドライソケットは、縫合してもなる?

【回答】

結論から言うと、縫ってもなるということです。

縫合は、歯ぐきにメスをいれたら必ず行います。なのでドライソケットになる可能性はあります。

縫合後、強いうがいや喫煙などで縫合部分が取れてしまい、骨が露出した状態となります。

ドライソケットは、いつから心配ない?

【回答】

ドライソケットは、抜歯後6日以降は、ほぼ起こりません。

1週間後に行う抜糸のタイミングまでに激痛が起こらなければ心配ないようです。

親知らずを抜く判断基準は?

【回答】

親知らずを抜くか抜かないか?の判断基準は

・親知らずが歯の機能をしているか

・歯磨きがきちんと行える場所か

などはのトラブルが起こった時、歯科医が判断します。

歯科医の判断材料として、レントゲンで画像や写真を見て判断することが多いです。



ドライソケット、親知らず、虫歯



ドライソケットは、親知らずや虫歯で抜歯した時に白い骨が見えるので、

見た目でわかるのです。

原因や症状は、先程紹介しているので参考にしてみて下さい。また治療法も紹介しているので、

こちらも参考にしてみて下さい。


親知らずや虫歯で抜歯した時には、ドライソケットになりやすいので注意しましょう。

今回は、ドライソケットについて紹介しました。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方