トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

教員から転職は出来る?オススメの業種や転職する流れなど紹介



教員から転職は出来ますが、ハードルが高いようです。


教員から一般企業に転職する時は「未経験者」となるので

教員から転職する時のハードルは高いと言われています。

更に年齢を重ねるにつれて厳しくなるとも言われています。

では、教員から転職するにはどのような職種がいいのでしょうか。また、どのような事に注意しないといけないのか気になる方もいるでしょう。

そこで今回は

・教員からの転職が難しい理由

・おすすめの業種

・教員から転職する流れ

・民間から教員になるには?

について紹介します。


教員からの転職が難しい理由



教員からの転職は難しいと言われていますが、その理由は何なのでしょうか。

ここでは、転職が難しい理由などを紹介します。

1.教員からの転職が難しい理由

教員から一般企業に転職するのは難しいと言われる理由は次の通りです。

・ビジネスマナーが身についてない

・市場動向把握の機会が少ない

・スキル不足

などです。教員の職場である学校は、一般的な社会から切り離された特殊な世界であり、独特の雰囲気を持っている様です。


2.教員からの転職率


教員

全体

転職率

0.46

15.6

教員は一般企業での経験がないだけでなく、特別なスキルや専門の資格などを持っている人が少ないので、全体の転職率より低くなっています。

20代や30代の転職も難しいのが現状です。



おすすめの業種



教員は他の業種に比べても専門性が高いので、

教員としての経験が生かせる業種は少ないです。

ここでは、教員からの転職先や転職する時のおすすめのポイントを紹介します。

1.教員からの転職先

公務員

公務員は、過去の職歴をあまり気にしない採用です。

教員は専門職の為、一般企業だと断られることもありますが、市役所職員などの公務員だと安心です。教師と同じく福利厚生が手厚いので、福利厚生の大きな変化がありません。また、給料面では一般企業と比べても安心できます。

大学職員

転職先は、教員から大学職員がオススメです。

大学職員は事務職中では月収が高いので、教師以外からも人気の高い転職先です。何機が高いので倍率も高くなっている事を知っておきましょう。

一般企業

小陰は専門職なので一般企業からは経験がないと判断されてしまう事がありますが、一般企業の教育係は転職しやすいです。中には業務経験が必要な場合があるので注意しましょう。

教材会社や出版社

教材会社や出版社では営業や編集など様々な職種があります。

実際に教師として様々な教材を使っていたので教材の知識は十分ありますし、教育現場の事情も理解しているので、このような事をアピールすれば転職する事も可能でしょう。

塾や予備校講師

2023年現在では塾や予備校業界は人材不足となっています。そのため教員経験を生かして応募すれば採用される可能性が高くなります。教師と同様に生徒と共に成長する事ができるので、やりがいを感じることができるでしょう。


2.転職するポイント

幼稚園教諭からの転職の場合>

幼稚園教諭は比較的若く女性の教諭が多いです。なので、幅広く転職先を選ぶことができます。

幼稚園教諭の経験を生かしたいなら「ベビーシッター」「認定こども園」などの児童福祉事業がオススメです。その他で言えば「子供用品メーカー」「テーマパークなどの施設スタッフ」などがオススメです。

小学校教員から転職の場合>

年齢が若いうちに転職する事がポイントとなります。年齢が若いとスキルや経験を積むことができるからです。経験を生かしたいなら「塾講師」「家庭教師」などがオススメです。

<中学校教員から転職の場合>

年齢が若いうちに転職する事がポイントとなります。年齢が若いとスキルや経験を積むことができるからです。経験を生かしたいなら「塾講師」「家庭教師」などがオススメです。

<高校教員から転職の場合>

転職を成功させるには「転職のタイミングを考える」「転職前にスキルも身に付ける」事が重要です。

転職する前に、ある程度の準備をしておくと良いでしょう。

<大学教員から転職の場合>

大学教員の年齢は、40代や50代が多いので、業種が限られてきます。大学教員での経験を生かして「民間企業の研究職」「塾や予備校などの教師」などがオススメとなります。

養護教諭から転職の場合>

養護教諭は一人で対応する業務が多いので、養護教諭からの転職を考える場合は、経験を活かして「介護職」「医療事務」などがオススメです。その他で言えば「一般事務」「営業職」など一人で実績を積んでいく職種が良いでしょう。


教員から転職する場合は、年齢が大きなポイントとなります。転職するタイミングを考えて、転職前にスキルなどの準備をしておくと良いでしょう。


教員から転職する流れ



教員から転職する場合、何から始めればいいのか分からない方もいると思います。

ここでは、転職する流れや転職活動の注意点などを紹介します。

1.転職するタイミング

結論から言うと、転職するタイミングは「3月末で退職して4月入社」です。

その理由は、4月は年度替わりで中途採用が多い時期だからです。教員側も年度末が大きな区切りとなるので学校での引継ぎがスムーズに進みます。

<転職活動のスケジュール>

4月入社を目指す場合の転職活動スケジュールは次の通りです。

書類選考:12月~1

面接:書類選考後の翌日から2週間程度

内定通知:2月~3

入社:4


2.転職の流れ

転職する時には大きく分けて3つのステップがあります。

転職サイトや転職エージェントに登録

ハローワークなどの求人票からでは、スキルや経験などの理由から民間企業への応募は難しいようです。

教員から転職する時には「転職サイト」や「転職エージェント」を使うと転職できる確率が高くなります。

書類選考や面接対策を転職エージェントに依頼

書類選考や面接対策を依頼します。

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書、自己PR文などの書き方や模擬面接などをプロの目線から無料で対策してくれます。

管理職や事務の先生に報告して退職手続きを進める

転職先が決まったら教員を退職する手続きを進めます。

褪色の手続きは管理職と事務の先生に退職する事を報告すれば、退職関係の書類をもらえるので、書類を作成して退職手続きを進めます。報告は転職先が決まったらすぐに報告するとよいでしょう。


3.自己PRの例文

先程、書類選考について紹介しましたが、履歴書に記載する自己PRの例文を紹介します。

教師の最も必要なスキルの一つこそ、相手の気持ちを理解し、話を聞く力です。会話が不得意であったり、外国籍であったりする児童や生徒の思いを理解する為、コミュニケーションの取り方を工夫して理解に勤めました。保護者から様々な意見を頂きましたが、単に言葉を聞くだけでなく、その意図を理解する事に注力しました。その結果「来年度も先生の学級がいい」や「先生はよく話を聞いてくれる」という言葉を頂けるようになりました。

<書き方のポイント>

・課題や主張

・具体的なエピソード

・将来性

この3つの順番で構成する事で、より伝わりやすい自己PRになります。


4.オススメ転職エージェント

リクルートエージェント

未経験業種の転職も専任コンサルタントがサポートしてくれます。

キャリア相談や書類添削、面接対策など転職が初めての方にも安心のサポートを提供してくれます。

マイナビエージェント

担当キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制で、業界に特化したアドバイザーが最適な求人を提案してくれます。サポートは無期限で納得いくまで転職活動を続けられます。

③doda

キャリア相談や書類添削、面接対策など万全な転職サポートを受けられます。転職サイトと転職エージェントの両方を兼ね備えた唯一のサービスであり、自分の状況に合わせて転職を考えられるのが魅力です。



民間から教員になるには?



先程までは「教員の転職」について紹介しましたが、逆に民間から教員になるにはどうすればいいのか知りたい方もいるでしょう。

ここでは、民間から教員になるにはどうすればいいかを紹介します。

1.民間から教員になれる?

結論から言えば、民間から教員になることは出来ます。

ただし、必要な免許を取得し、教員採用試験に合格する必要があります。民間企業経験者を積極的に受け入れようとする自治体は増えてきていますが、それでも全体でみると「民間企業経験者の教員は5%程度」に留まっています。


2.免許について

資格

・教員認定試験

小学校教員を目指す場合は「教員認定試験に合格」しないといけません。教員認定試験とは、教員免許を取得する為の試験です。

中学校や高校の教員を目指す場合は、「大学で実習を受けて免許申請」するだけで、免許認定試験を受験する必要はありません。

大学の教員を目指す場合は、教員免許は不要です。

・教員採用試験

教員を目ザウス上で最大の難関なのが「教員採用試験」です。

民間企業から教員を目指す場合は、働きながら勉強しなければいけないので、かなりの努力と時間が必要になります。市販の問題集などで独学で目指す人もいますが、社会人を対象とした予備校や通信講座などで勉強する事をオススメします。

免許取得の要件となる単位の取得

「教員免許」を取得する上で所定の単位を取得する必要があります。しかし働きながらの単位の取得は難しいと思うでしょう。働きながら単位を取得できる方法は次の通りです。

・科目履修生として必要な抗議のみを受ける

・夜間学校に通学する

・通信制大学を利用する

単位取得には「教育実習」も含まれるので、社会人の受け入れを積極的に推進している大学に相談してみるといいでしょう。


3.目的意識を明確にする

「どのような教員を目指すか」や「どんな教員を目指すか」「なぜ教員を目指すのか」「どんな教員になりたいか」「なぜ教員になりたいのか」など、どんな教員を目指すのか目的意識を持つことが大切です。民間企業から教員になるのはハードルが高いので、きちんと目的意識がないと教員免許を取得する事が難しいですし、教員になった時に「なぜ教員になったのか」「どうして教員になりたいのか」と後悔してしまいます。



まとめ



今回は、教員からの転職について紹介しました。


教員から転職できますが、ハードルが高いようです。先程紹介したように、ビジネスマナーが身についていないことやスキル不足などが挙げられます。


教員は他の業種に比べても専門性が高いので、教員としての経験が生かせる業種は少ないです。

今回の記事では、教員としての経験を活かせるオススメの業種を紹介しているので参考にしてみて下さい。

また逆に、「民間企業から教員になるには?」についても紹介しているので、こちらも参考にしてみて下さい。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方