トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

新生児のゲップが出ない、しゃっくり、苦しそう、寝かせ方、吐く、横向き、出ないまま、泣く、出ない時、寝る


新生児がゲップをする理由は、授乳で飲みこんだ空気を出すためです。


ゲップがでないと新生児が体を動かしたときに、空気が外に出るのと一緒におっぱいやミルクが出て

しまうことがあります。これを「吐き戻し」といますが、飲み込んだ空気を授乳後に出して、せっかく

飲んだものを吐き戻ししない様にするのがゲップなのです。


そこで今回は

・新生児のゲップをさせる方法やコツ

・ゲップをさせるためのポイント

・ゲップが出ない時のよくある質問

などゲップが出ない時の対処法やコツなどを紹介します。




新生児のゲップをさせる方法やコツ



ゲップをさせる時は、新生児の姿勢がポイントです。その姿勢には、いくつか種類があるので紹介します。

 ①縦抱き

  ・新生児の赤ちゃんを縦抱きにします。

  ・胸からお腹付近がママの方に当たるぐらい担ぎ上げるようにして、背中をさすります。

  これはママの肩でお腹が押される為、ゲップが一番出やすい姿勢です。


 ②ママの膝に座らせる

  ・ママの肩手で新生児の胸を支え、太ももの上に横向きに座らせます。

  ・新生児の上半身を前に傾け、背中を軽くトントンと叩いてあげるとゲップが出やすくなります。


 ③ママと向き合う

  ・新生児がママと向き合うように、上体を起こした姿勢でママの太ももに座らせます。

 ・ママの片手で赤ちゃんの首から後頭部をしっかり支えて、もう一方の手で背中を優しくさすります。

 

 この様な感じで赤ちゃんのゲップが出るか試してみましょう。


新生児がゲップが出ないとどうなるのか?

 ゲップが出ないとお腹が大きく膨らんで、嘔吐が増えることがあります。

 お腹の膨張による嘔吐を防ぐには、綿棒などで肛門を刺激しオナラを出させることも一つの方法です。



ゲップをさせるためのポイント




簡単にゲップをさせるために
5つのポイントを紹介します。

ソファーに少し深めに座ります。体の角度を調整して新生児のゲップの出やすい角度を探しましょう。


新生児を縦抱きにし、肩にもたれかかるようにしてあげます。

 この時にゲップと一緒に母乳やミルクを吐き出すこともあるので注意しましょう。


新生児の胸がママやパパの肩に乗るくらいまで、グッと押し上げます。背中がちょっと丸くなるくらいが

 ベストです。

 注意する点は、横向きにした時に新生児が口や鼻が塞がらない様にしましょう。


胃の後ろあたりからうなじまで、新生児の背中を下から上へとさすります。

 お腹の空気を押し上げていくイメージです。

 叩いても良いですが、強すぎると苦しそうになったり、緊張して出にくくなることがあるので適度に

 しましょう。


ゲップの姿勢で5分ぐらいしても出ない時は、

新生児を平らな布団の上に寝かせて、

しばらく様子を見ましょう。余りこだわり過ぎないことが大切です。



ゲップが出ない時のよくある質問




なぜ新生児にゲップが必要なの?

 ・ミルクを吐くことが無いようにするため

 ・ミルクをしっかりと胃の中に入れて消化吸収させるため

 ・空気が圧迫しないようにするため

 新生児は大人と体のつくりが違い、お腹がいっぱいになるとミルクや母乳が食道の方に逆流

 しやすくなります。放っておくと新生児は吐きやすいので、ミルクや母乳も吐いて

 しまいます。お腹の空気だけを抜くのが大切です。 


ゲップがどうしても出ない時はどうするの?

 寝かせ方がポイントになります。

 横向きに寝かせ様子を見ます。ゲップの姿勢をして5分以上でない時は、平らな布団の上などに横向きで

 寝かせ、しばらく様子を見ましょう。

 新生児が寝る場合がありますが、吐いたものを器官に詰まらせないようにするのが目的です。


ミルクを飲んだ後にしゃっくりをした場合はどうするの?

 ミルクと一緒に飲み込んでしまった空気のせいでお腹が膨れ上がっている可能性があります。

 この様な場合は、ゲップをさせることで、しゃっくりが止まることがあります。

 ゲップをさせるには授乳直後にママの肩に乗せるように縦抱きをすると出やすくなります。


ゲップが出ないまま苦しそうにしている場合はどうすれば良いの?

 ゲップが出なくてもオナラとして出ているのであれば、お腹が強く張ることが無いようです。普段から、

 腰からお尻にかけて丸くなるように抱っこすれば、自然と腹圧が掛かってゲップやオナラが

 出やすくなります。縦抱きの時も足をM字に開いてあげると効果が有ります。


以上がよくある質問です。参考にしてみて下さい。



まとめ



新生児がゲップをする理由は、授乳で飲みこんだ空気を出すためです。


ゲップが出ないと新生児のお腹が膨れ、嘔吐が増えてくることがあります。そうすると、せっかく飲んだ

ミルクや母乳も一緒に吐き出してしまいます。


ゲップを出させるポイントは「縦抱き」です。縦抱きをすることで、新生児のお腹がママやパパの肩に

当たるので空気が押し出されやすくなり、ゲップが出やすくなります。


今回お伝えした「ゲップを出させるコツ」や「ゲップを出させるポイント」を参考にしてみて下さい。


コツやポイントを知っておけば、簡単にゲップしてくれるようになるでしょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方