化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

クリスマスイブはいつ?いつから言われだした?意味は?


日本ではクリスマスイブというのは、12月25日の前夜という意味で、12月24日ということになっています。

ですので24日の前日の23日のことをイブイブとまで言っています。

12月24日のクリスマスイブは、真冬の一大イベントという華やぎ感があります。

恋人同士ならステキなレストランを予約したり、家庭でも24日の夜は、豪華な料理をテーブルに並べ、クリスマスケーキを買い・・ということになります。

ですがクリスマスイブという言葉は、本当はクリスマスの前夜ということではなく、クリスマスの夜、という意味だという事は知っていましたか?



クリスマスイブとはいつからいつまでのこと?


実は、クリスマスイブとは、英語のevening(イブニング)(夜)と同じ意味の古語evenの最後のnがなくなったものです。

つまりイブの意味はイブニング(夜)ということです。

ですからクリスマスイブはクリスマスの前夜という意味ではなく、クリスマスの夜というのが正しい解釈となります。


いつからいつまでなのかは

古代ユダヤ暦では、午前0時から次の日になるのではなく、日没から次の日になります。ですので、クリスマスは12月24日の日没から始まり、12月25日の日没までという事になります。

という事は、クリスマスイブ(クリスマスの夜)は12月24日の夜ということになります。

多くの日本人がしているように、クリスマスイブのイベントを24日の夜にするのは、日にちとしては間違っていなかったんですが、「前夜祭」という意味合いではない、ということになりますね。


ともかくもクリスマスイブはクリスマスの前夜という事ではなく、クリスマス当日の夜の事なのです。


クリスマスってそもそも何の日?


一般的にはクリスマスはイエス・キリストが誕生した日ということになっています。

「クリスマス」は「クリスト(キリスト)(Christ)・マス(ミサ)(mass)」という意味になり、キリストの降誕祭という事です。

ですが、イエス・キリストが12月25日に生まれたというのは、正しくはありません。

聖書によれば、イエス・キリストがベツレヘムで生まれた夜に、羊飼いが外で羊の番をしていたという事が書かれています。

この中東のベツレヘムは、12月は雪や雨が降り、かなり寒さが厳しく、羊を外には出しておきませんでした。

なので羊飼いが外で羊の番をするということはありえませんでした。

つまりイエス・キリストが生まれた日は、真冬の12月25日でないことは確かなのです。


では、何日なのでしょうか?

どうして12月25日がキリストが生まれた日として、祝われるようになったのでしょうか。

逸話として知られているのは、西暦273年にローマ皇帝アウレリアヌスが、12月25日を太陽神の誕生日と定め、盛大に祝っていたようです。

太陽神を崇拝する異教の祭りだったのですが、当時のキリスト教会がそれを利用して、信者を多くするために、12月25日をイエス・キリストの誕生日、つまりクリスマスとして広めたと言われています。



日本ではクリスマスイブをどう祝っている?


日本ではクリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う行事としてよりも、楽しい華やかなイベントとして、根付いています。

いつ頃からかクリスマスシーズンになると、街はクリスマス的な美しいイルミネーションで飾られ、人々は否応なくワクワクした気分になって行きます。

クリスマスイブにチキンを食べるのも、白い生クリームでおおわれたクリスマスケーキを食べるのも、日本だけのようです。

しかもクリスマスイブの24日がメインとなっていて、25日になるとサーっと熱が冷めたようにクリスマス気分がなくなるのも、日本独特のものかもしれません。


諸外国では、12月25日のクリスマスがメインとなるようです。

その25日の前後にはクリスマス休暇を取り、家族皆が集まります。

日本ではお正月休みに家族皆が集まりますが、そんな感じかもしれません。



日本にクリスマスが入って来たのはいつのこと?


日本では明治21年頃にクリスマス用品が外国から入って来るようになり、次第に一般の人々にも行き渡り、14,15年後には年中行事の1つとなっていたそうです。

日本人の何でも取り込んで、馴染んでしまう感じがよく分かりますね。


昭和の初期には銀座の「明治屋」がクリスマス飾りを始め、それがきっかけでクリスマス飾りが広まって、クリスマスバーゲン等も始まったようです。

クリスマスケーキは、お菓子の「不二家」が明治43年に、既にクリスマスケーキを販売したそうです。

昭和になるとクリスマスケーキもデコレーションが派手になって行き、昭和40年代頃から今のようなショートケーキが主流になって行ったようです。



クリスマスイブは恋人と過ごす、これって以前の話し?


少し以前には、クリスマスイブまでに恋人を作りたいと、かなり焦る人が多かったようです。

ですが、今はそれはないようです。

恋人がいない人への、クリスマスイブまでの1か月間、どのように過ごすかというアンケートでは、恋人を探すために合コンへ参加するとか、そういった事をする人は殆どいませんでした。

「いつも通り」に過ごすという人が90パーセント以上だったそうです。


また若い人もそうでない人も、現在はクリスマスだからといって、特別に何かする人の方が少なくなって来ました。

クリスマスイブは、いつも通り自宅で過ごす人が一番多く、次に家庭内でパーティ、次に仕事という順番です。


クリスマスイブが特別なイベントでなくなる日も近いかもしれませんね。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方