化粧ノリが悪い、カサカサ、下地、ファンデーション、粉吹き、肌荒れ、生理前、乾燥、対処

女性の一番の悩みは、化粧ノリの悪さですよね。女性はホルモンバランスなどによって、日々肌質が大きく変化しますし、ストレスによっても肌質が低下してしまう事も多々あります。 今回は、そんな化粧ノリが悪くなってしまった時に、どんな事をすればいいのか応急処置を紹介していきます。 化粧ノリが悪い時は毛穴にも注目! 毛穴に角質が詰まってしまい、汚れで顔が満たされてしまっている時は化粧ノリが悪くなります。洗顔料に角質除去の成分が入ったものも販売されているので、まずは角質除去をして改善するか肌の様子を見てみてください。 鼻だけの角質取りのパックなどもあるので、特に角質の溜まりやすい鼻に関しては、こうしたパックを駆使するようにしましょう。 女性の化粧ノリが悪い日とは? ほぼ全ての女性に共通して悪いと言われる日もあります。 それが、生理前です。理由としては、前述した通りに、ホルモンバランスが崩れてしまい、肌荒れしやすくなるからです。 悪いとは具体的にどんな状況になるのでしょうか?まずは、やはりファンデーションのノリが悪くなり、粉吹きしてしまうなどの肌トラブルですね。肌がカサカサと乾燥する事もあります。 対処としては、化粧水をたっぷり使う、パックをする、ビタミン剤を駆使してなるべく肌トラブルを回避するなどの方法があります。マルチビタミンなどは、肌トラブルを防止してくれますし、肌荒れを防ぐ事を目的としたサプリも開発されているので、自分に合うものを探しましょう。 産毛も改善が必要! 産毛の処理不足で、化粧が上手く肌に乗らない事もあります。 口周りから始まり、鼻の下、顔全体、眉間、産毛は至る所にあります。 産毛の処理をしっかりしたいなら、サロンに行く事をお勧めします。自分で処理をしてしまうと、剃る事で尚更毛が濃くなってしまう事もあるので、自分で処理する場合も剃るのではなく抜くように意識するといいでしょう。 通販サイトに自宅で出来る脱毛器も出ているので、一度買ってみてもいいかもしれません。 理由には日焼け止めがあわないのも。 化粧ノリが悪い時に考えられるのは、化粧水や下地が合っていないというパターンもあります。下地代わりに日焼け止めを使っている人は、日焼け止めで肌荒れを起こしてしまい、肌荒れを起こしている場合もあります。 その場合の対処法としては、ひたすら様々な自分に合う商品を探すしかありません。

粉瘤の臭い、好き、消す、ドロドロ、例え、対策、汁


粉瘤という皮膚の病気はご存知でしょうか?

腫瘍の一種なのですが、命にかかわるようなものではない、良性の腫瘍です。

おできとかニキビに似ていますが、そういった類のものではありません。

皮膚の下に嚢腫(のうしゅ)という袋状の組織が出来、その中に白や黄色っぽいドロドロしたものが溜まり、そのため皮膚が盛り上がり、大きさは小さいものから大きいものまであります。

この粉瘤、押すと中からドロドロした汁が出て来て、

その粉瘤の臭いが強烈なのです。

自分が粉瘤になったことがあるとか、家族がなったことがあるなら、その臭いがどんなものか知っていると思います

でもそういう経験がないなら、その臭いがどんなものか、ちょっと想像出来ないかもしれませんね。

粉瘤とはどんなもので、どんな臭いを発するのでしょうか。

例えも交えてお伝えします。


粉瘤の臭い、例えるとどんな臭い?


皮膚の下の袋状の嚢腫に溜まっているもの、それはいったい何なのでしょうか。

それは皮脂や角質等の皮膚の老廃物が溜まったものなのです。

本来なら垢となって自然に剥がれていくものが、どういう訳か剥がれ落ちずに溜まってしまったりするのです。

その原因ははっきりとは分かっていないようです。

毎日入浴して清潔にしていても出来たりしますし、年齢や性別も関係ないようです。

その溜まったものが次第にドロドロした粥状になり、押して出て来ると悪臭を放ちます。


粉瘤が細菌に感染すると、臭いは一層強烈になります。

無理にドロドロしたものを押し出さなくても、臭いが発せられるようになりますので、周りに気づかれるかもという心配も出て来ます。

しかも臭いだけでなく、痛みも出て来るようになります。


その臭いは、例えれば腐ったチーズとか、履き続けた靴下とか、腐ったホタテのような臭いとか色々と表現されています。

とにかく強烈な悪臭であることは確かなのです。

ただ、その一種独特の臭いが好きな人もまれにいるようです。



粉瘤、臭いを消す方法ってあるの?


消し方は粉瘤は細菌に感染していないうちは、抗生物質を服用したり、抗生物質が配合された軟膏を塗っていると、治ってしまうこともあります。

ですが、大体はちょっとした外科的な手術で、粉瘤の臭いのもととなっている袋を取り除かないと、中々治りません。

自分で膿を押し出して治そうとする人がいますが、むしろ悪化させてしまうことになりますし、臭いは到底消えないでしょう。


手術と言っても日帰りの簡単な手術なので、自分流に治さずに、早めに形成外科に受診しましょう。



粉瘤ってどこに出来るの?背中とか頭?


粉瘤は背中や頭とは限らずに、体のどこにでも出来るものです。

ですが出来やすい場所というのもあり、それは背中、耳の裏、耳たぶ、脇の下、首のうしろなどです。

また顔に出来ることもありますし、胸やお尻に出来ることもあります。

どこに出来てもおかしくないというのが粉瘤なのかもしれません。

でも粉瘤が出来ないようにする対策もないようなのです。

アルコールやタバコ、ストレス等も関係ないようですし、不潔にしていたから、というものでもないようです。

粉瘤の経験があったのをなしにはできませんが

これを機会にして見直してよくするのはいかがでしょうか。



粉瘤の臭い以外にも、臭うものは?


*ワキガ

粉瘤の臭いも強烈ですが、わきがの臭いも強烈だと言えるかもしれません。

欧米人に比べて日本人にはワキガの人が、それ程多くはいません。

だからこそワキガの悩みが深刻になってしまうこともあります。


体臭が強いという事と、ワキガとを混同してしまう人もいますが、そういうことではありません。

理由は体臭ではなく、ワキガは脇の下から出る臭いなのです。

ワキガは「アポクリン臭汗症」とも呼ばれていますが、アポクリン汗腺から分泌される汗がワキガの原因になります。

アポクリン汗腺から出る汗の成分には脂肪酸、鉄分、尿素、アンモニア等が含まれています。

ですので普通の汗より粘り気もあり、臭いもあるのですが、特に脂肪酸が皮膚の常在菌によって分解されると、あのワキガの独特な悪臭を発生させるのです。

普通の人よりアポクリン汗腺が多い人が、ワキガになるのですが、遺伝性のものとも言われています。


ワキガの臭いを抑える方法はあるのでしょうか。

脇の下の菌の増殖を抑えることで、ある程度臭いを消すことが出来ます。

例えば、小まめにシャワーを浴びることや、汗をかいたらすぐに拭くこと、そして脇の臭い専用の制汗剤を使うことです。

ベンザルコニウム塩化物やイソプロピルメチルフェノールを含んだ殺菌効果のあるクリームは有効です。


*口臭の原因となる臭い玉(膿栓)


臭い玉というのは、喉の奥の扁桃に出来ます。

扁桃は喉からウイルスが体内に入らないようにする器官ですが、その扁桃のデコボコした部分にウイルスや細菌の死骸、食物のカス等が溜まって白っぽい塊となります。

この白っぽい塊が臭い玉と言われるものなのです。

この臭い玉は、その名称からも分かるように、かなりの悪臭を発します。

ドブのような臭いとも言われています。


口臭がきつく、歯磨きやうがいをしても改善しないなら、臭い玉があるのかもしれません。

臭い玉を取り除くのは結構大変です。

くしゃみをした途端に、その臭い玉がぽんと取れる場合もありますが、めったに起こる事ではありません。

自分では中々取れるものではないので、耳鼻科に行く必要があるでしょう。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方