トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

持病があっても入れる保険、比較。持病あり。糖尿病。デメリット。告知。医療保険。死亡保険。口コミ。ランキング。人気。安い。加入


日本国民の多くが生命保険(死亡保険)に加入しているといわれていますが、

幸いなことに、

日本は生命保険や医療保険をはじめとした保険が非常に充実しています。

それは多くの保険会社のcmが放映されていることからもうかがえますよね。

 

 保険に関するトピックとして、しばしば、「持病があっても入れる保険はありますか?」という疑問が見られることがあります。

今回は、その疑問に答えつつ、持病ありでも入れる保険のデメリットや、

数ある選択肢の中からどうやって保険を選べばよいかなどを述べていきたいと思います。



持病ありで入れる保険会社


 まず、結論から言います。持病があっても入れる保険はあります。具体的には、


・アフラック

・オリックス生命保険

・ネオファースト生命保険

・メットライフ生命

・日本生命

・朝日生命

・アクサ生命

・ネオdeいりょう

・ライフネット生命

・第一生命


など、持病があっても入れる保険は多くあります。

 また、国民共済コープ(全労済)や県民共済なども、持病があっても加入できます。保険や共済などにおいて、告知が必要ないサービスも多く展開されています。


※保険と共済の違い

 よく比較されることの多い保険と共済ですが、それらはいくつかの点で異なります。


保険>>>保険会社の提供する、営利目的の商品であり、不特定多数の顧客が保険会社に保険料を支払う。顧客に万が一のことがあった際に、資金が支給される。


共済>>>共済組織によって運営されており、組合員が共済掛金を支払うことで、組合員とその婚約者や子供に万が一のことがあった際に相互に助け合うことができるシステム。こどもから大人、男性女性にかかわらずみんなで支える。



※持病があっても加入ができる保険はたくさんありますが、持病があっても必ず保険に加入できるというわけではありません。


〈なぜ保険などの加入において持病の有無が問題視されるのか〉

 保険というのは、先述の通り保険料を支払うことで万が一の時に保険金を受け取ることができるというものです。糖尿病などの持病を持つ人が保険に加入する場合、保険料(支払う額)よりも保険金(受け取る額)のほうが多くなる可能性が高く、健康な契約者との間に不公平が生じてしまいます。ですから、持病を持っている場合は、保険加入の選択肢が健康な人よりも狭まってしまいます。


 しかし、今まで述べてきたように、持病があっても加入しやすい保険が多くあるので、保険の加入を断念する必要はありません。


保険の比較


多くの人気のサービスがあって一つに絞ることが困難な保険ですが、一体何を決め手として保険を決めればよいのでしょうか。ずばり、人によるので自分に見合った保険を選択するのが一番良いです。値段で選ぶもよし、サービスの内容で選ぶもよし。

ネット上にみられるランキングや口コミ、サービスの内容をのぞいてみて、

自分に合うサービスを選びましょう。

 また、多くの無料保険相談所があるので

利用するのもいいでしょう。

主に以下のような無料保険相談所があります。



・ほけんのぜんぶ

・マネードクター

・保険マンモス

・保険市場

・保険無料相談ドットコム


持病があっても入れる保険のデメリット

 

 持病があっても入れる保険があるというのは、持病がある人からすればうれしいことですよね。では、持病があっても入れる保険にデメリットはあるのでしょうか。

結論から言うと、デメリットがあります。

 まず、保険料が割高になるということです。持病の発作が突然起こるリスクを考えたら、安い保険料で保険を販売するわけにはいきませんよね。ですから、万が一の事態が発生する可能性が高い持病を持つ契約者の保険料が割高になるのは仕方がないことですよね。

 また、保証の期間が設けられているというデメリットもあります。ですから、持病のある人は保険に加入するタイミングをよく見定める必要がありますね。


保険に加入したほうが良いのか


 では、持病のある人は、上記のデメリットを踏まえたうえで保険に加入したほうが良いのでしょうか。この問いに対しては、一概に答えを出すことが難しいです。高い保険料を払ったにもかかわらず、案外健康でいられて、何も見返りがなかったら損した気分になりますよね。

 ですから、保険に入る以外の方法を検討してみても良いかもしれません。例えば、万が一の時のための貯金を毎月定額でしておくといった方法です。割高な保険料を払うよりは出費を抑えることができなす。


安いのか比較

 

持病があっても入れる保険は


持病があっても入れる保険はあるが、

けっして安いわけではありません。

デメリットを伴います。

支払いの金額と持病の状態を比較することです。

今後のご自身のライフプランに合わせて保険加入を検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事を読んだ皆様が

この記事から何か有用な情報を得ることができていれば幸いに思います。

読んでいただき、ありがとうございました。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方