ロゼッタ、可愛いくて謎に満ちたその正体は?

ロゼッタはきれいな金髪をなびかせ、その金髪の前髪が右目を隠しているのが特徴です。 ロゼッタ姫とか、ロゼッタ様と呼ばれたりしています。 マリオシリーズの新しいキャラクターの中では、日本でも外国でもかなりの人気者です。 今後の活躍にも期待してしまうくらい、色々なマリオゲームに登場しています。 この神秘的なロゼッタ姫、その正体についてご紹介します。 正体は?謎のロゼッタ。ピーチ姫も気になるけど 2007年に発売された「スーパーマリオギャラクシー」はゲームソフトです。 様々な星を飛び回るマリオのダイナミックさを堪能出来る3Dアクションです。 マリオはさらわれたピーチ姫を救出するために、宇宙へと旅立ち活躍するのですが、そこに初登場したのがロゼッタなのです。 シリーズでは常に星の子チコと一緒にいます。 ロゼッタは前述のように美しいブロンドの髪を持ち、エメラルドグリーンのドレス、頭には王冠を付け、胸元にはいつも星形のエンブレムを付けています。 数々のイラストを見ても、それが強調されたものになっています。 ピーチ姫より背が高く、その背の高さが重量級に匹敵するキャラクターです。 ロゼッタの過去は「ほうき星の天文台」に出て来る絵本の中で語られています。 絵本の内容はロゼッタに似ている少女の話しという事なのですが、ロゼッタ自身の事のようにも受け取れ、そこのところがとても謎に満ちています。 生まれたのはマリオたちと同じ惑星なのです。 父親は鬚が立派な人で、ロゼッタの母親はロゼッタが幼い時に亡くなっています。 ある日ロゼッタは星の子チコと出会い、チコの母親を探して宇宙へ旅立ちます。 その途中で別のチコたちの一団と会いますが、彼らも母親を探していました。 結局チコたちには親がいないという事が分かったのですが、ロゼッタはチコたちのママの代わりをつとめています。 今後はどうなる?父親はマリオって本当? ロゼッタとマリオが親子だということは公式には言われていません。 ですがロゼッタがチコに読む絵本の中に、父親の事が出て来ます。 マリオのように、赤い帽子、立派な鬚のある男性です。 どう見てもマリオではないかと思ってしまいます。 マリオに協力して活躍しますが、どうしてそんなに協力してくれるのでしょう。 親子だから?という推測も出て来ます。 この問題は大部前からファンたちの間で議論されて来ました。 でも色

コインランドリー、使い方、布団、こたつ布団、靴、毛布、カーペット、カーテン、乾燥のみ、ラグ、柔軟剤、ホテル、病院、洗剤


自宅に洗濯機がない、

引越し直後の新生活で洗濯機を設置していない、

などの環境で有用な

サービスがコインランドリーです。

コインランドリーの使い方をみてきましょう。



まち時間は動画などで対応。柔軟剤の確認を。病院にもある

コインランドリーは文字通り、料金の支払いに硬貨を洗濯機の投入口に入れ、洗濯するサービスです。必要なものは、洗濯する衣服と硬貨です。洗剤や柔軟剤は自動で投入されることが多いので、洗剤なし、柔軟剤なしでも問題ないか確認の上、必要に応じて用意しましょう。

待ち時間にスマートフォンなどで動画などをみるのもいいでしょう。

コインランドリーは街中やルートインなどのホテル、大きな病院などに設置され、誰でも使用することが可能です。洗濯機に使い方がイラストなどを用いて表示されているので、初めでで使い方がわからないという方であっても失敗することなく洗濯が可能です。

多くの場合、30分程度の時間で洗濯は終わりますが、その場で待っていられるように椅子などが置かれています。

また、洗濯が終わった後、乾燥もできるよう乾燥機が設置されているコインランドリーもあります。自宅で洗濯した後、乾燥機だけ使用する、というのも一つの使い方です。コインランドリーは洗濯だけでなく、乾燥のみ短時間で終えたい、といった乾燥だけの利用も可能ということを覚えておきましょう。

なお、初めて行く場所で

コインランドリーの場所を知らない場合でも、インターネットの検索エンジンにて「コインランドリー」で検索すれば、現在地周辺のマップとコインランドリーの場所が表示されるので容易に見つけることが可能です。


毛布や布団、こたつ布団、羽毛布団、カーペットなど。靴は?コインランドリーで洗えるものには

コインランドリーでは、普段の衣服に加え、毛布や布団、カーテン、カーペット、こたつ布団、ラグなどの洗濯が可能です。また、洗濯機で洗える羽毛布団であれば、コインランドリーでの洗濯も可能です。さらには、大型コインランドリーでなどでは靴専用の洗濯機を置いています。

コインランドリーの相場ですが、1回の洗濯利用で400円程度です。乾燥機は10分で100円程度を目安にするとよいでしょう。

コインランドリー事業に取り組んでいる会社としてアクアやサンヨーなどが挙げられます。


海外は?カナダ、アメリカでのコインランドリー事情

海外では、日本よりコインランドリーが一般的であり、アメリカやカナダでは、日本のように自宅に1つの洗濯機がある場合は少なく、アパートの地下や近所のコインランドリーで洗濯をするケースが多いです。

また、コインランドリーの発祥ですが、1930年ごろにイギリスはロンドンのアパートに設置された洗濯機とされており、古い歴史があります。

なお、英語でコインランドリーはlaunderetteと言います。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方