トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

織田信長の戦い、桶狭間、鉄砲、桶狭間の戦い


桶狭間の戦い、長篠の戦いを中心とした数多くの戦いの数を貫き通し、見事天下統一を成し遂げた織田信長。

その戦いの名前は現在でも数多くの人に知られていて、その戦いの工夫までもが魅力的。

最終的には、本能寺の変により家臣である明智光秀によって襲撃されてしまい、最期を迎えます。


数々の戦いの歴史を残してきた織田信長。

今回は、

織田信長の歴史と戦いについて紹介していきます。


織田信長がしたこと。戦いが全てではない!


織田信長は戦い以外でも、実は商業を発展させるための政策をいくつかしています。

ここではその織田信長の行った政策の一覧を紹介していきます。


    (1) 関所の廃止


交通の要所などに置かれた関所を廃止することで、輸送力を図り経済の発展を促進しました。

元々、そういった考え方はその時代の戦国大名間でも有名になっていましたが、それを織田信長が実現しました。

これまで関所で支払っていた通行料を撤廃することで、まずはコスト削減が可能になります。

確かに通行料を取れば織田信長の収入源にもなりますが、これを撤廃することで価格が安くなり、商業が活発になったのです。

また、関所で得た利益は地方の国人の収入源でもあり、収入源を防ぐことで反乱を防ぐことができました。


    (2) 楽市楽座


楽市楽座と呼ばれるこの政策は、城下町の発展を理由に行われました。

商売においてかけられていた税金をなくし、商工業者の持つ特権をなくすといったものです。

楽市によって誰もが自由に商売ができるようになり、楽座によって座を廃止したことにより、他の街から移ってきた人も含めて誰でも自由に商売ができるようになりました。

この政策を講じることにより、農民や職人さんといった人が増えると同時に、仕事を手に入れる人が多くなっていきました。

また、楽市楽座を施行することにより、領地内を統制できるといいった観点から誰にも主権を握らせないという思惑もあったようです。


織田信長の主な有名な戦いの一覧


数々の戦いをこなしてきた織田信長。

天下統一のために戦いを繰り広げ、圧倒的戦闘力を誇っていました。

ここでは、織田信長がしてきた有名な戦いについて、年表形式で順番に紹介していきます。


    • 桶狭間の戦い


1560年、大名今川義元が尾張国に攻め込むために軍を進めたことによって起きた戦い。

三河の国に生まれた今川義元が領地を拡大するべく、当時松平元康だった徳川家康を人質に取り、尾張を手に入れるために攻め込みます。

今川軍は30000人程度に対して、織田軍は5000人しかいなかったと言われています。

しかし結果的に、織田信長軍が勝利するのです。

戦時中は豪雨に見舞われていて、今川軍は混乱に陥っていました。

そこを織田信長が奇襲したことに寄り、勝利したわけです。

桶狭間は尾張の国に位置するのですが、地図上では具体的にどの辺にあるのかまではわかっていません。


    • 比叡山焼き討ち


1571年、比叡山延暦寺において、織田信長と延暦寺の間にて争いが起きました。

きっかけは織田信長が比叡山を横領しようとしていたのがきっかけという風に言われています。

その動きを察した延暦寺の僧侶たちは、数百人連れて、信長の動きを止めようとしましたが信長の前向きな反応はありませんでした。

最終的に、織田軍が数万人あまりの兵士を引き連れ、老若男女問わず延暦寺にかくまっていた人達を抹殺したとされています。


    • 長篠の戦い


長篠の戦いは、1575年に織田信長と武田勝頼によって起きました。

愛知県にあった長篠城を徳川家康が支配していたのですが、長篠城を武田勝頼が奪還しようとしたのがきっかけだと言われています。

戦争時、織田軍は約30000人、武田軍は約15000人いたと言われています。

人数だけ見ると、確かに武田軍の方が少ないので人数差で織田軍が勝利したと思うかもしれません。

ですが武田軍は、他の戦国大名からも恐れられるほどの戦闘力を誇り、かの有名な騎馬戦は圧倒的戦闘術でした。

それにも関わらず、織田軍は鉄砲隊を配列し、武田軍を次々に滅ぼしたことで織田軍は最終的に勝利を収めるのです。


ちなみに、武田勝頼は武田信玄の息子です。武田信玄と織田信長は実は仲が良かったらしく、お互いに戦ったことは一度もありません。

互いに仲良かった両者なのですが、武田軍が織田軍の領地であった岩村城を攻め込んだことがきっかけでお互いの仲が崩れます。


織田信長の戦いの様子。桶狭間の戦い、鉄砲、戦いの工夫について。


織田信長はほぼ全ての戦いに対して勝利を収めてきました。

ここでは織田信長がこれまでしてきた戦いについて、どのような様子だったかを簡単に紹介していきます。


    • 圧倒的戦闘力


織田信長がしてきた戦いにおいて、ほぼ全ての戦いで常に有利な状況で挑んでいたということが知られています。

例えば、ほとんどの戦いにおいて信長軍の方が、人数は多いです。

長篠の戦いとかもそうですね。

しかし、桶狭間の戦いにおいては、人数は織田軍の方が圧倒的に少ないです。

とはいえ、信長はちゃんと今川義元の動きを把握していて、周りからの情報を基に戦力を練っていたので、敵軍の人数に怯むことなく勝利を収めたということなのです。


    • 鉄砲隊


主な戦いの年表でも上述した通り、織田信長は1575年の長篠の戦いで鉄砲を使った戦い方を繰り広げました。

鉄砲隊を率いた織田軍は、当時最も恐れられていた武田軍の騎馬隊まで攻略してしまいます。

当時の鉄砲は、今でいう火縄銃が使われていて、火薬と弾を仕込むという形状になっていました。

今では片手で撃てるような簡易的な銃が数多く存在しましたが、昔の火縄銃がとても重く、準備から発射までに時間がかかっていました。

そのため、

織田信長は鉄砲隊を3つのグループに分け、

戦闘態勢が整っている間に他のグループが準備といった効率のいい手段を取り、勝利へと導いたのです。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方