トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

頭皮が痛い、髪を動かすと、知恵袋、赤い、はげ、思い込み


髪を触る時に頭皮が痛かったり、長い時間髪を結んでいたりした時に頭皮が痛くなったりすることはありませんか。

髪の毛にはとても気を使うのに、頭皮自体にはそれ程気を使っていないという方も多いかもしれません。

ですが、頭皮はとても大切な部分です。

頭皮が痛いのを放っておくと抜け毛が増えたりしますし、もし病気が原因だとしたら放っておくわけにはいかないでしょう。

しかも頭皮が痛くなる原因は、かなり色々あるのです。


思い込みだった場合もありますが


はげることも。


知恵袋にも寄せられています。

どのような原因で頭皮が痛くなるのかを一緒に見ていきましょう。



頭皮が痛いのは髪を引っ張ることで


頭皮自体を触っても痛くないのに、

髪を触ると頭皮が痛い、

髪を動かすと頭皮がヒリヒリと痛むことがあります。

それは毛根の部分が炎症を起こしているからかもしれません。

それ程髪を引っ張っていないと思う方も多いかもしれませんが、髪をかき上げるだけでも髪は引っ張られています。

ポニーテールのように髪をきりっと結わえていれば、かなり毛根に負担が来ています。

また美容院へ行ってブラシで髪を丁寧にとかしてもらったりしても、髪は引っ張られています。

繰り返し髪を引っ張ることで、毛穴の神経が炎症を起こしてしまうのです。


髪を結ぶと痛くなるなら、

結ばずにヘアクリップを利用した方がいいでしょう。

又は髪を結わえないでおろすようにした方がいいかもしれません。

髪の向きを変えるのもいいでしょう。


また、髪を結わえているわけではないものの、

髪が引っ張られる感じがする、

不快な感じがする時があります。

それは頭皮の皮脂が足りないせいで、頭皮の潤いが失われている可能性があります。

一日に何度もシャンプーをしたり、


夏の紫外線にさらされていると頭皮は乾燥してしまいます。

髪の毛が抜ける理由にもなります。

そのため頭皮がつっぱったような感じになり、

フケも多くなりかゆくもなります。



髪を洗わないことと頭皮


病気にかかったりして、何日か髪を洗えない事があります。

そういう時、頭の表面が痛いことにも。

頭皮までが痛くなるということもあります。

それはしばらく髪を洗わなかったことにより、頭皮に皮脂が溜まって行き、その結果毛包内に炎症が起きることから生じます。

頭を触ると痛い、

痒くもなるので爪でガリガリ掻いたりしたら、一層悪化してしまい、頭皮の痛みも増してしまいます。

ですが髪は洗っているものの、ヘアークリーム等のようなもので頭皮を覆ってしまう場合も同じように毛包内に炎症を起こしてしまう可能性があります。

髪を洗わないために皮脂が溜まるのと同じような感じになるのです。

ヘアクリーム等は必ず洗髪した時に、十分落とすようにしましょう。

病気等で髪を洗えない場合は致し方ないとしても。

髪を洗って頭皮をすっきりさせておくのも考えものです。

程度問題です。

お湯だけで洗う日

天然のブラシのブラッシングでとかすだけにする日

を取り入れることです。



髪の毛を染めることにより。


ヘアカラーで髪を染める場合に肌に合ってないと、頭皮が痛くなります。

特にジアミンが入っているヘアカラーは、肌の弱い方にはジアミンアレルギーになる可能性があります。

こうした一部の製品を

我慢して使っていると、頭皮がかなりダメージを受けて皮膚炎になってしまいます。

ジアミンは頭皮だけでなく、体全体にも良くない影響があると言われています。

使用が禁止されている国も多いようです。

とは言え、白髪が気になるので髪を染めたいと思われる方は、ジアミンの入っていないカラートリートメント等を使うようにしましょう。



頭皮が痛いのと病気


頭皮が痛い場合、病気が関係していることもあります。

どのような病気があるのでしょうか。


*後頭神経痛・・いわゆる頭皮神経痛で、頭皮の感覚神経に起きる神経痛です。

頭痛とは違うもので、頭が痛いのではなく頭皮が痛むのです。

この後頭神経痛の原因は、肩こり、眼精疲労、ストレス、体の歪み等で、血流が悪いと起こりやすくなります。

片側の後頭部や頭のてっぺん、側頭部、また耳の後ろが痛くなり、喉が痛くなる人もいます。

チクチク、ピリピリとした痛みで、一瞬電気が走るような痛みだったり、人によってはかなりの痛みが走ったりします。

ずーっと痛みが続いているわけではなく、痛みが全くない時もあります。

髪に触ったりした時に痛みが起こることもあります。

命にかかわるような病気ではなく、

この場合は生活習慣や環境・職場・仕事などを見直すことです。

ストレスは私たちに問題があることを知らせているのです。

痛みがある時は鎮痛薬を飲んだりして対処するのは

好ましいことではありません。

あくまでも痛み止めです。

ごまかしているだけで

問題そのものがなくなるわけではありません。




*帯状疱疹・・水痘帯状疱疹ウイルスが原因で起きる病気です。

最初は頭部にチクチクした痛みがあり、


赤い、赤くなり水泡が出来ます。

帯状疱疹は胸部や顔面等に出来ることが多いですが、頭部に出来ることもあります。

早めに病院へ行く必要があります。


*毛包炎・・細菌が毛包に入り炎症を起こしてしまうものです。

前述したように頭皮に皮脂が蓄積すると、毛包炎を起こしやすくなります。

悪化すると毛包の内部に膿がたまる事もあり、かなり痛みもあります。



*脂漏性皮膚炎・・主に頭皮に見られる慢性の湿疹です。

フケのようなものが皮膚に付着し、皮膚は赤くなり、痒くなることもあります。

マラセチアという真菌が関係しているとされていますが、この菌は皮膚に常在している菌で、全ての人がその菌で皮膚炎にはなりません。

免疫がかなり落ちている人がなりやすいと言われています。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方