ロゼッタ、可愛いくて謎に満ちたその正体は?

ロゼッタはきれいな金髪をなびかせ、その金髪の前髪が右目を隠しているのが特徴です。 ロゼッタ姫とか、ロゼッタ様と呼ばれたりしています。 マリオシリーズの新しいキャラクターの中では、日本でも外国でもかなりの人気者です。 今後の活躍にも期待してしまうくらい、色々なマリオゲームに登場しています。 この神秘的なロゼッタ姫、その正体についてご紹介します。 正体は?謎のロゼッタ。ピーチ姫も気になるけど 2007年に発売された「スーパーマリオギャラクシー」はゲームソフトです。 様々な星を飛び回るマリオのダイナミックさを堪能出来る3Dアクションです。 マリオはさらわれたピーチ姫を救出するために、宇宙へと旅立ち活躍するのですが、そこに初登場したのがロゼッタなのです。 シリーズでは常に星の子チコと一緒にいます。 ロゼッタは前述のように美しいブロンドの髪を持ち、エメラルドグリーンのドレス、頭には王冠を付け、胸元にはいつも星形のエンブレムを付けています。 数々のイラストを見ても、それが強調されたものになっています。 ピーチ姫より背が高く、その背の高さが重量級に匹敵するキャラクターです。 ロゼッタの過去は「ほうき星の天文台」に出て来る絵本の中で語られています。 絵本の内容はロゼッタに似ている少女の話しという事なのですが、ロゼッタ自身の事のようにも受け取れ、そこのところがとても謎に満ちています。 生まれたのはマリオたちと同じ惑星なのです。 父親は鬚が立派な人で、ロゼッタの母親はロゼッタが幼い時に亡くなっています。 ある日ロゼッタは星の子チコと出会い、チコの母親を探して宇宙へ旅立ちます。 その途中で別のチコたちの一団と会いますが、彼らも母親を探していました。 結局チコたちには親がいないという事が分かったのですが、ロゼッタはチコたちのママの代わりをつとめています。 今後はどうなる?父親はマリオって本当? ロゼッタとマリオが親子だということは公式には言われていません。 ですがロゼッタがチコに読む絵本の中に、父親の事が出て来ます。 マリオのように、赤い帽子、立派な鬚のある男性です。 どう見てもマリオではないかと思ってしまいます。 マリオに協力して活躍しますが、どうしてそんなに協力してくれるのでしょう。 親子だから?という推測も出て来ます。 この問題は大部前からファンたちの間で議論されて来ました。 でも色

いぬがチョコレートを食べたら?症状・時間。嘘?バレンタイン、量は?対処法


いぬにチョコレートを食べさせてはだめです。チョコレートに含まれるテオブロミンという成分が、いぬに中毒症状を引き起こすからです。

愛犬がチョコレートの匂いにひかれて近寄ってくれば、チョコレートを食べさせたくなるものです。また、バレンタインなどのチョコが不可欠な日にいぬも一緒に過ごしたり、チョコ自体が犬の形をしているなど、いぬにチョコレートをつい与えたくなる機会は日常に潜んでいます。

とはいえ、先に触れたいぬがチョコレート中毒による死亡例も報告されており、いぬがチョコを食べないよう細心の注意を払う必要があります。


そこで今回は


・いぬがチョコレートを食べてしまった時の対処法

・気になる症状は?いぬがチョコレートを食べたらどうなる?

・致死量や中毒症状が出るまでの時間


などを取り上げます。



気になる症状は?いぬがチョコレートを食べたらどうなる?

犬にチョコレートを食べさせるとどうなるか、見聞きしたことがある人は多いでしょう。いぬを飼っている方は嘘ではなく正しい情報だと捉えている方も多いでしょうが、なぜだめなのか、食べたらどうなるか、などについて知識がある方は限定されるでしょう。いぬにチョコレートを食べさせるとどうなるかというと、量にもよりますが、チョコレートに含まれるテオブロミンという成分がいぬに中毒症状を引き起こすからです。中毒になれば、嘔吐や下痢、落ち着かない、などの症状が表れます。チョコレートに限らず、チョコレートケーキやチョコレートアイス、チョコレートクリーム、チョコレートクッキーも同様です。チョコレートを食べたいぬが死んだ例もあり、いぬに食べさせないように注意を払う必要があります。



致死量や中毒症状が出るまでの時間

いぬがチョコレートを食べてしまった場合、少量であれば死亡することは少ないと言われています。中毒症状を引き起こすテオブロミンを分解する力がいぬにもあるため、少量であれば自力で分解できるためです。中毒を症状を引き起こす中毒量ですが、軽度な症状であればいぬの体重1kgあたり、20mg程度のテオブロミンで現れる場合もあります。死亡例も報告されていますが、致死量については、いぬの体重1kgあたり100〜200mgのテオブロミンを含むチョコレートと考えておくとよいでしょう。ただ、白色のチョコレートではテオブロミンが少ないなど、チョコの種類によって判断が変わる点を覚えておきましょう。

また、いぬがチョコレートを体内に取り込んでから症状が現れるまでの時間ですが、取込み後の数時間から半日後に症状が出ると言われています。食べた直後ではなく、テオブロミンが体に吸収されてから中毒症状が出るためです。症状が出ないからといって影響なしという素人判断は行わないようにしましょう。



いぬがチョコレートを食べてしまった時の対処法

いぬがチョコレートを食べてしまった場合、すぐに獣医の判断を仰ぎましょう。チョコを少し舐めただけだから問題なし、

少し食べただけだから。

一粒飲み込んでしまっただけだから大丈夫、チョコレートみたいなうんちをしたから影響なし、といった判断は飼い主にとっては難しいことを頭に入れておくことが必要です。獣医の診察を受けたとしても、いぬチョコレート中毒には解毒剤のような特効薬はなく、症状を和らげて自力での分解を待つか、便として強制的に体内に排出させる、といった治療が行われます。

いぬがチョコレートを食べた場合は飼い主が判断せず、すぐに獣医に対処を依頼しましょう。

このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方