トイレの水が止まらない、タンクレストイレの水が止まらない、応急処置

トイレの水が止まらない時はとにかく焦りますよね。 ですが自分で応急処置をして修理できる場合もあります。 まずは慌てず状況を確認して、原因を特定しましょう。 ほんの少しずつでも水が止まらず流れていると、水道代がとんでもないことになることがあります。 仮に1時間当たり10Lの水が流れ続けたとして、月間で2000円以上も水道代が高くなります。 1時間当たり10Lとは、蛇口からの水が1~2mm漏れ続けているぐらいです。 少しぐらいなら、と放置しておくと家計がとんでもないことになってしまいます。 早めの対策をしましょう。 蛇口からの水漏れだと気が付きやすいのですが、トイレの便器内に水が漏れている場合は気付きにくいことが多いです。 トイレを使用する前に便器内の水面が少しでも揺れている、またはトイレの水が流れっぱなしになっている時があるようなことがあれば、流した後にしっかりと水が止まっているか確認してみましょう。 また、ご自宅が賃貸住宅の場合は大家さんまたは管理会社に連絡をすれば修理依頼、修理代の支払いを行ってくれる場合がありますので相談してみても良いです。 ご自宅のトイレの水が止まらない場合の応急処置 ・トイレ使用後に便器を洗浄する水がいつまで経っても止まらない場合 トイレタンク内のゴムフロートが原因の場合が多いです。 ①まずは止水栓を締めましょう。 トイレの水が止まらない理由は色々ありますが、流れる水を止めるにはタンクに繋がっている配水管の止水栓を締めれば水は止まります。 まずは止水栓を締めましょう。 止水栓はトイレの壁からトイレタンクに繋がっている配管についているもので、ハンドルがついているタイプ、マイナスドライバーで締めるタイプの2種類があります。 まずはこれをしっかりと締めて水を止めてから原因を探していきます。 締める向きは時計回りです。 ②トイレタンクのふたを開けて中を確認しましょう。 トイレの蓋は意外に重たいので気を付けてください。 手洗い管がついている場合は、蓋を真上にゆっくりと持ち上げて外してください。 ゴムホースでつながっている場合は外しましょう。 固いのでゆっくりと力を入れて外してください。 ③タンク内の排水部分にあるゴムフロートの位置がずれていないか、またゴムが劣化して隙間ができていないか確認しましょう。 このゴムフロートがずれていたり劣化したりしていると

歯石取りがめちゃくちゃ痛い?ホワイトニング、麻酔、知覚過敏、まとめてやってくれない、自分で取る、歯医者、歯石除去の頻度


歯石取りしたくてもめちゃくちゃ痛い、痛くて辛いや痛みを軽減したいと思う人がいると思います。

歯石取りの時に痛みを感じる人は、歯ぐきに炎症を起こしている可能性があります。


歯石を放置していると虫歯などの原因となり、歯石取りの時に痛みを感じやすくなるようです。


ここでは

・なぜ歯石ができるのか、なぜ歯石をとるのか、歯石について

・めちゃくちゃ?歯石取りで痛いと感じる原因、血だらけ

・歯石は取るべきか、歯石除去について、メリットとデメリット

・よくある質問、ホワイトニング、歯医者の技術、掃除、まとめてやってくれない、ホワイトニング

歯石取りは痛くない

について詳しく紹介していきます。





なぜ歯石ができるのか、なぜ歯石をとるのか、歯石について



なぜ歯石ができるのか、なぜ歯石をとるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、歯石とプラーク(歯垢)について解説していきます。

1.歯石とは

プラーク(歯垢)が唾液の中のカルシウムやリンと結びついて、歯と歯の間や歯と歯茎の間で石灰化した硬い塊のことを言います。

表面はザラザラしているので、その上にプラークが付着しやすくなります。歯石を放置すると虫歯や歯周病の原因となります。


2. プラーク(歯垢)とは

歯の表面を触るとネバネバしたものが付くことがあります。このネバネバがプラークです。

食後、約48時間ほどでプラークが作られるので食後の歯磨きが大切となります。

プラークは細菌の塊で、1gあたり1,000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。

これを放置すると

菌の作った酸が歯の表面のエナメル質を溶かして「虫歯」を発生させてしまう恐れがあります。

痛くなりしみることになります。




めちゃくちゃ?歯石取りで痛いと感じる原因、血だらけ



歯石取りがめちゃくちゃ痛いと感じる主な理由は3つあります。

ここでは、3つの理由を詳しく解説していきます。

歯石の量が多く固まっている

歯石の量が多くて固まっている場合、歯石を取る時に痛みが出やすいです。

理由として、量が多いと「手動スケーラー」で歯石を取る時に力が掛かりやすく、歯や歯ぐきの負担が大きくなります。また、治療時間も長くなりやすく痛みを感じやすくなります。

歯ぐきの腫れ

歯周病などで歯ぐきが腫れている状態で歯石取りを行うと、器具や機械が当たった時に痛みが出やすいです。

場合によっては器具や機械が歯ぐきに当たり出血して血だらけになることもあります。

歯周病の治療を行うには歯石除去しないといけません。治療の最初は痛みを感じるかもしれませんが、

歯石除去後、歯石取ると

歯石を取った後の歯茎の腫れが改善していきます。


歯ぐきが下がっている

歯ぐきが下がっていると歯の歯石取りの時に痛みが出やすいです。

歯ぐきが下がる主な原因として歯周病にあります。歯根が露出して歯ぐきが剥き出しの状態になり、知覚過敏の様な症状が出たり神経が近くなり痛みを感じやすくなります。


歯石除去は、自分で取ると完全に取れず残ってしまい意味ないです

自分では歯石は取らないほうがいいでしょう。

歯石を取る時は歯医者で歯石除去しましょう。



歯石は取るべきか、歯石除去について、メリットとデメリット



歯石は取るべきか悩んでいる方もいると思います。

ここでは、歯石除去について紹介します。

1.なぜ歯石を取るのか

歯石を取らないと、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。

歯石を取ることで、この様な予防も出来ますし、歯磨きで取れなかった歯と歯の間に残っている「食べかす」も除去してくれるので、歯石除去後はめちゃくちゃ気持ちいいです。

ただし、歯石除去後にしっかりとしたブラッシングや定期検診を行わないと口臭が発生してしまうことがあります。


2.歯石の除去方法

歯石は歯医者で除去してくれますが、自分でも除去することが出来ます。

<歯医者で除去する場合>

一般的に「スケーラー」という器具で歯石除去をします。

・歯石を完全除去(超音波スケーラー使用)

・歯周ポケットを丁寧に除去

・歯石縁上の歯石除去

歯周ポケットが深い場合「ルートプレーニング」という治療法を用います。この治療を行う時は事前に患者に相談してくれます。

<自分で除去する場合>

自宅で歯石を取る方法の一連の流れは次の通りです。

2週間程度しっかり歯磨き

・スケーラー消毒

・鏡を見ながら下前歯から歯石除去

・口をゆすぐ

・何回かに分けて歯石除去

・しっかり歯を磨く

【自分で歯石除去はおすすめできない】

・歯ぐきなどを傷つける

・直ぐに再発

・完全に除去できない

この様な理由で自分での歯石除去はオススメしません。歯石は完全に除去できないと虫歯や歯周病になりやすくなります。


3.料金

歯医者で歯石除去をする場合、「保険適用で3,000円~4,000円」となります。

ただし、この値段は虫歯や歯周病の一環で治療した場合です。


4.メリットとデメリット

<メリット>

・虫歯や歯周病の進行を防ぐ

・口臭改善

・歯ぐきからの出血防止

<デメリット>

歯石除去でのデメリットはありません。

ただし、歯石取り後は歯や歯ぐきに傷が付いている可能性があるので注意しましょう。



よくある質問、ホワイトニング、歯医者の技術、掃除、まとめてやってくれない、ホワイトニング



ここでは、よくある質問を「知恵袋」より紹介します。

歯石除去は痛い?

【回答】

基本的には痛くないです。しかし、歯石の量や歯医者の技術(下手)の場合痛みを伴うことがあります。

除去中に痛みが我慢できない時には、歯医者によっては麻酔をしてくれるところもあります。

歯石除去とホワイトニングは同時に出来る?

【回答】

結論から言うと「同時に出来ます」。

歯石が溜まっているとホワイトニングの邪魔になるので、先に歯石を除去と掃除してからホワイトニングとなります。ホワイトニング剤は刺激が強いので使用直後はズキズキと痛みを伴うことがあります。

ちなみに費用は、一般的に30,000円(保険提要の場合)となります。

なぜ歯石取りをまとめてやってくれない?

【回答】

歯石の量にもよりますが、ごく少量の場合は1回で完全除去できます。

しかし、歯石の量が多いと1回では除去が出来ません。少しずつ回数を分けて除去します。

歯石の除去の途中で治療を中断すると、歯茎の中など残った歯石にどうしても歯石がたまるのです

仕事で忙しい方などは歯医者に行く時間がない人もいると思います。そんな方は月1回程度定期的に歯医者に通えば歯石除去は1回で済むことが多いです。

歯石は取らないほうがいい?

【回答】

歯石は取った方がいいです。歯石を取らないと虫歯や歯周病の原因になります。

また、笑った時などの見た目の印象も悪くなります。

口臭も臭ってきます。

歯石は定期的に除去するようにしましょう。

取ったあとは口臭もですが

歯石を取った後、歯と歯の間がスッキリして気持ちがいいです。




歯石取りは痛くない



歯石取りは定期的に除去すれば痛くないです。

めちゃくちゃ痛いといったこともありません。

歯石が多すぎたり、歯ぐきが腫れていると歯石除去のときに痛いと感じます。

歯石を放置しておくとどの歯が痛いかわからないほどに虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。

先程紹介した「歯石の除去について」を参考にしてみて下さい。


歯石は自分で取らず歯医者で除去するようにしましょう。

今回は歯石取りについて紹介しました。


このブログの人気の投稿

官能小説おすすめ10選!楽しめる話題作など紹介

タイ語でありがとうございますなどの発音。女性は?合掌。仕事にも。言われたい?

丸亀製麺のおすすめ!最強の食べ方